IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【OB訪問】名刺交換のマナー|名刺を用意するメリットや作り方など

初回公開日:2017年05月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活マナー

OB訪問をする時、名刺が必要かどうかは気になります。学生であるうちは、絶対に名刺が必要というものではありませんが、名刺交換は社会人の基本マナーでもあるので、名刺を用意しておいて損はありません。OB訪問の前に、名刺について学んでおきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

OB訪問で名刺は必要?

就職活動をしている学生の皆さんは、志望している企業についてよく知るために、OB訪問に行くことも多いと思います。その際、名刺が必要かどうかについては悩むところです。 実は、OB訪問で名刺を用意していくことには多くのメリットがあります。本記事では、名刺の作り方や名刺交換のマナーなど、OB訪問の時に役立つ名刺についての情報をまとめました。

OB訪問で名刺を用意するメリット

マナーが身についていると好印象

名刺交換は基本的なマナーなので、多くの社会人は名刺を持っていますし、OB訪問でも名刺をくれる人がいるでしょう。OBの方は、学生がまだ社会人マナーを身についていないと分かっていますし、仮に名刺を持っていなくても気にしないかもしれません。しかし、もしもOB訪問の際に就活生が名刺を持っていて、きちんと名刺交換ができれば、「もう社会人マナーが身についているのだな」と好印象を持ってくれる可能性があります。

名前や大学名、連絡先を伝えられる

OB訪問で相手に名刺を渡せば、名前や大学・学部名、連絡先を相手に知らせることができます。社会人は毎日多くの人に会いますし、OB訪問でも複数の後輩に会っている可能性がありますから、1人の学生の名前はすぐ忘れてしまうかもしれません。しかし、名刺を交換していれば、後で名刺を整理する時に名前を思い出してくれるかもしれません。 また、OB訪問がリクルーターを兼ねている場合もなくはないので、OBの方から後日改めて連絡を取りたくなった時にも、名刺を渡しておけばすぐ連絡先が分かります。もっとも、一番大切なのは就活生の人物像がその企業に合うかどうかなので、名刺を渡せば有利になるというわけではありません。 実際に選考が始まると、エントリーシートなどによって企業は就活生の連絡先を把握できるので、連絡先を知らせるのに名刺が絶対に必要というわけではありません。まとめれば、OB訪問で名刺があれば、OBは個人的に好印象を受ける可能性はありますが、それが確実に有利に働くとは言えません。

名刺の作り方

名刺のデザイン・載せる情報

会社では名刺が支給されますが、就活中の学生は自分で名刺を用意しなければなりません。そこで、ここでは名刺の作り方についてご紹介します。まず、名刺のデザインについてですが、マスコミやデザイン系などを目指すのでなければ、名刺のデザインに奇をてらう必要はありません。あまり奇抜なデザインだと印象が悪くなる可能性があります。 名刺に掲載する情報は、大学名、学部・学科名、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどです。もしできるなら、大学のロゴマークを入れるとどこの大学かすぐに分かって良いかもしれません。慣れないうちは、名刺のテンプレートを利用して作ると良いでしょう。ただし、住所や電話番号などの個人情報が載った名刺は、管理には十分注意し、所属の良く分からない人には渡さないようにした方が良いと思います。 自宅のプリンターやコンビニプリントで作る場合は、用紙にテンプレートがセットになっていることもありますし、印刷会社に頼む場合も、印刷会社でテンプレートを用意してくれていることもあります。Web上で名刺のテンプレートを探すこともできるでしょう。

自宅プリントやコンビニプリント

名刺の印刷方法は、まず名刺用の用紙を買ってきて自宅プリンターで印刷するか、コンビニプリントで印刷する方法があります。この方法だと、だいたい1枚10円から20円で作れます。少数から作れるので、無駄がないのがメリットです。ただし、慣れないうちはミスプリントをしてしまうかもしれませんし、印刷会社に頼んだ方がやはり印刷が綺麗です。

印刷会社

印刷会社に注文して名刺を印刷してもらうという方法もあります。50枚、100枚といった単位での注文になるので、ある程度お金がかかりますが、枚数が増えた分単価も安くなり、枚数で割ってみると1枚10円以下のコストになる場合もあります。 大学によっては、大学生協でプリントサービスを行っているところもあります。大学生協のプリントサービスでは、その大学のロゴマークが入った名刺を作ってくれることもあります。または、近所の印刷屋さんに直接行って注文するか、ネットを通して印刷会社に頼むこともできます。

手書きの名刺はNG?

先にも述べた通り、OB訪問という場で就活中の学生がデザインに奇をてらった名刺を渡すと、かえって悪目立ちする可能性があります。手書きの名刺もその一つで、きちんとした紙に綺麗に手書きしてあれば好感を持つ人もいるかもしれませんが、そうでなければあまり好感を持たれない可能性があります。 少なくとも、「名刺を忘れたから」と適当な紙に連絡先を走り書きして渡すのは、目上の方を十分に尊重した態度とは言えないと思います。ただ、感じ方は人によって異なることもあるので、リスクを背負う覚悟があるなら、自己責任で試してみるのも良いでしょう。

名刺交換のマナー

関連タグ

アクセスランキング