IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「親孝行」の方法・喜ばれるプレゼント・旅行スポット

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

みんさんは、親孝行をしっかりとできていますか?「親孝行をしたい」と思っていても「どうすればいいかわからない」という方も多いでしょう。そんな方に今回は親孝行をする方法についてご紹介していきます。親孝行をする方法のわからない方はぜひ読んでみてください。

お酒が好きな両親であれば、一緒に飲むのも良いでしょう。アルコールによって、楽しい気持ちになったり、深い話をしたりすることが出来ます。素面ではなかなか言えない、素直な気持ちも、お酒を飲めば、いつもより少し素直に伝えられるかもしれません。 これは、大人になったからこそ出来る親孝行です。一緒にお酒を飲めるようになることで、これまでは知らなかった、両親の意外な一面を知ることが出来るかもしれませんね。思い出話に花を咲かせるチャンスでもあります。

写真を撮る

親子の写真は、年齢があがるごとに減っていってしまいます。しかし、写真は見るだけで思い出を手に取ることが出来る、とても魅力的なアイテムです。親孝行のために、常日頃から色々な写真を撮るようにしてみましょう。現像してプレゼントしたり、デジタルフォトフレームでたくさんの写真を楽しめるようにしたりするのもです。また、かしこまった集合写真を撮るのもです。金婚式や出産など、家族の節目のイベントで、スタジオ写真を撮る人も多いです。

旅行をプレゼントする

少し奮発した親孝行のプレゼントにするのなら、旅行がです。定年退職をしたあとの両親であれば、平日でもゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。のんびりした時間が好きな両親であれば、近場の温泉旅行なども良いでしょう。 好奇心が強く、色々なことにチャレンジしてみたい気持ちが強い両親であれば、思いきって海外旅行をプレゼントするのも良いでしょう。一緒に旅行をするのでも良いですし、二人きりの時間を満喫してもらうという選択肢もあります。交通の便や繁忙シーズンなどを詳しくチェックして、旅行先を決められるようにしましょう。

親孝行旅行にのスポット

熱海

新宿から電車一本でアクセスできる便利な立地で、リゾート感覚を味わえる魅力的なスポットです。海沿いの温泉旅行をたっぷり楽しむと共に、美味しい海鮮料理に舌鼓を打つこともできます。お酒を楽しむことも出来るでしょう。の温泉旅館やホテルがたくさんあります。地元名産の食べ物や飲み物も楽しめるでしょう。シーズンによっては、花火大会があったり、お祭りが開催されていたりします。食べ歩きをしたり、ドライブを堪能したりすることもできます。

屋久島

日本国内で、少し足を延ばすのであれば、屋久島もです。観光スポットとして、自然溢れる景色の中に身を投じると、非日常感をたっぷり楽しむことが出来るからです。名物の縄文杉やウィルソン株をはじめとして、いつもとはまったく違った雰囲気を味わえるでしょう。映画の世界に迷い込んだような、ファンタジックな景色もあります。海の美しさや、地域独特の動物たちに触れることもできます。

金沢

北陸新幹線が開通したので、観光地としていっきに注目度が高まったのが金沢です。都心から二時間程度でアクセスできるので、快適にたどり着くことが出来ます。兼六園やひがし茶屋をはじめとして、古き良き日本の、おしゃれでレトロな雰囲気を楽しむことが出来ます。金箔アイスやパックなど、グルメもビューティーも、多方面から親孝行ができます。海鮮や果物など、金沢ならではの食事も楽しめます。 レンタカーやデイリータクシーなどを利用すれば、能登半島の方まで足を延ばすことも出来るでしょう。美術館や芸術館、水族館なども豊富で、小規模ながら独特の魅力が展開されています。

軽井沢

シーズンを問わず、四季折々の魅力的な楽しみ方が出来るのが軽井沢です。新幹線でのんびりアクセスするのがです。夏は避暑地として、冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの開催地としても楽しめます。 ペンションを借りてのんびり過ごすのも良いです。こだわりの食事や美しい星空なども、軽井沢ならではの魅力で、地元の商店街や、ショッピングモールなどを楽しむこともできます。レンタル別荘などでおもてなしも、親孝行にはうってつけでしょう。レンタカーを利用すれば、色々な景色を楽しみながらドライブに出向くことも出来ます。

京都

定番の旅行先だからこそ、親孝行にもぴったりです。のんびりした旅行もできますし、アクティブにあちこちを回る旅行も出来るので、両親だけの旅行プレゼントにも、同行の親孝行にも使えます。またグルメ旅行にすることもできますし、歴史スポットめぐりなどもできます。 大河ドラマのロケ地めぐりや、ゆかりの地を回るツアーなどは、親孝行プランとしてもがあります。温泉宿やハイクラスのホテルなども豊富なので、宿泊施設ひとつとっても、両親がより喜んでくれるプランニングをしやすいでしょう。お土産を買ったり、着物をまとってみたり、工芸工房で体験活動をするのもです。

北海道

冬は雪景色を、夏は避暑地を楽しめる北海道ですが、親孝行の旅行としてなのは、「寝台列車」を使ったプランです。夜に都心を出発して、青函トンネルを通過し、次の日の昼間に北海道に就きます。ファンタジーの世界のような、不思議な高揚感を堪能できるのがです。 時間は圧倒的に長くかかりますが、移動時間をただの移動ではなく、楽しむ時間に変換することが出来るのです。飛行機のような移動の疲労感も少なく、ゆっくり話をしながら、食事やお酒を楽しんだり、トンネル前後の景色を眺めたりする、特別な時間を過ごすことが出来るでしょう。

初回公開日:2017年05月25日

記載されている内容は2017年05月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング