IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面談やエントリーシートでの配属希望の伝え方・書き方と例文

書類選考・ES

就活中、採用面接で配属希望部署を聞かれた時、どのように答えたらいいのでしょうか?また、内定後の配属面談では、どのように希望理由を伝えれば第一志望の部署に行けるのでしょうか?配属希望理由を書くコツを例文とともにご紹介します!

更新日時:

配属希望を通すにはどうすればいいの?

総合職採用の場合、多くの会社が内定後もしくは入社後に配属希望面談を実施し、新入社員の配属部署を決めます。どうしても働きたい部署がある場合、どうすれば希望通りの部署に配属してもらえるのでしょうか。配属希望理由の書き方を例文とともにご紹介します。

配属先はどのように決まるのか?

採用面接の際に配属希望を伝え、内定後の面談でもバッチリ希望部署をアピールしたにもかかわらず、実際に配属されたのは全然思ってもみない部署だったなんていうこともありえます。では、新入社員の配属先は一体どのように決まるのでしょうか。 配属先を決める3つの大きな要因は、 「人事部から見た適正」 「配属先のニーズ」 「本人の希望」 です。 重要度もこの順番通りと考えていいでしょう。

人事部から見た適正

採用面接の際、人事部の面接官は「あなたがこの会社に適しているかどうか」だけでなく「どんな仕事が向いていそうか」という点も見ています。むしろ人事部は、面接を通して「この子は、この部署でこんな仕事ができそうだな」という具体的なイメージができたからこそ、あなたを採用してくれたのかもしれません。 まだ会社で働いた経験のない新卒がイメージする各部署の仕事は、実際のものとは大きく異なっている可能性があります。例えば、体育会系でガッツのある人が活躍できそうなイメージのある「営業部」も、実際は正確に事務処理ができる緻密さが要求されることもあります。求められる能力が希望部署に合っているかは、なかなか自分では正確に判断できないものです。むしろ、そこは人事部の方がプロと言えます。

配属先のニーズ

いくら働きたい部署があっても、そもそもその部署に新人配属枠がない場合があります。たまたまその年に新人配属のニーズがなかったり、そもそもその部署が新人向きではなかったり、ということもあり得ます。 各部署は人事部に対して、「こういう適正の新人を何人欲しい」という希望を伝えています。それに対して、人事部が新人の適正と希望部署を見ながらパズルのように人材を配置していくのです。特に、特殊な資格や語学スキルを持っている人は、もしかしたら特定の部署からご指名がかかるかもしれません。

本人の希望

では、配属は全て人事の意見と各部署のニーズだけで決まるのかというと、そうでもありません。本人のアピール次第では、人事部にあなたがその部署への適正を持っているという印象を残すことができるかもしれません。そうすれば、希望の部署に配属される確率も高くなってきます。

配属はいつ決まるのか?

新人の配属が決まる時期については、会社によってまちまちのようです。内定後に配属面談を行い、入社式当日に配属先を発表する会社もあります。また、入社してから配属面談を実施する会社もあります。その場合は、新人研修で各部署の業務内容の説明があったり、実際に各部署を見学する時間が設けられていることもあります。

「どこでもいい」と答えてもいいのか?

採用面接で「希望する部署はありますか?」と聞かれた際、どう答えるのが正解でしょうか?「どこでもいいです」と答えてもいいのでしょうか。 「どこでもいいです」という答えは、ともすると「自分の意思がない」「自分がどんな仕事がしたいかイメージできていない」という印象を与えてしまいます。よほど説得性のある理由がない限り、採用面接では避けた方がいいでしょう。 なお、「勤務地に関して希望はありますか?」という質問に対しては、総合職であれば「どこでもいいです」が正解になります。採用試験の段階であえて「実家の近くがいいです」とか「田舎は嫌です」といった希望は出す必要はないでしょう。どうしても勤務地にこだわりがあるなら、転勤のない会社や地域限定総合職で仕事を探した方がいいかもしれません。

採用面接やエントリーシートでの配属希望の伝え方

では、ここからは具体的に、採用面接やエントリーシートで配属希望の伝え方、書き方について例文とともにご紹介します。ここでご紹介するのは、まだ内定をもらっていない段階での配属希望の伝え方です。内定後の配属希望の伝え方については後述します。

自己PRと関連づけると書きやすい

エントリーシートに配属希望部署とその理由を書かなければならない時、自己PRとつながるように書くと、全体として筋が通ったエントリーシートになります。 例えば、自己PRの欄に「テニスサークルのキャプテンとして、多くの後輩の指導にあたり、前年は予選敗退だったチームを県大会優勝まで導いた」という話を書くとします。 すると、希望部署としては「サークルで後輩の指導をするうちに、人材育成の分野に興味を持つようになったので、人事部で働きたい」などと書くと、ストーリーが繋がりますよね。もしくは、「サークル活動を通じ、チームを引っ張りながら目に見える形で成果を出していくような仕事をしていきたいと思ったので、営業部で働きたい」などと書いてもいいです。 では、実際に例文をご紹介します。

例文1)人事部への配属希望理由

私はテニスサークルのキャプテンとして、それまでの練習内容を見直し、30人以上の後輩たちに対し、一人一人のレベルや得意・不得意に合わせた個別の育成計画を作りました。その甲斐あって、前年は予選敗退だったチームを県大会優勝に導くことができました。その経験を通じ、人材育成の分野に興味を持つようになりました。ぜひ御社の人事部で、人材育成プログラムや社員研修などの企画をするような仕事をしたいと思っております。

例文2)営業部への配属希望理由

私はテニスサークルのキャプテンとして、30人以上のメンバーを率いてきました。昨年までは予選敗退レベルの弱小チームでしたが、本年は県大会出場を目標に、レベル別に緻密な練習メニューを組んで、全体のレベルアップに注力しました。その甲斐あって、県大会の団体戦で優勝することができました。この経験を通じ、目標に向かってチーム一丸となって成果を出していくような仕事がしたいと思うようになり、営業部への配属を希望しております。 面接やエントリーシートの上手な書き方や文章の上手な作り方など、面接対策に必要な知識を身に付けたい方は転職エージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

内定後の配属希望の伝え方

次に、内定後の配属希望の伝え方についてご紹介します。先述の通り、入社前に配属希望調査や面談があるケースと、入社後に配属希望面談がある場合とあります。

採用面接の時に言った希望部署を変えてもいいの?

内定後に先輩社員の話を聞いていくうちに、もともと希望していた部署と違う部署に興味がわくことは大いにありえます。内定後に希望部署を変更することは、全く問題ありません。ただし、エントリーシートに記入した希望部署は記録として残っていますので、配属面談の際に、変更理由を聞かれたとしても答えられるようにしておきましょう。

いろいろな部署の先輩社員の話を聞こう

内定後は、内定者歓迎会など、公式・非公式を問わず、先輩社員と会う機会があるはずです。その時に、なるべく自分が希望する部署だけでなく、いろいろな部署の先輩社員の話を聞くようにしましょう。聞くポイントとしては、「どんな業務内容か」「入社前と入社後で仕事のイメージにギャップはあったか」「何に一番やりがいを感じるか」「どんな人がその部署に向いているか」などを質問するとよいでしょう。 もし、先輩社員と会う機会がないのであれば、個別にOG訪問をお願いしたり、OBのツテがないのであれば、人事の採用担当の人に相談してみてはいかがでしょうか。希望部署の社員を紹介してもらえるかもしれません。 では、実際に配属希望理由の例文をご紹介します。

例文1)調達部への配属希望理由

就活中は顧客と直接関わることのできる営業部を希望していましたが、内定後に調達部の先輩の話を聞くうちに、もの作りの現場に近いところで働きたいという思いが強くなってきました。多くの人と直接関わる仕事ができるという点は営業と共通していますが、実際に現場に出て汗をかきながら原価低減のアイデアを出し合ったり、新しい仕入先を開拓したりといった調達部の業務内容に魅力を感じます。

例文2)経理部への配属希望理由

大学で会計を専攻しており、その知識が活かせる経理部への配属を希望します。在学中に簿記2級を取得しており、基本的な決算書の作成もできます。まずは国内で幅広く経理業務を担当し、いずれは海外出向して、海外関連会社の経理部を引っ張っていけるような人材になりたいと思っています。

希望部署に配属されなくても落ち込まないこと

さて、万端の準備をして配属面談に臨んだとしても、希望部署に配属されないことは大いにあり得ます。その時に、どう気持ちを切り替えて頑張れるかで、あなたの会社生活が決まります。あなたがその部署に配属されたのには、必ず理由があります。また、総合職であれば数年で部署異動や転勤があるかもしれません。落ち込まずに前向きに頑張りましょう。 自分の得意なことを生かした職業に就きたい!そう考えているあなたは、就職エージェントに相談してみましょう。あなたの適性に合った求人を紹介してくれます。

関連タグ

アクセスランキング