IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師の転職/退職時によくある理由|履歴書や面接での説明方法

転職事情

地域や世間にとって無くてはならない職業ですが、全体的にみると転職率の高い職業である、看護師。なぜ看護師が転職を考えるのか、転職理由や事情、実際に転職を行動に移す時の退職理由の書き方や、退職理由の例文などをご紹介して行きます。

更新日時:

看護師の転職理由と事情

私たちの生活の中で健康に過ごす為に、地域になくてはならない場所である病院。そして世の中に無くては為らない仕事である看護師。やりがいがあり、責任もある職種の一つです。学校を卒業し、一つの病院で長く働く看護師ももちろん居るのですが、転職を考える人も多いです。 なぜ転職を考えるのか、今回は看護師の転職事情や、理由に少しつっこんだ形で触れていきます。

看護師が転職を考える時。理由は?

一言で看護師の転職と言っても、そこにかかわる理由は様々。働いている病院の環境や事情によって変わってきます。ポジティブな理由もあれば、もちろんマイナスでネガティブな理由もあります。そんな看護師の転職理由の中でも、比較的多い理由になっている物をご紹介致します。

《ポジティブな理由》

転職と聞くと、どうしても悪い方に考えがちではありますが、ポジティブで前向きな転職理由もたくさん存在しています。看護師のポジティブな転職理由の例を上げていきます。

もっと自分の働きを正当に評価してくれる場所へ移動したい。

長く同じ勤務先に勤め、実績やスキルを積んで行けばやっぱりスキルアップしてその分給与も多くもらえる職場に行きたいと思うのは自然な事です。もちろん勤めている病院でそのままスキルアップし給与アップが見込めればいいのですが、全ての病院がそういう環境が整っているわけではありません。 そこで他の病院に移り、自分のスキルアップしてきた働きを正当に評価し、その働きぶりに見合った給与を求め転職するという人が多いです。自分の中で高みを目指して行くという意味では、ポジティブな転職理由になります。

もっと専門的な知識を生かした仕事がしたい。

看護師になるには、資格がなければなれません。通常国家試験である看護師試験に合格すると、晴れて看護師として働く事ができるのですが、看護試験を受ける前に通った大学や講座によってカリキュラムは様々。専門的な知識をたくさん学ぶ環境があったはずです。 しかし、働き始めた病院ではその知識を生かした仕事をする機会が無いとなれば、自ずと「やりがい」に影響してきてしまいます。 せっかく学んだ知識があるのだから、その知識を活かせる場所へ転職したいと思うのは自然な事なのかもしれません。また、病院内でも様々な科が存在しています。科によって求められる知識も違ってきます。自分の中でこの科のスペシャリストになりたいという希望があるのであれば、そこで役立つ知識を身に着け、資格を取得し、より知識とスキルを挙げ、専門的な知識を生かして活躍して行ければ、より目標ややりがいを見出す事が出来ます。 これも看護師の転職理由として非常に多くあげられるポジティブな理由の一つです。

オールマイティーに活躍できる看護師になりたい。

働き始めてある程度年月が経つと、より責任ある立場になってきます。その際にやはり必要になってくるのは自身のスキルと知識です。 もともと持っている資格に加え、さらにキャリアアップをする為に追加で資格をとり、その資格を活かせる職場に転職したり、他の病院に転職する事でさらに看護師としての知識やキャリアをアップさせ、より活躍できるようになりたいと考える上での転職もあるそうです。沢山の知識を持っていれば、それだけオールマイティーに活躍できる看護師になる事が出来ます。自分の目指している方向を見据えたポジティブな転職理由の一つです。

《ネガティブな理由》

ポジティブな理由がある分、残念ながらネガティブでマイナスな理由も多く存在しているのが看護師業界なんです。特に精神的な面での理由が多く見受けられるマイナスな理由についてもご紹介致します。

夜勤問題

看護師が転職を考える理由の中でやはり一番多いのは夜勤問題。夜勤のある病院への就職が決まると、どうしてもついてまわるのが夜勤での悩みです。もともと規則正しい生活をしていた人なら、夜起きているという事自体が辛い上に、夜間に急に患者さんの容体が変化した時に人数が少ない中で対応しなくてはならなかったり、日中とは違う環境での対応へのプレッシャーなどから精神的にも辛いと感じる人が多いです。 また夜の暗い病院内で、患者さんは寝ている中少人数で勤務をする事で孤独な気持ちになる人も多く、憂鬱な気持ちを抱える事が少なくはありません。その為、夜勤について悩み体調や気持ち的に支障をきたす場合あり、夜勤のない個人病院やクリニックへの転職を考える人が多いのも看護師の転職を考える確率が高い事に繋がっているんです。

精神面の問題

看護師というのは、常に命と隣り合わせの仕事なだけに、ミスが絶対に許されない仕事です。その為責任感の重さからくる精神的負担は大きなもの。医療の現場における慢性的な人員不足のせいで精神的負担を感じているのに責任感から中々辞める決断が出来ず、体や心の病気に繋がってしまう人もいます。 もちろん転職したからと言って必ず精神的負担が無くなるというわけではなく、どんな職場、職種でも精神的な問題というのは必ずついてまわる物ではあります。しかし、実際に体を壊してからでは遅いので、現在大きな精神的問題を抱えている人は自分自身の心や体調と相談しながら転職を考える事が大切です。

衛生問題

綺麗な仕事ばかりでないのが看護師の仕事。やはり衛生問題も看護師が転職を考える理由の一つにあるようです。あってはならない事ですが、実は衛生面に問題を抱えている病院も少なからずあるんです。衛生面を保つ為に必要な設備が整っていない病院での勤務というのは、やはり患者さんにとっても良くないですし、看護師にとっても大きな負担となってきます。 また、衛生面がきちんとしていない為に起こりうる事故を、ブラックな病院だと看護師に責任を押し付けるケースが少なからずあるようです。ブラック病院で働き続けるメリットは皆無なので、衛生面に問題を抱える転職を考える看護師が居るのも自然な事です。

患者さんとの折り合い問題

患者さんと看護師、どちらも人間通しですからもちろん合う合わないがあります。もちろん看護師という立場上我慢する事が多いですが、中にはどうしても折り合いのつかない患者さんも居ます。 総合病院など大きな病院であれば、顔を合わす回数もさほど多くはないかもしれませんが個人病院やクリニックなど、小規模の街の医院などの場合、頻繁に合わないと感じる患者さんと顔を合わせなくてはならない場合があります。自分にマイナス要素があるのであれば、そこは仕事だと考え行動を改めるべきですが、落ち度は無いのに難癖をつけられる場合、患者さん、看護師、双方にとって心の負担になってきます。どうしても我慢が出来ないと感じた時転職を考える看護師が多いようです。

人間関係問題

看護師の世界では男性看護師の比率が年々上がってきているとはいえ、まだ6%前後と全体の半分どころかまだまだ10%にも満たないという実情。実際病院に行ってみるとほとんどが女性看護師です。その為看護師の世界は女性社会と言っても過言ではありません。 看護師だけに限らず、どんな職種でも女性が中心となった職場だと、どうしても発生する人間関係問題。グループが出来てしまっていて、なじめなかったり、なんとなく仲間はずれにされている様な気がするなど、それに耐えきれない看護師が離職や転職を考えるパターンも少なくはありません。 また医師との関係が悪くなった時も転職を考えるきっかけになってきます。医師と看護師は切っても切れない関係性にあり、上司である医師と良い関係性が築けないと、その病院に居づらくなってしまいます。どの職場でもある事ですが、人間関係の悩みは転職を考える理由になってきます。

番外編

番外編として挙げられるのが、患者さんが亡くなった時。 毎日接していた患者さんや、自分が担当していた患者さんが亡くなった時、公私混同は避けた方が良いとは頭ではわかっていてもやはり割り切れないという人にとって、患者さんが亡くなるというのは本当に辛い出来事となります。中にはトラウマになってしまう人も居て、看護師という職自体を辞めてしまったり、他の病院にうつる事で持ち直そうと考える人もいます。 命と隣り合わせの看護師だからこその転職理由です。

看護師の転職率ってどれくらい?

ある統計データでは、看護師をやめたいと考えた事のある割合は、なんと全体の75%以上という結果が出ているんます。ただ、看護師に限らずですが、どんな職種でも辞めたいからと言って、すぐに辞められるわけではありません。責任ある立場の看護師ならばなおさらです。 実際に、転職を行動に移している人の割合は約10~20%程。看護師の場合、命にかかわる職場であり、他の職種と比べても責任感がどうしても付きまといます。辞めたいと思っても、様々な事情が絡んでくるので転職したくても出来ないという人も多いです。 転職を考えている人に比べ実際に転職をする人の割合が極端に少ないのはそういった理由が大きく絡んでいます。また、看護師が転職を考える時期として一番多いのが、勤務を初めて3年目。一通りの仕事をこなせるようになり、職場でもだんだんと責任のある立場や新人教育を任される立場へと変化してくる節目となる3年目という時期に、一度自分の働き方等を見直す看護師が多いです。

看護師が転職する時、希望先に提出する退職理由の書き方

転職する時の履歴書の職務経歴欄に、◯◯年 ◯◯病院 一身上の都合により退職 と、書く事がほとんどでしょう。一身上の都合というのをエントリーシートや面接前の書類などでつっこんで聞かれる事が多くあります。その時に書く退職理由の書き方の例文をご紹介致します。

看護師の退職理由の書き方例文(やむをえない理由があった場合)

「◯年前勤務していた◯◯病院では、◯年間看護師として働いてきました。看護師として充実した日々を送りやりがいを持って仕事に取り組んでいたのですが、引越しが決まり、以前勤務していた◯病院への出勤はどうしても距離的にも、通勤手段的にも難しいという事で、退職する事となりました。 引っ越してきてから、時間が経ちこちらの土地や生活にも慣れてきて、もう一度看護師として活躍したいと思い、今回貴院への転職を希望させて頂きました。」

ブランクが空いている人にとって、退職の理由で多いのは結婚、引越し、介護でしょう。一般常識的に考えて、やむを得ない理由だと判断される理由での退職の場合は、素直にそのままを伝えましょう。 その時に現在の状況も一緒に書いておくと、以前はこういう理由で退職したけれど、今回は問題が解決しているので働く環境が整っているという事もアピールできます。

看護師の退職理由の書き方例文(ポジティブな理由での転職を希望している場合)

「以前勤めていた病院では〇〇科で看護師として働いていました。やりがいを持って仕事をしていたのですが、今後自分が何をやっていきたいかを見つめなおす機会があり、貴院にある〇〇科で働く事で、知識と看護の幅を広げ、よりスキルアップして行きたいと考えるようになり以前勤めていた病院を退職し、貴院への転職を希望する事となりました。」

資格の取得や、自身のスキルアップの為に転職を考えての退職の場合も素直に書いた方が良いでしょう。その際、自分が転職を希望した先で、どのような存在になりたいかも合わせて伝える事で、実際に採用してからのヴィジョンが見えやすくなり、プラスのポイントへと働く場合があります。 実際にこうなりたいという目標を持っている人は積極的にその事を書いて行きましょう。

看護師が転職希望先に提出する履歴書に書くこと、書かないこと。

履歴書というのは、まず一番最初に自分の存在を転職希望先に伝える為の、重要な役割を果たす物になります。履歴書の書き方によっては、その場で不合格になり、その後の面接まですらも行けない門前払状態となってしまう重要なポイントになりますので、しっかりと考え伝えたい事を、短い文章の中でいかに簡潔に伝えるかが大切です。 履歴書を書く時に書いたほうがいいこと、書かない方がいいことをポイント別にまとめてみました。

看護師として転職希望先に伝えなくてはいけない事は書いておく。

転職を希望している病院で働くにあたり、どうしても伝えない最低限の事は履歴書の時点で伝えておきましょう。たとえば、休日の希望日や勤務の時間帯など家庭の事情などがあり勤務できない時間帯などがある場合予め伝えておく事で転職希望先との条件があうかどうかがわかるため、自身にとっても、病院にとっても条件の合わない面接をする事が無くなります。 どうしても曲げられない条件がある場合、採用して欲しいからといって少しでも良く条件を書いたり、嘘を書く事は絶対にNGです。のちのちのトラブルに繋がりかねません。

転職に不利になるような理由はわざわざ書かない。

先ほども書きましたが、履歴書を見てまず面接にいけるか、行けないかが決まります。履歴書の時点で不利になってしまう事が書いてあれば、当然この人は見込みが無いという事で書類先行の時点で落とされてしまいます。 前職場で何か不都合な事があったとしても、わざわざそれを履歴書に書く事はやめましょう。どうしても伝えたい場合は面接の場で直接自分の言葉で伝えましょう。

自分の情報を全て出し切らない。

履歴書に事細かに、退職理由や転職先への志望動機、前職では何を担当し、これからどんな人物を目指して行くかなどを全て記載してしまっては、面接時に面接官が聞く事がなくなってしまい、「ここ、もう少し詳しく聞いてみたいから面接をしよう」という可能性を自ら潰して行く事になってしまいます。 詳しく書きたい気持ちが出るのは当然なのですが、できれば面接官が面接時に質問をする為の情報の小出し感も意識してみると良いかもしれません。

面接での転職理由。伝えるべきポイントとは?

転職する時に避けては通れない「面接」。 その面接時にも転職理由は必ずと言っていいほど聞かれます。履歴書に文字で書くよりも、実際に面接官に言葉で伝える事の方が面接結果の合否に関わってくる場合が多いので、慎重に挑みたい所です。 そんな面接で伝えるべき、看護師の転職理由のポイントを例にして挙げていきます。

たとえマイナスな理由での転職でも、プラスになるように語感を変えて伝える。

たとえ転職理由がマイナスな理由でも、言い方次第で相手の印象は大きく変わります。例えば、夜勤が辛く精神的負担を抱えてしましまった場合、 「以前勤めていた医院では、夜勤が多く、精神的にも体力的にも辛くなってしまい夜勤の無い貴院への転職を希望しました」という言い方と、 「以前勤めていた医院での夜勤の仕事もやりがいがあり、充実していたのですが、貴院に転職する事で、日中の自分自身も元気な時間帯に患者さんと接し、持ち前の力を今まで以上に発揮できるのではないかと思い、転職を希望しました。」という場合、 どちらも夜勤を問題に転職しようと考えていますが、聞いている側の印象はかなり違います。大切なのは、いかに語感を変えてポジティブに変化させるかです。

転職理由になったポイントを、どう乗り越えようとしたかを伝える。

責任のある立場となる看護師ですから、すぐに何か問題が起きた時に辛いからと言って辞めてしまったり次の病院に移ろうと考える人をなかなか採用しようと考える病院はありません。以前勤めていた病院であった転職のきっかけとなった出来事を、自分なりに時間をかけて乗り越えようと努力した姿勢を伝える事で、面接官の印象は大きく変わります。 採用する側としては、わざわざ組織を乱すような行動をとるような人を採用しようとは思いません。何か自分にとって不都合な事があっても、それを乗り越えようと努力した部分があれば、この人は採用した時に、きちんと組織を乱さないように努力する責任感ある人だな。という印象を持ってもらえる事ができます。 是非、乗り越えようとした努力がある方は積極的に面接時にその経過を報告しましょう。

客観的に見て常識から外れた事が原因であれば、正直に伝える。

転職を考える理由となった事が、客観的に見て常識から明らかに外れている事であれば、面接時に正直に伝えた方が良い場合もあります。 常識から大きく外れている理由の場合は、たとえ職歴として短期間になってしまったとしてもそれがマイナスに働く事にはならず、面接官の共感を得る事もできる可能性があります。理由を伝えずに短期間での転職となると、面接官からの印象としてもあまり良い物ではありません。 更に、転職のきっかかけとなった常識的に考えられない事を伝える事で転職を希望している先と、自分の求めている物の食い違い等をなくし、実際に働き始めてからの精神的負担をその場で回避する事ができます。

前の職場を悪く言わない。

逆に言ってはいけない点として、前の職場の悪口があります。前の職場で理不尽だった事や常識からあまりにもかけ離れた事があって、それが大きな転職理由となったなら、それは伝えるべきですが、ただたんにここが嫌だった。前の職場は◯◯だから嫌だった。などと愚痴や文句を聞かされるのは面接官にとっても良い気持ちのするものでは無く、この人はうちの病院に来ても同じ様に感じるのではないかという印象を与えます。 できるだけ愚痴や文句などは控え、前の職場を否定ばかりする事は避けましょう。

転職時の面接でこう聞かれたらどうする?

面接官と、面接を受ける側はもちろん初対面なわけなので、様々な質問を投げかけられる可能性があります。履歴書の情報だけを見て面接官は質問をしてくるわけなので、当然過去の転職歴や、その理由について聞かれる事は多くなります。 そんな時にあらかじめ答えられる事を用意しておけば、面接時の急な質問にも慌てたり、無言になる事なくスムーズに答える事ができます。面接が近づいてきたら一度、紙などに書きだしてシュミレーションをしてみましょう。

短期間での転職について

面接をする側として気になるのは、やはり職歴。短期間での転職を希望している場合は理由がどうであれ、履歴書に書かれた数字でまず判断するので、なぜこんなに短期間での転職をしたのか?という疑問にたどり着くのが自然です。 面接に行く前に、頭の中を整理して答えをすんなりと答えられる様にしておきましょう。例えば「以前の職場で働くうちに、自分も資格を取得し、もっと専門的な知識を持って患者さんに接する事のできる看護師になりたいと強く感じるようになりました。専門的な資格を取得し活躍出来る看護師になるには転職をし、貴院のような専門科のある病院で働くべきだと感じ退職しました」など、転職先でやりたい事が明確にある場合は、その事をする為に転職を希望した事や、これからその道に向かって努力し、活躍できる看護師になりたいという意思を伝えましょう。

基本的にはマイナスなイメージがつきがちな短期間での転職ですが、その理由を聞かれた時にきちんとした答えがスラっと出る場合はあまり不採用の理由にはならないという病院もあります。大切なのは自分の中で自分の経歴をきちんと整理する事になります。

看護師の転職理由は人それぞれ。

看護師の転職理由や、転職時の転職理由の書き方、看護師が転職する時に考えておかなければいけない事などを説明してきましたがいかがでしたでしょうか。看護師の転職には様々な理由がある事がわかりました。 命を預かる現場での責任ある立場であるがゆえに、負担を感じていてもなかなか転職に踏み切れないというケースも珍しくは無い職種ですが、どうしても頭の中に転職という言葉が浮かんでしまうという人は思い切ってみるのも必要でしょう。 ストレスを抱えながら仕事を続けるよりも、本来の自分で、きちんと力を発揮でき、やりがいを感じられる方がよっぽど精神的にも、肉体的にも楽になるはずです。

自分の理想に近い病院を見つけよう。

転職を決める前に、しっかりと今後自分が転職しようとする病院やクリニックをリサーチする事で、理想と現実の差を減らす事が出来ます。せっかく勇気を出して転職を決意し、採用してもらえたのに実際に入ったら前の職場と変わらなかった。または前の職場よりも環境が悪くなったという事も無いとは言い切れません。 ホームページやパンフレットなどで調べたり、近年では口コミサイトなども普及しているので、そこで実際に通院、入院した人の意見を参考にしてみるのも良いですし、病院に直接行って働いている看護師の様子や表情を見れば、ある程度転職の参考になる情報は集まってきます。 自分の理想に近い病院で働く事で、精神的な負担はかなり軽減しますので是非、実際に行動に移す前に入念なチェックをする事をおすすめ致します。現在転職に悩んでいる人は今回ご紹介してきた、看護師の転職について、是非参考にしてみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング