IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「親孝行」の方法・喜ばれるプレゼント・旅行スポット

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

みんさんは、親孝行をしっかりとできていますか?「親孝行をしたい」と思っていても「どうすればいいかわからない」という方も多いでしょう。そんな方に今回は親孝行をする方法についてご紹介していきます。親孝行をする方法のわからない方はぜひ読んでみてください。

「親孝行」をする方法

定期的にこまめな連絡する

遠方に住んでいたり、離れて暮らしていたりすると、毎日顔を合わせるのはなかなか難しいものです。しかし、親孝行をしたいなら、定期的かつこまめな連絡をするようにしましょう。特別堅苦しい連絡をするのではなく、両親の状況を聞いたり、最近あったことを話したり、他愛ない雑談をしたりするだけで良いのです。 連絡の方法も、色々な選択肢があります。電話はてっとりばやく、声が聞けて便利なツールです。子どもがいる人であれば、祖父母との会話も魅力で、相手の気持ちや、こちらの伝えたいことも伝達しやすいので、よりハートフルな通信が可能になります。テレビ電話であれば、顔をみながら話をすることが出来るので、より臨場感のある連絡が可能になります。 メールやラインなどの、オンラインツールも、手軽で良いですね。特別気を張ることなく利用することが出来ますし、写真やデータなどを共有しやすいので、良心を身近に感じやすいでしょう。忙しくても進めやすい親孝行のひとつです。

手紙を書く

前述したように、こまめな連絡は、定番かつ重要な親孝行のひとつです。メールや電話など、便利なツールがたくさん登場しているからこそ、たまには手紙という手段もです。手書きの文字は、あなたの人柄をよく表すことが出来ます。旅行をしたときの絵葉書を送れば、思い出の共有もできます。家族と撮影した写真を送ったり、最近あったことを少し長めにしたためることもできます。 手紙は、書き文字の魅力を伝えると共に、便箋選びやハガキ選びなど、アイテムにこだわることもできます。手元に保存しておくことが出来るので、プレゼントとしても喜ばれやすい親孝行の形です。

会いに行く

直接顔を見て、話をするチャンスは、やはり何よりの親孝行になりやすいです。「何より自分の子どもに会いたい」という希望を口にする両親はとても多いです。別々に暮らし始めてしまうと、一緒に過ごす時間が、非常に貴重なものになってしまいます。何気ない話をするだけでも、実際にこまめに顔を見せに行くことは、親孝行なります。「特別なことばかりしなければいけない」と気負わないようにしましょう。

料理を作る

手づくりの食事は、あなたが時間や手間を割いて、両親への感謝の気持ちを表すことに繋がります。好きなメニューを知っていれば、より素敵な食卓に彩っていくことが出来るでしょう。自宅で手作りの食事を共に食べるのも良いですし、ピクニックなどに出かけるのも良いです。渡しに行ける距離に両親が住んでいるのであれば、作った食事のおすそ分けにいくのも、立派な親孝行のひとつになり、こだわりの食事は、とても喜ばれやすいでしょう。

掃除をする

あなたが生まれ育った家を、綺麗に掃除するのも、親孝行のひとつです。掃除って、実はとても手間も体力もかかります。忙しいと時間も消費するので、つい疎かになってしまうことも多いです。必要だから取り組むけれど、ショートカット出来るならしたい、という気持ちを抱いたことがある人も、実は多いのではないでしょうか? 普段は手の届かないところを、徹底的に掃除したり、大掃除の手伝いをしたりすると良いでしょう。たくさんのゴミだしや、高いところの掃除は、手間も取りやすく大変です。綺麗な環境を両親にプレゼントするという感覚でいると良いでしょう。

プレゼントを贈る

やはりプレゼントを贈ることは、大きな親孝行になりやすいです。両親の欲しいものを聞いて、それをプレゼントしても良いですし、サプライズで用意するのもです。何気ない日に、ちょっとしたプレゼントをするのも意外性があって良いですし、誕生日や母の日、父の日、結婚記念日などに、気合を入れた贈り物をするのも良いでしょう。 両親が喜びそうなものをプレゼントするのは、あなたの手腕にかかっています。トレンドのアイテムや、似合いそうなアイテム、話題の食べ物やの消費グッズ、名前や日付の入ったオリジナル用品などもです。

外食にいく

同じ食卓を囲むということは、とても効果的な親孝行の方法です。特に、実家を出てしまい、一人暮らしをはじめていたり、新しく家族を持ったりしていると、同じ食卓につくことは本当に数が減ってしまうものです。子どものころは当たり前の光景だったものですから、大人になるとその貴重さを味わうタイミングが重要になります。 外食先ひとつ選ぶのも、相談をしたり、サプライズを用意したりする楽しみが味わえます。少し豪華なところで特別感を出したり、鍋料理や焼き肉のように、一緒にひとつの食器を囲む醍醐味もあるでしょう。両親の好きなところに連れていくのも、親孝行のひとつです。

体調を気遣う

ずっと元気だった両親も、加齢と共に少しずつ体力は減っていくものです。そうでなくても、人はどんなタイミングで、怪我や病気をするか分かりません。こまめに体調を気遣い、ふとした変化に気づくようにすることも、親孝行のひとつです。 いつまでも健康に生きていってもらうためには、体調を気遣う気持ちを常に持つようにしましょう。入院や療養をしているときは、こまめなお見舞いをするように意識するようにしましょう。

お酒を酌み交わす

初回公開日:2017年05月25日

記載されている内容は2017年05月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング