IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【学校別】看護師国家資格の合格率と勉強法|大学や通信制学校

資格・検定

看護師国家試験とはどのような試験か、また平均合格率はどれくらいなのかご存じでしょうか。合格率100%の大学や通信制学校の合格率といったデータから、看護師国家試験に合格するためにどんな勉強をしていけばいいのか紹介していきます。

更新日時:

看護師国家試験とは?

看護師国家試験の目的は?

看護師国家試験とは、国家資格である看護師免許を取得するための国家試験です。誰でも受験ができるわけではなく、国で定められた看護学を学ぶことのできる機関での教育を修了した人たちのみが受験することが出来ます。具体的には、看護学校や大学の看護学部の在籍生・卒業生が該当します。

どんな内容なのか?

看護師国家試験の問題は大きく分けて必修問題と一般問題・状況設定問題の2つに分けられます。必修問題は80%(50点満点のうち40点)以上を正答しなければいけません。一般問題・状況設定問題はその年ごとに異なるボーダー(毎年およそ60~70%)以上の点数を取らなければいけません。必修問題は毎年変わらず80%以上正答しなければいけない、いわゆる「絶対評価」です。それに対し、一般問題・状況設定問題は、問題の難易度や受験生のレベル等で毎年変化する「相対評価」です。 試験の形式はマークシートによる択一方式で、四肢択一・五肢択一・五肢択二の問題となっています。試験科目は以下の10科目です。 (1)人体の構造と機能  (2)疾病の成り立ちと回復の促進 (3)健康支援と社会保障制度 (4)基礎看護学 (5)成人看護学 (6)老年看護学 (7)小児看護学 (8)母性看護学 (9)精神看護学 (10)在宅看護論及び看護の統合と実践

試験日程は?

看護師国家試験は毎年2月下旬の日曜日に行われ、合格は毎年3月下旬に発表されます。試験は午前・午後に分かれており、120問ずつ解きます。試験時間はそれぞれ2時間40分ずつ与えられています。受験料は5,400円です。

看護師国家試験の平均合格率は?

過去3年分のデータ

第106回(2017年2月)の合格率は88.5% (出願者数 63,043人、受験者数 62,534人、合格者数 55,367人) 第105回(2016年2月)の合格率は89.4% (出願者数 62,633人、受験者数 62,154人、合格者数 55,585人) 第104回(2015年2月)の合格率は90.0% (出願者数 61,480人、受験者数 60,947人、合格者数 54,871人) このうち新卒の合格率は、それぞれ94.3%、94.9%、95.5%です。

過去10年の合格率をみてみよう

過去10年のデータからも、看護師国家試験の合格率は90%前後を保ったまま推移しています。第97回~第106回の中では、最高合格率は91.8%(第100回)、最低合格率は88.5%(第106回)となっています。看護師国家試験は、大学入試のような選別するための試験ではなく、合格ラインをクリアできた人はすべて「合格」となります。基礎的な知識をしっかりと身につけていれば、必ず合格できる試験であることが、この安定した高い合格率から分かります。

看護師国家試験の合格率100%の看護大学はどこ?

過去10年間で最低合格率となった第106回看護師国家試験ですが、合格率が100%の看護学校もあります。今回は新卒の合格率が100%の大学を一覧にしました。

新卒の合格率が100%の大学

札幌医科大学保健医療学部看護学科 弘前大学医学部保健学科看護学専攻 秋田大学医学部保健学科看護学専攻 茨城県立医療大学保健医療学部看護学科 筑波大学医学群看護学類 独協医科大学看護学部看護学科 埼玉医科大学保険健医療学部看護学科 千葉大学看護学部看護学科 東京慈恵会医科大学医学部看護学科 首都大学東京健康福祉学部看護学科 東邦大学医学部看護学科 武蔵野大学看護学部看護学科 創価大学看護学部看護学科 東京医科大学看護学部看護学科 杏林大学保健学部看護学科看護養護教育学専攻 国際医療福祉大学小田原保健医療学部看護学科 関東学院大学看護学部看護学科 新潟青陵大学看護福祉心理学部看護学科 金沢大学医学部保健学科看護学専攻 金沢医科大学看護学部看護学科 長野県看護大学看護学部看護学科 岐阜県立看護大学看護学部看護学科 岐阜大学医学部看護学科 静岡県立大学看護学部看護学科 藤田保健衛生大学医療科学部看護学科 名古屋大学医学部保健学科看護学専攻 愛知医科大学看護学部看護学科 滋賀県立大学人間看護学部人間看護学科 佛教大学保健医療技術学部看護学科 大阪市立大学医学部看護学科 摂南大学看護学部看護学科 神戸大学医学部保健学科看護学専攻 兵庫医療大学看護学部看護学科 奈良県立医科大学医学部看護学科 岡山大学医学部保健学科看護学専攻 新見公立大学看護学部看護学科 県立広島大学保健福祉学部看護学科 山口大学医学部保健学科看護学専攻 香川大学医学部看護学科 愛媛県立医療技術大学保健科学部看護学科 高知大学医学部看護学科 産業医科大学産業保健学部看護学科 佐賀大学医学部看護学科 熊本大学保健学科看護学専攻 大分大学医学部看護学科

合格率が高い看護大学にも裏話がある?

新卒合格率が100%だった大学はなんと45校もありました。しかし、看護師国家試験の合格率はある程度操作することができます。その方法とは、国家試験を受けても不合格になりそうな生徒はあらかじめ留年させたり、国家試験を受験させなかったりするというものです。したがって、ある程度合格ラインに達しそうな生徒だけが受験している、ということがありえるのです。

通信制の学校の合格率は?

准看護士を対象に、看護大学(大学看護学部)を卒業すると得られる学位である看護学士を取得することを目的として注目を浴びているのが通信制大学です。通信制大学の看護学科では2年間の教育を受けることで、看護師国家試験の受験資格が与えられます。

第104~106回の合格率

第106回は新卒合格率が75.6%(受験者2,909名、合格者2,199名) 第105回は新卒合格率が77.1%(受験者3,190名、合格者2,458名) 第104回は新卒合格率が80.0%(受験者3,495名、合格者2,825名) というようになっています。一般的に、准看護士として働きながら看護師を目指している方が多いので、勉強時間の確保が難しいのかどうしても合格率は平均合格率よりもやや劣ります。

看護師国家試験の合格率を上げるためには

これまで看護師国家試験について、合格率を中心にみていきました。看護師国家試験は大学入試のような「落とすための試験」ではなく、「勉強していたら確実に受かる試験」です。時間がかかっても勉強すればある程度は合格するという可能性は高いでしょう。それでは、きちんと看護師国家試験に合格するためにはどのような勉強をしていけばいいでしょうか。最後に紹介していきます。

クエスチョン・バンク

看護師国試過去問題として、受験生から絶大な人気を誇る『クエスチョン・バンク』。丁寧な解説、豊富な図解が特徴です。10年分の過去問から厳選した問題と、予想問題が掲載されており、絶対に持っておきたい一冊となっています。購入特典として、スマートフォンで過去問が解けるアプリ版「QBナース」が使用でき、持ち運ばないで済む手軽さも魅力のひとつです。

看護師・看護学生のための レビューブック

『看護師・看護学生のためのレビューブック』は、先ほど紹介した『クエスチョン・バンク』のメディックメディア社から出版されています。『レビューブック』も看護学生のバイブルで、わかりやすいイラストと語呂合わせが人気です。

おすすめの勉強法

ますは敵を知ることとして、『クエスチョン・バンク』を解くことから始めましょう。選択肢を的確に正誤の判断ができる問題は○にし、やや自信がないものには△、わからないものや知らなかったものに対しては×をつけていきます。わからない箇所や知識が不安なところは『レビューブック』や『病気がみえる』を使って、書き込みをしたりノートに書いたりして知識を整理していきましょう。大切なのは、「どうして間違えたのか、どうしたら正解なのか」をきちんと意識して勉強していくことです。 また、テコム看護などの看護師国家試験対策予備校の模擬試験を受けることも大変有用です。

油断は禁物

合格率が高くて、誰でも合格できると油断をしていたら不合格になったり、受験さえさせてもらえなくなるかもしれません。全てのことに共通することですが、勉強することはすごく大切になので、そこは怠らないようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング