IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「基本技術者試験」の紹介と対策方法や受験方法|合格のポイント3つ

更新日:2020年08月14日

資格・検定

基本技術者試験は、経済産業省が主催する「情報処理技術者試験」の一区分として位置づけられたものです。情報処理技術者試験の中で難易度の低いのが「itパスポート」であり、基本技術者試験は、その1つ上位に位置付けられた区分です。試験制度や対策について見ていきましょう。

基本技術者試験とは

基本技術者は正式には「基本情報技術者試験」という名称の国家資格です。 基本技術者試験は、経済産業省が主催する「情報処理技術者試験」の一区分として位置づけられたものです。情報処理技術者試験の中で最も難易度の低い区分が「ITパスポート」であり、基本技術者試験は、その1つ上位に位置付けられた区分です。 対象者は「高度IT人材になるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けたもの」と定義されています。 IT業界に勤務するならば、自身の知識と技術を保証するために、最低限取得しておきたい資格の1つといえます。

基本技術者試験はどういう人が受けるのか

基本技術者試験は、システムエンジニアやプログラマーとして働こうとしている人、IT関連業務に従事する企業の新入社員が取得を目指すケースが多数見受けられます。 基本技術者試験の合格を目指したカリキュラムを構築している大学・高等学校・専門学校が存在することも信頼度や認知度の高さの表れといえるでしょう。 IT業界にいるならば基本技術者試験に合格していて当たり前と思われる機会が今以上に増える可能性が高まっているのです。 特に他業種からの転職時に取得していれば、IT業界への興味関心の高さや、業務上必要となる知識と技術を有していることをアピールできます。

基本技術者試験の合格難易度と試験形式

平成28年に実施された情報処理技術者試験のうち基本技術者試験の受験数は136.376人であり、合格率は26.6%でした。試験の日程は、例年春と秋の2回に行われており、毎回の合格率は毎回20~30%といわれているため、平成28年の合格率はほぼ平年並みといえるでしょう。 平均合格率を見て分かる通り、容易に合格できる試験ではありません。入念な試験勉強が必要になります。試験は午前試験と午後試験があり、全てマークシート方式で行われます。パソコンを利用した実技はありません。

基本技術者試験の合格難易度と試験形式1:基本技術者試験午前試験

午前午後それぞれの試験で100点満点中60点以上獲得できれば合格です。午前試験の試験内容は、基礎的な知識を問われる問題が出題されます。テクノロジ系(IT技術)の設問が60問、マネジメント系(IT管理)は10問、ストラテジ系(経営全般)の設問が20問で構成計80問の出題です。 テクノロジ系の問題だけで6割を占めるため基本技術者試験の合格には、特にこの分野に対する深い知識が必要となります。問題数が多い印象ですが試験時間は150分です。 単純計算すると1問あたり18分の解答時間があることになりますから、問題数に圧倒されず落ち着いて解答できるよう、試験勉強を積むことも重要です。

基本技術者試験の合格難易度と試験形式2:基本技術者試験午後試験

午後試験は応用力を問われる試験です。長文形式の問題が計13問出題された中から7問、任意で選択して解答します。試験時間は午前試験と同じく150分です。 午前試験の内容が理解できていれば解答できる部分も多く、出題形式に親しんでいれば問題のない部分も多く存在します。 ITに関連する知識、技術が全くない場合は高いハードルになることが予想される部分ですが、確実に押さえなければ午後試験の得点を大きく落としてしまう可能性があります。 応募した企業と自分の持つ知識・技術とのミスマッチングを防ぐためにも、ここで自分がIT業界に入るならば何をしたいか、改めて考えることが重要です。

基本技術者試験に配点割合

ここでは、基本技術者試験の配点割合について紹介していきます。午前試験と午後試験ともに100点中60点以上取得が合格のラインになります。 試験勉強を行う上で、配点割合を把握しておくのは非常に大事なことです。配点が高いものは必ず落とさないようにし、確実に点数をとれるようにしましょう。 また、勉強をする際も、配点の割合が高いところを重点に過去問を解くことをします。確実に点数を取るべき問題は、点数を確保し、合格点に近づけることが合格の鍵といえます。

問題番号分野問題数/回答数配点
午前問1~80テクノロジー系/マネージメント系/ストラテジ系80問/80問1.25点
午後問1情報セキュリティ1問/1問20点
問2~4ソフトウェア/ハードウェア/データーベース/ネットワーク/ソフトウェア設計3問/2問各15点
問5プロジェクトマネジメント/サービスマネジメント/システム戦略/経営戦略/企業と法務1問/2問各15点
問6データー構造及びアルゴリズム1問/1問各25点
問7~11ソフトウェア開発5問/1問25点

基本技術者試験の勉強を始める前の確認項目2つ

基本技術者試験の勉強を始める前の確認項目1:スケジュール確認

初回公開日:2017年07月14日

記載されている内容は2017年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング