IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トラック運転手の転職方法|志望動機例文・転職サイト

更新日:2020年08月14日

職種研究

トラック運転手への転職とはどのようにすれば良いのでしょうか。実際に志望動機や面接での注意点などをまとめてみました。トラック運転手の経験がある方も無い方も、運転手に転職する時にポイントとなることを簡単に記載しているので参考にしてみて下さい。

トラック運転手の転職方法

トラック運転手はかなりの求人数があります。それは、辞めてしまう人が結構いるからです。ですが、自分が本当にトラックの運転手になりたいと思えば、考え方によってはなりやすい職種でもあります。転職方法としては、インターネットで情報収集して自分の家から通える距離で待遇等に問題なければ、面接を受けてみることです。 その会社によってだいぶ社風が異なるのが事実です。実際に面接を受けてみれば、入社した後のトラックを運転している自分の姿をイメージすることができます。そのイメージに抵抗がなければ、真剣にトラックの運転手の仕事を探すことです。

どのような職種からトラックの運転手になれるか

普通免許さえあれば、トラック運転手にはどのような職種からでもなれます。ですが、大型のトラックの免許を持っている人はかなり有利になります。待遇も違いますし、なんと言っても給料が違います。はじめは、普通免許で入社して入社後に大型の免許を取る方法も一般的です。それは、面接の時に口頭で言えば問題ないです。 なので、過去の自分の経歴というよりかは、入社後にどのように会社に貢献したいかがはっきりしていれば良いです。極端な事を言えば、エンジニアであった人がトラック運転手になることも出来ます。特に面接では、変わった質問もされません。

トラック運転手の転職のポイント

トラック運転は非常に注意力を必要とする仕事です。ですので、転職時においても自分にトラックの運転が合っているかどうか確認する必要があります。その上で、トラック運転手をする際に自分の得意な点を見つけることです。これが、面接でのポイントであり自己PRでもあります。 ただ安全に運転をしますだけでは、他の人と変わらない面接になってしまいます。例えば、過去にこのような仕事をしてきたので、これらの経験をいかしてトラックの安全運転をしますと言えば説得力があります。大切な事は、他の人の比べた時に自分がこれだけは負けないと思える事を探すことです。

未経験からのトラック運転手転職

未経験でもトラック運転手は求人をしています。大型トラックの資格を持っていれば有利ではありますが、電話で確認してみると幅広い職種の人を募集しています。それは、まったく運転手と関係なくても募集しています。実際にトラックの運転は経験も大切ですが、継続して安全にトラックの運転を出来るかが重要になります。 なので、未経験でもその素質がある人は採用となります。また、求人を探してみると自分の家から近い範囲でも相当な数の求人を見つけることができます。その中で未経験の人は、色々な会社をまわってみて自分にあった会社を見付けましょう。

未経験でトラック運転手になるには

自分でトラックの運転を本当にしたいと考えていれば、そんなに苦労することなくトラック運転手にはなれます。ただし、トラック運転手に転職した場合実際の仕事をしてみると想像以上にきつい事が分かります。それでも継続して勤務出来るかが重要です。 また、無事故無違反がある意味当たり前であり、常に緊張感をもってトラックを運転することが求められるので体力的にも自信がないと厳しいです。未経験でトラック運転手を目指すなら、知り合いのトラックの運転手などか、実際に会社などに色々聞いてみて自分でも出来そうだと思ったら応募しましょう。

未経験でトラック運転手を志望する時の注意点

未経験でも車の運転はしたことがある人がほとんどです。そのため、車を運転していて自分はプロのドライバーとして問題なく運転を続けられるのかどうか判断しましょう。普段から車の運転に自信の無い人はトラック運転手に転職するのは難しいです。 また、人にあなたの運転は上手か下手か言われた体験は、自分がトラック運転手へ転職する際の貴重な情報となり、よく面接でも問われます。自分だけの判断ではなく、人から見て自分の運転がどのように見えているかが大事です。また、トラック運転手への転職は、様々なものを運ぶ関係で体力的にも相当な自信が必要となります。

トラック運転手への転職に強いサイト・エージェント

トラック運転手の転職サイトとしては、マイナビ転職などがあります。このサイトは非常に有名で安心して利用できます。求人数もそこそこあるので真剣にトラック運転手に転職を考えている方には良いです。また、転職エージェントを利用する場合は、ジョブリンクセンスなどがです。 求人数がとても多いのと親切に対応してくれるので初めてのトラック運転手への転職でも力になってくれます。どのエージェントを利用する時も同じですが、実際にサービスを利用してみて自分に合うか決めましょう。インターネット等の情報だけでは分からないシステムが沢山あります。

トラック運転手に転職する為のサイトの使い方

複数のトラック運転手の転職情報の求人を見る事が大切です。いくつかある求人を比較してみて実際に自分に合う求人を絞っていきます。もしも自分に合うような求人が無い場合は、さらに求人サイトを見つけて情報収集することです。 最初から検索する求人の数を減らしてしまうと最終的に仕事をすることになる会社も自分に合わな会社になる可能性があります。特にトラック運転手で転職では、どの会社にどのような特徴があるのかを確認する必要があります。その為、様々な会社を受けている旨を面接等で会社に伝えた方がスケジュール的に楽になります。

次のページ:トラック運転手転職の面接内容
初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング