IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

福祉の志望動機の書き方と例文|必要な資格・大学応募・ポイントなど

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

病気やケガなどをした時、介護などが必要です。特に医療関係の仕事は福祉の仕事であることがほとんどです。福祉の仕事に就きたいと思ったら志望動機をしっかり考えなければなりません。福祉の志望動機の書き方のコツや職種別の志望動機の例文などをご紹介しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

福祉の志望動機の書き方

福祉の仕事と聞いて思い浮かぶのは、介護が多いことでしょう。しかし、福祉の仕事は介護だけではありません。資格取得が必要な病院ごとにいる医療事務、介護、事務職などがあります。福祉の志望動機を書く前にまずは、福祉の仕事で求められるスキルと志望動機を書く上でのポイントをチェックしていきましょう。

福祉の仕事で求められるスキル

福祉の仕事で求められるスキルはいくつかあります。その中でも重要となってくるポイントをいくつかご紹介いたしましょう。志望動機を書く時の材料としてもお役立て下さい。

ポイント1:人と接するのが好きであること

まず第一に福祉の仕事で必要なのが人とのコミュニケーションです。人と接することが好きで、なおかつそのコミュニケーションがストレスにならないようなことが大切です。 福祉の仕事は意外にもストレスが溜まりやすい仕事です。一々相手の言っていることにイライラしたり、自分の気持ちをコントロールできないような人には福祉の仕事は難しいでしょう。高いコミュニケーション力と自分の気持ちのコントロールやストレスをうまく発散できるようなスキルが求められます。

ポイント2:忍耐力と思いやりがあること

ただ「人と接するのが好きです」という理由では福祉の仕事には就けません。福祉の仕事には忍耐力も必要となります。福祉の仕事はただ相手の気持ちに寄り添うだけでは務まらないでしょう。また、コミュニケーションを取ることが好きであることも、志望動機としては、とても書きやすいです。しかし、相手の気持ちも考えられるようなコミュニケーション力を求められますので、その実力にひも付けられるようなエピソードを盛り込むことが大切です。

ポイント3:冷静な判断と対応ができること

福新の仕事も時には冷静な判断と対応が必要です。特に介護の仕事では、ただ相手の同情をしているだけでは、仕事としては誰でもできてしまいます。物事を判断して助言したり、客観的に見ることが福祉には求められます。志望動機を書く時も、客観的な考え方と冷静な物事を判断できるアピールをしていくことが大切です。

ポイント4:なぜ福祉の仕事に興味を持ったのか

福祉の仕事に興味を持つということは、町中での介護の経験や自分の祖父祖母からの体験から福祉の仕事に就こうと考えている人が多いです。もちろん、老人ホームでの体験から福祉の仕事を目指す人は多いです。福祉の志望動機を書く上で一番大切なのが『なぜ福祉の仕事をしようと思ったのか』ということです。

ストレスなく人とコミュニケーションが取れることや思いやりがあることなどスキルとしてはアピールはしやすいですが、要となるのがこの『福祉の仕事をしたい』という理由です。この『なぜこの仕事に就こうと思ったのか』という質問はどの業界・業種の志望動機を書く時でも問われることです。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

福祉の仕事で必要な資格

福祉の仕事の中には、いくつか資格が必要な職種もあります。志望動機を書く前に志望する職種に必須の資格がないか確認することも大切です。職種ごとに必要な資格、勉強などをまとめてみました。

介護福祉士

初回公開日:2017年05月25日

記載されている内容は2017年05月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング