IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プログラマーの資格の種類と難易度・職種と言語別難易度

資格・検定

プログラマー関連の資格取得の難易度や、プログラミング言語の習得難易度、プログラマー関連の職種の就職難易度など、「プログラマーの難易度」をテーマに、さまざまな難易度について考察・比較しています。プログラマーを目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

難易度はどれくらい?プログラマーの各種難易度比較

IT業界は、近年目覚ましい成長を遂げています。その結果、私達の日常生活は良い方向へと多いく変わり、IT業界が開発した技術やサービスは、最早必須と言える存在となっています。そんなIT業界を支えているのが、プログラマーの存在です。さまざまなシステムなどのプログラムを作るプログラマーの存在がなければ、IT業界が現在のような成長を遂げていなかったであろう可能性は、非常に高いと言えます。 今回は、そんなIT業界に欠かせない存在であるプログラマーをテーマにして、資格や就職などのさまざまな難易度を考察・ご紹介していきます。プログラマーを目指している方や、プログラマーとしてランクアップしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

プログラマーの資格の難易度

まずは、プログラマーやプログラミングに関する資格の難易度について考察していきます。企業の方針や条件にもよりますが、基本的にプログラマーの場合、「この資格がないと働くことができない」ということはありません。しかし、関連資格を取得しておいた方が、実力や知識の証明になり、転職や昇格においては有利に働く場合もあります。 プログラマーに関する資格はたくさんありますが、取得するにあたっての難易度は、資格によって異なります。以下で、資格の中でも特にメジャーなものの難易度について、考察していきます。

プログラマーの資格の難易度【1】:情報処理技術者試験

プログラマーを含めた、情報処理や情報サービスなどの業務に就く人を対象にした、基本的な資格の1つに、「情報処理技術者試験」が挙げられます。プログラミングだけでなく、情報処理全般に関する資格ですが、プログラミングに関する内容も含まれている試験です。内容は、情報処理の各分野において、基本的なものが中心となっています。プログラミングに関する内容としては、アルゴリズムなどの基礎的な内容が多いと言われています。 上記のような背景から、情報処理技術者試験は、プログラマーを含めた情報処理や情報サービスに関する仕事をする方にとって基本とも言える内容が中心となっている為、難易度もそこまで高くはないと予想できます。

プログラマーの資格の難易度【2】:情報検定

プログラマー関連の資格の中でも、特に知名度が高い検定試験に、「情報検定」が挙げられます。文部科学省が後援している検定試験で、「J検」などの名称でも知られています。情報検定もまた、プログラマーやエンジニアなどの情報処理関係の職業の方にとっては、基本的な資格となっています。その為難易度に関しても、「超難関」などと言われる、合格や資格の取得が難しいものではないと言われています。 しかし、これまでに約125万人(※1)が情報検定に挑戦し、そのうち合格者が約60万人(※1)と言われていることから考えると、挑戦すれば誰もが合格できる検定というわけではないと言えるでしょう。むしろ、受験者の半数以上が合格できていないことを考えると、取得することがそこそこ難しい資格とも言えそうです。 上記のような事実から、「J検」などの名で親しまれる情報検定は、難関と言われる資格ではないものの、そこそこ難しい資格であり、しっかり準備して臨む必要があると言えます。

プログラマーの資格の難易度【3】:情報セキュリティスペシャリスト

プログラマーを含めた、情報処理関係の職業が取得しておくと良いとされている資格の中に、「情報セキュリティスペシャリスト」という資格があります。情報セキュリティスペシャリストの資格は、プログラマー関連の資格の中でも、取得の難易度がかなり高いと言われている資格の1つです。情報セキュリティスペシャリストの難易度の高さが分かるデータとして、過去の合格率が挙げられますが、合格率は15.3%(※2)です。 一部の機関や企業では、情報セキュリティスペシャリストの資格は高度資格と見做しており、資格取得者は転職などの際に一部選考が免除されたり、何らかの優遇を受けることができたりすることもある程です。

プログラミング言語習得の難易度

「プログラマー」として働いていくには、最低でも1種類は、何らかのプログラミング言語を習得している必要があるでしょう。中には、将来のことを考え、いくつものプログラミング言語を習得しているプログラマーも存在します。 これからプログラマーを目指す為にプログラミン言語を学ぼうとしている方や、扱うことができるプログラミング言語を増やしたいと考えている方の中には、どのプログラミング言語を学ぼうか迷っている方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、プログラマーを目指す方や、プログラマーとしてランクアップしたい方に向けて、プログラミング言語習得の難易度について、言語や種類別に考察していきます。

プログラミング言語習得の難易度【1】:Ruby

「スプリクト型オブジェクト指向言語」などと言われる「Ruby」は、1992年(※3)に誕生した日本生まれのプログラミング言語です。現在は、国内外で高い人気を誇るプログラミング言語の1つとなっており、webシステムなどの作成に用いられています。 そんなRubyの習得難易度は、比較的低いと言われています。フレームワーク「Ruby on Rails」を使う機会が多い為、そちらも習得しなければならず、覚えることはたくさんあります。しかし、初心者でも理解しやすい為、Rubyは初心者向けの言語としても、高い人気を誇っています。

プログラミング言語習得の難易度【2】:Python

オランダ生まれのプログラミング言語「Python」もまた、比較的難易度が低く、覚えやすい言語の1つとなっています。Pythonの特徴は、ソースやコードが簡単な点です。その為、初心者でもソースコードを書きやすく、習得難易度が低い覚えやすい言語と言われています。 現在、Pythonは比較的覚えやすく、扱いやすい言語として、注目を浴びているプログラミング言語となっています。将来性がある点も、Pythonを習得する魅力の1つと言えるでしょう。

プログラミング言語習得の難易度【3】:C言語

C言語は、数あるプログラミング言語の中でも、特に古い言語です。古い言語となると、需要などが低いと思われがちですが、現在作成されているシステムなどにC言語が使われていることが多い為、C言語を扱うことができるプログラマーの需要は、かえって高いという見解もあります。 そんなC言語ですが、習得難易度はかなり高いと言われています。プログラミン言語は、コンピュータやパソコンの為の言語という見解もありますが、C言語の場合は人間よりもコンピュータやパソコン寄りの、機械的な言語となっています。その為、理解するにはコツが必要とされ、更に全体的なソースコードの量も多くなっています。

プログラミング言語習得の難易度【4】:C++

C++は、上記でご紹介したC言語の改良版と言えるプログラミング言語です。C言語の良さやメリットを引き継いで拡張した言語で、C言語と同様に汎用性が高い為、さまざまなシステムに使われています。 C++は、数ある言語の中でも、特に習得難易度が高いプログラミング言語です。C++を理解するには、C言語の基本を押さえた上で、C++の特有の法則やルールも覚えなくてはなりません。その為、覚えなければならない項目や要素がたくさんあり、C言語以上に習得することが難しいと感じる方もたくさんいます。上記のような背景から、プログラミング言語で最も習得難易度が高いと見做されることが多いC++は、初心者向けの言語とは言えません。

プログラミング言語習得の難易度【5】:PHP

webサイトの制作に特化したプログラミング言語である「PHP」ですが、アプリなどの開発にも使われることが多い言語です。その為、アプリ開発が盛んな現代社会では、需要が高いプログラミング言語となっており、プログラマーからの人気も高い言語の1つと言えるでしょう。 PHPの習得難易度は、そんなに高くはありません。フレームワークが豊富に展開されている点も、PHPが習得しやすいと言われる理由の1つとなっており、言語使用もあまり複雑でなく、理解しやすくなっています。 ただし、PHPはwebサイトやwebアプリの制作にこそ向いているものの、その他のことには、あまり向いていないプログラミング言語です。習得しやすい言語である反面、webサイト・アプリ制作以外では、あまり使えない言語であることは、覚えておいた方が良いでしょう。

プログラミング言語の習得難易度【6】:Java

今、日本を含めた世界中で最も人気があるプログラミング言語の1つが、「Java」です。Javaは、利用されている範囲が幅広く、さまざまなwebシステムやAndroid系のアプリなども、Javaで作成されているものが多いと言われています。そんなJavaの最大の特徴は、OSに依存しない点だと言えるでしょう。OSに依存せずにシステム開発ができる点が、Javaの魅力であり、人気の理由です。 世界的に人気が高いJavaですが、習得難易度は難し過ぎはしないものの、簡単というわけではありません。上記でご紹介した、PHPなどのプログラミング言語よりは、習得しづらいと感じるプログラマーもいるとのことですが、時間を掛けてよく学べば、着実に習得していくことができるプログラミング言語であるとも言われています。 また、現在はJavaを習得することができれば、その他のプログラミング言語についても理解しやすいと言われている為、プログラミング初心者や新米プログラマーの中には、あえて最初に覚えるプログラミング言語として、Javaを選択する方もいます。

プログラミング言語の習得難易度【7】:JavaScript

センスがあったり、トレンドを追究したりしているプログラマーからの人気が特に高いのは、「JavaScript」というプログラミング言語です。JavaScriptは、OSに依存せずにシステムなどを作成できる上、動きのあるものを作ることができます。この、「動き」の要素こそが、JavaScriptの最大の特徴であり、人気の秘密と言えるでしょう。 そんなJavaScriptの習得難易度は、そこまで高くはないと言われています。しかし、動きを売りにしているプログラミング言語ということもあり、ブラウザ別に動きの速さや表現が異なる場合もあります。そういった動きに関する要素をいかに学べるかどうかが、JavaScript習得の鍵であると言えるでしょう。

プログラミング言語の習得難易度【8】:Swift

「Swift」は、2014年(※3)に開発されたばかりの、新しいプログラミング言語です。SwiftはApple社で新しいプログラミング言語として使用されており、Swiftを使って開発されたアプリなどは、今後増えていく一方だと予想できます。その為、Swiftを扱うことができるプログラマーの需要が、今後上がっていく可能性もあります。 Swiftは、ソースコードの記述量がとても少ないこともあり、習得難易度自体はそんなに高くないと言われています。しかし、まだ新しい言語ということもあり、他のプログラミング言語と比較して、書籍や情報の数は少なめです。ですから、情報や例などを見つけにくいという意味では、習得難易度がやや高いと言われています。

ポジション・役割別に見る!プログラマーの就職難易度

一言で「プログラマー」と言っても、プログラマーにもさまざまなポジションや職種があります。また、入社当初はプログラマーであっても、出世や異動などの関係で、システムエンジニアなどとして働くことになる可能性もあるでしょう。そこで続いては、プログラマーを中心に、情報処理関連の職種やポジション、役割別に、就職の難易度をご紹介していきます。

就職難易度【1】:プログラマー

今回のテーマでもあるプログラマーですが、プログラマーの就職難易度は、扱っている言語の種類によっても異なります。企業の方針や企業で扱っているシステムなどの言語と、自分が得意としているプログラミング言語が一致していれば、需要と供給が一致している状態となるので、比較的就職しやすいと考えられるでしょう。反対に、企業が使用していなかったり、重要性を感じていなかったりする言語を扱っている場合、企業側の求めている人材とは見做されにくい為、就職しづらいと考えられます。 プログラマーという職種自体は、プログラミング言語がある程度扱えて、プログラムを作成することができれば就職できることが多いので、就職難易度自体は、難関という程ではありません。ただ、プログラミングに関するスキルや知識が前提とされる場合があるので、プログラミング初心者は、プログラマーは就職するのに難易度が高い職業だと感じることもあるでしょう。

就職難易度【2】:システムエンジニア

プログラマーとよく混同されがちな職種が、システムエンジニアです。プログラマーとの違いは、対応する業務の範囲にあります。一般的に、システムエンジニアは、作成するシステムや請け負ったプロジェクト全体を動かす立場に在ります。一方、プログラマーの場合は、作成するシステムのプログラムの部分にのみ関与することが多い為、システムエンジニアよりも業務の範囲は狭くなりがちです。 上記のような背景から、システムエンジニアは、システム作成やプロジェクトの全てを動かしていかなければならない立場となっており、プログラミングは勿論、スケジュール管理やクライアントなどとのやり取りといった開発のステップ全てに関わります。業務範囲が非常に広く、プログラマー以上にさまざまな能力が求められがちです。その為、システムエンジニアへの就職難易度は、プログラマー以上に高いと予想できます。

就職難易度【3】:プロジェクトマネージャー

上記で、プログラマーやシステムエンジニアについてご紹介しましたが、プログラマーやシステムエンジニアが携わるプロジェクトや企画の全責任を負い、リーダーとして進めていく「プロジェクトマネージャー」という職種が存在します。 プロジェクトマネージャーは、システムなどの開発だけでなく、全体のスケジュール管理や広報、経理のような仕事も引き受ける為、プログラマー・システムエンジニアよりも、更に幅広い分野や範囲の業務を担当することになります。その為、中途採用などでプロジェクトマネージャーとして採用されるのは、かなり難易度が高いと言えそうです。

自分の実力と難易度を冷静に分析しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、「プログラマーの難易度」をテーマにして、プログラマー関連の資格取得の難易度や、各プログラミング言語の習得難易度、プログラマー関連の職種へ就職する際の難易度などをご紹介しました。 難易度は、あくまでも一般論や世間で言われている感想などの総評に過ぎません。その為、難易度が高いと言われているものを意外と簡単にこなせたり、難易度が低いものに予想外に苦戦したりすることもあるでしょう。難易度はあくまでも目安と考え、自分の実力やこれまでの経験、キャリアなどに基づいて、自分に合ったベストな選択を選べるよう、心掛けましょう。

関連タグ

アクセスランキング