IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「プロパー社員」の意味とは?プロパー/中途/出向社員の違い

更新日:2022年06月12日

職種研究

「プロパー社員」という言葉をどこかで聞いたことがあるという人も、実はいまひとつ意味やどういった仕事をして、どういう立ち位置にいるのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。今回はプロパー社員について詳しく紹介させていただきます。

自分の立ち位置を意識した働き方

プロパー社員とは、会社の中にいる様々な形の社員や外部スタッフと区別するために自社の社員を指す言葉です。日本独自の言葉のようですが、日本のビジネスシーンにおいてこのような独特の表現が根付いているのは、同じ職場やチームで働くメンバーであっても、お互いの身分や立ち位置に敏感で、その差異にこだわる意識が強いという日本人の特徴のあらわれかもしれません。 最近は終身雇用という枠にこだわらずに、自分のやりたい仕事を求めての転職も増えて、中途採用の転職組の社内での割合も増えてきています。そんな中、プロパー社員とそうでない非プロパー社員との間に処遇の差による不満などから壁やギャップが生まれてきているようです。いろいろな立場の、いろいろな社員が混在する中で、自分の立ち位置をよく意識して仕事をしていくことが大切です。

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング