IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「プロパー社員」の意味とは?プロパー/中途/出向社員の違い

職種研究

「プロパー社員」という言葉をどこかで聞いたことがあるという人も、実はいまひとつ意味やどういった仕事をして、どういう立ち位置にいるのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。今回はプロパー社員について詳しく紹介させていただきます。

更新日時:

プロパー社員とは?メリット・デメリット

「プロパー社員」という言葉をご存知でしょうか。どこかで聞いたことがある言葉のようですが、実はいまひとつ意味や、どのような仕事をしているのか、どういう立ち位置になっているのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。そもそもが世間的にもまだあまり耳馴染みのない言葉なのかもしれません。今回はプロパー社員について詳しく紹介させていただきます。

プロパー社員の意味

プロパーの意味

プロパー(proper)とは、英語の形容詞で「正しい」「適切な」「本来的な」「特有の」などの意味をを持ちます。日本語のプロパーは「正しいもの」「適切なもの」などを意味し、多くの場合は他の言葉と熟語を作り、「プロパー社員」の他にも「プロパーカード」「プロパー商品」「プロパー価格」などの言葉があります。

プロパー社員の意味

会社内には様々な社員がいます。まずは直接雇用の正社員、派遣会社に雇用されている派遣社員、関連会社などの社員で仕事の関係でその会社で働いている出向社員、仕事を請け負っている会社に雇用されている請負社員等様々な社員がひとつの会社の中で働いています。それらの社員と区別するために「プロパー社員」という言葉があります。 「プロパー社員」は、3つの意味で用いられます。 1、中途入社や出向社員ではない、新卒入社から在籍する「生え抜きの社員」   生え抜き社員とは、新卒で入社してからずっといる社員のことです。 2、契約社員、派遣社員やパート社員などの非正規雇用とは区別する目的で使う「正社員」 3、協力会社や下請け会社の社員などが常駐している職場で、そうした外部スタッフと区別するために使う「自社の社員」(特にIT業界で使われます) 「生え抜き社員」という意味で使われることが多いようですが、IT業界では「自社社員」という意味で使われたりと、企業や業種によってプロパー社員の定義は様々です。会社によっては、契約社員をプロパー社員に含むようなケースもあります。

日本企業独特の表現

「終身雇用制度」は、日本の雇用制度の特徴の一つです。終身雇用制度とは、企業が正社員として採用した新卒者を定年まで雇い続けるという制度です。この制度を背景に、日本はアメリカなどの実力社会の国に比べて勤務経験年数によって昇給や評価をされる国になっています。。近年は成果主義・実力主義を取り入れる企業も少なくありませんが、年功序列制度が根付いている企業のほうがまだ実際のところ多いでしょう。 そのため、新卒からずっと務めているプロパー社員と転職組とでは、労働条件などに差が生まれます。その差を明確にするためにプロパー社員という言葉も生まれてきました。

プロパー社員のメリット

プロパー社員は、入社から一緒に研修を受け、一緒に喜びや辛さを分かち合ってきた仲間です。そのため絆が深く、団結力が強く、チームワークも抜群です。企業側から見ると、長期に渡って育成できて社風に馴染みやすい、愛社精神が育ちやすいといえます。また、給与や昇給がスキルではなく勤続年数で決まるなど、待遇面で転職組などの非プロパー社員に比べて優遇されている場合が多々あります。昇格や出世を決める上司がプロパー社員を好む場合も多いようです。

プロパー社員のデメリット

プロパー社員は、その会社特有の仕事のやり方をしっかり身につけている一方、その会社でしか経験していない為に視野が狭くなりがちです。それはある意味世間知らずで融通が利かないというケースが多いようです。また、勤続年数が給与に反映されるので、給与と実力が見合っていないケースも見受けられます。小さな企業ですと、配属先がずっと同じで異動がない場合、仕事の幅が広がらないこともあります。 プロパー社員は絆が深く、団結力が強いというメリットは、反面で中途入社の転職組が疎外感を覚えてしまうということもあり、社内で派閥が生まれてしまうのも多々あることです。

プロパー社員・中途社員・出向社員の違い

プロパー社員

プロパー社員を、新卒で入社した「生え抜き社員」とした場合、入社してずっと同じ会社で働き続けている社員ですので、中途採用の転職組に比べると良い意味でも悪い意味でもその会社に染まっていることが多いでしょう。その会社特有のやり方をしっかり身につけている 一方で、その会社しか経験していないので、視野が狭くなりがちです。しかし、勤務経験年数で評価基準が決まるので待遇面では優遇されています。

中途採用者(転職組)

中途採用者は、スキルや経験重視で入社してくることが多く、高いスキルを身につけている場合が多いです。しかし、中途採用者はプロパー社員に比べて優遇面、出世に関しては不公平に感じる人が多いようです。 しかし、最近は中途採用者は他社を経験している分、比較材料を持っていたり、その会社にはない新しい考えを持ってる場合もあり、あえて中途採用者を一定割合出世させるという会社もあります。プロパー社員に比べて絶対数が少ないので競争率で考えると有利になるという場合もあります。実力の高さで評価する場合、高いスキルを持って優秀な人材のみを採用している中途採用者のほうが出世が速くなる場合もあります。

出向社員

企業との雇用契約を維持したまま、業務命令を受けて子会社や関連会社に異動し就労する社員のことを出向社員といいます。出向先の別の会社で数年間仕事をして戻ってくるということは少なくなく、また非常に良い勉強の機会を得られる場でもあります。全く違う環境や、時には違う業界で仕事をすることで自分自身の大きな成長に繋がります。 プロパー社員のデメリットとして「視野が狭い」「融通がきかない」というのがありましたが、出向はプロパー社員にとっても良い機会でしょう。

契約面での違い

プロパー社員は、会社内の直接雇用社員で労働契約はその会社と直接締結しています。自社との直接雇用契約を維持したまま、業務命令を受けて関連会社や事業投資先企業に異動して就労する社員が出向社員です。業務上の指揮命令は出向先になりますが籍と給与の支払い義務は出向元企業になります。 派遣社員は派遣元の会社から派遣契約の元に業務を行うために派遣される社員のことです、労働契約は派遣会社と結んでいます。プロパー社員と実質的にはほとんど同じ業務をしているにもかかわらず、労働条件や処遇、賃金が異なるので問題になることが多くなってきています。

プロパー社員の反対は?

出向はどの立場から見ても出向

出向先として行く会社からすると、出向してくる人は出向されてくるため、「出向」とは反反対の意味となります。出向先の受け入れ側は出向者をなんと呼ぶのかというと、「出向社員」です。出向社員は出向先でもやはり出向社員なのです。

会社は出向者と元からいる社員を区別していることが多い。

出向者を受け入れる会社では、逆に出向先となる会社に元々いる社員を「プロパー」と呼んで区別しています。出向社員は出向社員、元からいる社員はプロパー社員ということで、ある意味ではプロパー社員の反対語は出向社員になるのかもしれません。

ちなみに、出向してから数年が経ち、出向社員が元の会社に戻って来たときは「復職」と呼びます。出向社員は、出向元の会社とは雇用関係を継続しながら雇用元の会社では仕事をしていない状態のために休職扱いになっています。この休職中だった社員が戻ってくるので「復職」となります。出向から復職してきた人は、たくさんの経験を積んで、一回りも二回りも大きな人物になって戻ってくることでしょう。

自分の立ち位置を意識した働き方

プロパー社員とは、会社の中にいる様々な形の社員や外部スタッフと区別するために自社の社員を指す言葉です。日本独自の言葉のようですが、日本のビジネスシーンにおいてこのような独特の表現が根付いているのは、同じ職場やチームで働くメンバーであっても、お互いの身分や立ち位置に敏感で、その差異にこだわる意識が強いという日本人の特徴のあらわれかもしれません。 最近は終身雇用という枠にこだわらずに、自分のやりたい仕事を求めての転職も増えて、中途採用の転職組の社内での割合も増えてきています。そんな中、プロパー社員とそうでない非プロパー社員との間に処遇の差による不満などから壁やギャップが生まれてきているようです。いろいろな立場の、いろいろな社員が混在する中で、自分の立ち位置をよく意識して仕事をしていくことが大切です。

関連タグ

アクセスランキング