IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「基本技術者試験」の紹介と対策方法や受験方法|合格のポイント3つ

更新日:2020年08月14日

資格・検定

基本技術者試験は、経済産業省が主催する「情報処理技術者試験」の一区分として位置づけられたものです。情報処理技術者試験の中で難易度の低いのが「itパスポート」であり、基本技術者試験は、その1つ上位に位置付けられた区分です。試験制度や対策について見ていきましょう。

アルゴリズム初学者に配慮した段階を踏んだ丁寧な解説があって分かりやすかったです

基本技術者試験当日の注意点4つ

ここでは、「基本技術者試験当日の注意点4つ」について紹介していきます。試験当日はとても緊張しているかと思います。 試験本番中にも注意したい点があります。マークシートへのマークミスです。特に受験番号と生年月日のマークミスをした場合は一切、採点されませんので厳重に注意しましょう。 必ず試験開始直後にマークし、提出前にもう1度正しくマークしたかを確認することが重要です。午後試験時にはどの問題を選択したかマークする部分があります。このマークも忘れず、確実に行いましょう。

基本技術者試当日の注意点1:基本技術者試当日の注意点試験会場の到着時間

試験当日は、試験開始15分前から注意事項の説明が始まります。少なくとも20分前には会場に入りましょう。1時間ほど早く会場入りして会場の雰囲気に馴れつつ、最後の見直しをする時間に充てれば有意義な時間が過ごせます。 基本技術者試験は全国の主要都市でのみ開催されますから、特に地方在住者にとっては公共交通機関での長時間移動を余儀なくされるケースがほとんどです。事故や渋滞などの思わぬアクシデントで遅刻することがないよう、早めの会場入りを心がけましょう。

  • 1時間前には着くようする
  • 事前に会場の場所を把握しておく
  • 20分前には会場入りする

基本技術者試当日の注意点2:持ち物の確認

受験当日1週間前に、持ち物の確認と準備を行うようにしましょう。また、新しいものを使用したいところですが、普段使いなれている鉛筆やシャーペンをします。 持ち物は、写真を貼付した受験票と鉛筆またはシャープペンシル、消しゴムが必須です。受験票に写真を貼付し忘れる受験生もいるため、注意が必要です。 その他、時計も持参するようにしましょう。 なお、電卓の持ち込みは平成14年度秋季試験より禁止されています。

  • 受験票
  • シャーペン/鉛筆
  • 消しゴム
  • 時計

基本技術者試当日の注意点3:基本技術者試当日の注意点昼食を準備しておく

以外と盲点になっている昼食の準備ですふが、会場周辺のコンビニエンスストアや商店は昼休みになると受験生で混雑することが予想されます。また、人がはけてから行こうと出遅れるとすぐに会場付近のコンビニからは食べ物がなくなる可能性があります。 食事を確保できず、空腹のまま午後試験に臨むことは極力避けたいものです。できる限り、手軽に食べれるものを準備し、会場到着前か前日に用意して持参しましょう。

基本技術者試当日の注意点4:受験票の確認

受験票はしっかりと前日にはバッグか、クリアファイルなどに保管をし、忘れずに会場へもっていきましょう。 また、上記でも説明がありましたが、受験票には縦4cm×横3cmの顔写真が必須であり、貼ってない場合は受験をすることができません。 また、受験後にも受験票は捨てずに持っておきましょう。合格発表の時などに、受験票に記載されている受験バン後とパスワードが必要になります。 もし、受験後に捨ててしまった場合は、電話でお問い合わせをすると合否を教えてもらえます。

基本技術者試験は計画的に勉強しよう

基本技術試験は、午前午後ともに途中退出が可能です。特に午前試験の問題を早く解き終えた場合には、見直しをしたうえで退出し、午後試験に備えるのも一案です。 基本技術者試験は、決して合格率の高い試験ではありません。初心者のかた、または異業種からのチャレンジとなると比較的、難易度はやや高めです。 しかし、自分の能力を保証する大切な資格となってくれるはずです。資格を取るのに、年齢は関係ありません。 試験勉強、準備を十分にしたうえで、万全の態勢で臨みましょう。

初回公開日:2017年07月14日

記載されている内容は2017年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング