IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2016年ネスレ日本のインターン対策|倍率、選考方法など

更新日:2020年11月07日

インターンシップ

なさんはキットカットをご存知ですよね?どこのコンビニにも売っている身近なチョコレートのお菓子です。今日は、そんなキットカットを販売している会社、「ネスレ日本」の2016年度インターンシップについて、お話いたします。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ネスレ日本ののインターンシップ対策:企業研究

ネスレは1866年に設立されたアングロ・スイス練乳会社と、アンリ・ネスレの創業した安全で栄養価の高い新しい乳児用乳製品を開発し、それを製造販売する会社が、1905年に合併し、ネスレ・アングロ・スイス煉乳会社が設立されました。現在は、コーヒー、食品、栄養補助食品、チョコレート、ペットケア製品など様々な商品を展開しています。

企業概要

企業名:ネスレ日本株式会社 所在地: 神戸本社:神戸市中央区御幸通7-1-15 ネスレハウス 東京コマーシャルオフィス:東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル 代表者:高岡 浩三 設立日:1933(昭和8)年6月 資本金:100億円 社員数:約2,500人 (グループ各社社員含む) 事業内容:飲料、食料品、菓子、ペットフード等の製造・販売

企業の特徴

ネスレはクオリティ・オブ・ライフの向上に努めています。よりおいしく健康的な製品を提供することで、消費者に健康的なライフスタイルを支援し、創業以来培った経験、知識と技術を活用した革新的な製品やサービスを通じて消費者ニーズに対する解決策を提供し、価値を創造してきました。ネスレは様々な商品を展開していますが、一部の主な商品、サービスを紹介いたします。 コーヒー・ティーマシン:ネスレは、ネスレの販売する専用カプセルと水をセットするだけで様々な種類の本格的なコーヒーやお茶が楽しめます。現在マシンはコーヒーマシン2台とティーマシン1台を提供していますが、それぞれカプセルの定期購入に申し込むことでマシン自体は無料で利用できます。 ボトルコーヒー:ペットボトル入りのコーヒーです。コクと香りに深みのあるこだわりのコーヒーですが、1ケースごとに送料無料で自宅に配達してもらうサービスもあります。 チョコレート菓子:キットカットやクランチ、エアロなどがあります。それぞれネスレ独特のお菓子で、も根強いです。また、ネスレのホームページでまとめ買いの注文をすれば安く手に入ります。 ほかにも、輸入品のWONKAチョコレートや軟水のミネラルウォーターのCONTREXなども販売しています。

ネスレ日本のインターンシップ対策:実施内容を知る

それでは実際にネスレ日本のインターンシップについて見ていきましょう。ネスレ日本では、夏にエンジニア職を対象にインターンシップを開催しています。エンジニアを目指している方にとって、食品企業は縁遠い存在かもしれませんが、工場にある製造設備や工場そのものを構築・保守するためにエンジニアは必要不可欠な存在なのです。 サマーインターンシップ(エンジニア職)

「サマーインターンシップ(エンジニア職)」の実施内容

応募対象:エントリー時点で機械系・電気系・化学工学系の学部、研究科を専攻されている学部生もしくは院生 応募方法:インターンシップにエントリーするにはまずプレエントリーが必要です。プレエントリー後、エントリー開始時期が近づくとメールとマイページ上で知らされます。 エンジニアリング部門の役割とプロジェクトエンジニアリングの進め方や、設計の基礎、エネルギー供給設備の運転管理などを、実務体験やグループワーク、プレゼンテーションを通して、プラントエンジニアとしての基礎を身に付けられます。 インターン採用日程 情報は公開されていません。 インターン勤務情報 情報は公開されていません。

ネスレ日本のインターンシップ対策:採用対策

ネスレ日本では、インターン応募受付直前まで採用情報が公開されません。情報が少なく、対策を講じるのは難しいですが、企業の求める人物像などをしっかり押さえてES内容など対策をとれば、問題はないはずです。実施時期まで時間もあるので、焦らずに人間性を深めた内容を書く練習をするのが得策です。

インターンの倍率を知る

初回公開日:2016年11月24日

記載されている内容は2016年11月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング