IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職での作文の書き方と例文・よくあるテーマ・文字数のマナー

就活ノウハウ

学校の授業や宿題でもよく出てくる作文。それは就職にも出てくることがあり、中でも作文の試験を実施する企業や会社もあります。それでは、就職に作文の試験が出てきたらどうすればいいのか? そして、就職の作文とはどんなものか? 今回は、それらについて解説していきます。

更新日時:

事実や意見を伝える文章を作ること、それが作文

作文とは、論題や議題などについて筋道を立てて、物語や感情の表現、または意見や考えなどの自分の情報を伝達することを目的として、文章を秩序立てて作製する行為のことを言います。 小学校・中学校では、国語科の授業の一環として作文があり、読書感想文、夏休みの日記、社会科見学、合宿といった体験的な行事の感想など様々なテーマで書く課題が与えられます。また、いじめや仲違いなど学級内で起きた事件の反省として書かされる場合もあります。高等学校では作文を含んだ「国語表現I」「国語表現II」という科目も設けられており、そして会社や企業の就職でも試験のひとつとして用いられたりと、その用途は様々なものです。 そして、学校の授業であっても就職の試験であっても、いきなり作文を書けと言われても、何から手をつけて良いのか、最初は誰にだってわかるものではありません。原稿用紙に書いてはみるものの、途中で言いたいことがわからなくなったり、同じことの繰り返しになったりしてぐだぐだになってしまうことが多いです。 そこでまずは、作文を書くにあたって抑えておくべき6つの手順を紹介します。

1.作文の材料を集める

ゼロから作文を書くには、まず、どんな作文を書き、作るのかを考えることから始まります。そこでまずは、作文の材料になりそうなことをありったけ集めてみましょう。この段階では、「これは使えないかも……」などと思わずに、思いついたことをどんどんメモに書き留めます。

2.作文の材料を選ぶ

材料がある程度書き出せ、集まったら、この中から書きたいもの、書きやすそうなものを選び出します。この手順でようやく、作文の土台が出来上がるわけです。

3.作文の材料を膨らませる

材料選びが決まったら、その材料を大きくしていきます。 大きくしていくにはどうしたらいいのかというと、まず、書くと決めた事柄について、詳しく、具体的に思い出していきます。具体的に思い出すときには、「いつ・どこで・だれが・なぜ・どのように」を書き出してみたり、その事柄の前後の出来事などを思い出してみたりするといいでしょう。 そして、材料を大きくする段階で、自分の気持ちや考えをできるだけ詳しく思い出し、書き留めておくこともまた、よい作文を書くポイントとなります。気持ちを書くときには、行動や様子を一緒に書いたり、例えを使って表したりすると、気持ちがより伝わる表現となります。 例:うれしかったです。 →うれしくて、思わず飛び上がりました。 →うれしくて、空を飛んでいるような気分になりました。

4.作文の構成メモを作る

材料が十分に大きくなったら、今度はそれをどのような順番で書くかを整理していきます。まずは、「始め・中・終わり」という構成で書いてみるといいでしょう。 ○始め これから書くことを簡単に説明したり、自分の意見を書いたりします。 ○中 具体的な出来事や気持ちを書いたり、自分の意見の根拠を書いたりします。 ○終わり 作文のまとめにあたる部分です。出来事を通して考えたことや学んこだとを書いたり、自分の意見を再度主張したりします。

5.作文を書く

構成メモが出来上がったら、いよいよ構成メモをもとに作文を書いていきます。他人に読んでもらうものですから、丁寧な字で書いていきましょう。

6.出来上がった作文を見直す

作文が出来上がったら、必ず見直しをしておきましょう。見直す時は、次のようなことをチェックしましょう。 ・字の間違いはないか。 ・原稿用紙の使い方は正しいか。 ・句読点を打つ位置は適切か。 ・主語や述語がきちんと対応しているか。 ・長すぎる一文はないか。 ・話のつながりがおかしなところはないか。 この手順は、学校や就職は勿論、他の用途や状況で作文を書くにあたって非常に役立ってくれます。作文を書く際にわからないことがありましたら、是非とも参考にしてみましょう 作文や文章の作り方に関して悩んでいる方は、プロのキャリアアドバイザーに相談するのも一つの手です。エージェントでは就活や転職に関する相談等のサポートもしているので、気になる方は就職エージェントをご紹介している記事をご覧になってみてください。

就職の作文と10のルール

就職の試験で多く出される作文は、皆さんのイメージにもある、学校で出される一般的なものとは難易度が違うため、人によってはかなり苦手意識を持っている人も少なくありません。与えられたテーマについて全く自分の考えがないわけではないのに、筆が進まない、何を書いていいのかわからなくなるという人が多いでしょう。これは、学校にせよ就職にせよ、作文を書く時に誰にでも起こります。 しかし、苦手なことも予め準備をしておけば、100%パニックにならないとまではいかなくても、パニックを抑え、落ち着いて挑むことができるのです。それは就職活動は勿論、作文にも言えていることなのです。 先述にも紹介した6つの手順のように、とりわけ作文は書き方やちょっとしたコツを身につけてしまえば、今まで抱えていた苦手意識がウソのように消えてなくなります。「書けるかな…」と、不安に思ってしまう気持ちを「書きたい!」という意欲に変えるだけで、就職への想いがより文章になって相手企業に伝えることができるのです。そこでまずは、就職の作文における10のポイントにしてルールを紹介していきます。

1.題名と内容を一致させる

文章の構成を考えずに書き始めると題名の内容が一致しないまま、文字数に達してしまうことがよくあります。そこでまずは題名を考え、題名を踏まえた内容に書いていくようにしていきましょう。これは学校の作文においても就職の作文においても、始めるにあたって重要なポイントでもあります。

2.文字数は90%を埋める

学校のものにも言えていることですが、就職でも作文の文字数は多すぎてもいけないのは勿論、少なすぎてもいけません。与えられた文字数の90%(例:600文字の場合は500〜550文字程度)を埋めていくようにしましょう。

3.書くテーマはひとつに絞る

テーマに合わないエピソードを作文に入れたり、結論がいくつあったりするのは就職の作文でもNGです。テーマが決められているのであればなるだけそれに絞り、それに沿った結論に導いていくようにしましょう。

4.適度に段落を入れていく

場面が変わるといった適度な時は、段落を分けるようにしましょう。適度に段落を入れていけば、論旨の展開がわかりやすくなります。段落の文頭は一字空けることも忘れないようにしてください。

5.誤字脱字に注意する

先述の作文の書き方にもありましたが、就職の作文でも字の間違いは禁物です。思い込みや当て字、固有名詞の間違いも、就職先の評価においても明らかなマイナスポイントとなりますので、書き上がりましたら見直しをしてそれがないかどうか確認しましょう。

6.漢字の乱用・多用に注意する

書きなれていない人ほど、漢字を使いたがります。そんな漢字の乱用がされた作文ほど読みにくくなり、文章もかたい印象になって就職先へのイメージダウンとなるので使わないようにしましょう。

7.文字数制限を守る

就職の作文では、文字数制限を設けられることがあります。800字までと言われたら、800字以内でまとめなければなりません。就職先へのイメージを守る為にも、文字数はこまめに確認していきましょう。

8.一文は70字以内に収める

学校においても就職においても、一文一文が長い作文であっても文章力があれば読みやすい文章になります。しかし、書きなれていない人が長い一文を書くと、無駄が多かったり、ぐだぐだになって内容的に破綻してしまったりすることがあり、これも就職先へのイメージダウンとなります。一文はなるべく短くするのがポイントです。

9.句読点の調整をする

一般的に、行の最後のマスで文が終わっている場合、句読点は欄外に書くようにします。就職の作文でもそれは同じポイントでルールになっており、作文のバランスを保つためにも、句読点が行頭に来てしまうようなら、前の行末の欄外に入れるようにしましょう。

10.丁寧な字で書く

こちらも先述の手順にもあったことで、就職の作文で大事なポイントでありルールとなっています。字が上手でない人も、丁寧な字を心がけましょう。丁寧に書いたか、雑に書いたかはひと目でわかり、就職先の評価にも大きく影響、左右されます。

就職の作文の書き方における3つのポイント

就職において作文を書く際には、先の10のルールの上に、以下の3つのポイントを踏まえるようにしましょう。何も考えずにダラダラと書き綴っていると、読み手はもちろん自分自身も作文の方向性を見失ってグダグダになり、インパクトの薄い内容になり、就職先の会社や企業に向けてアピールするチャンスを失ってしまいます。

1.就職に向けた自分の考えと意見を盛り込む

学校でも就職でも、作文が苦手な人は「間違ったことを書いてしまったらどうしよう」という不安を持っています。しかし、作文こそ間違いなど気にせずに自分の考えをアピールできる大舞台で、就職ならば尚更です。誰でも書けそうな一般論を綴るのではなく、「自分の考え」がしっかりと盛り込まれていることが読み手に伝わる。それが就職としても理想的な作文です。

2.白黒をハッキリさせた文章を書く

誰からも好かれるような文章を書こうとして「自分の意見があるようでない」という内容になってしまうと非常に残念です。それは就職でも同じようなものであり、自分の考えにきちんとした根拠や理由があるのであれば、白黒ハッキリさせた文章を書くことをおすすめします。 もちろん作文以前に、就職活動の中でも自分の考えに賛同する人もいれば反対する人もいます。しかし、就職活動にも言えることで、何より就職の作文でこだわるべきポイントは「好かれる文章で自分をアピールする」ことではなく、「自分の考えを持ち、ハッキリと伝えることができる一人の大人」ということを分かってもらうことなのです。

3.どんな形でも就職に繋がる内容にする

どのような主題が与えられても、就職活動の試験の作文であることを忘れて胃sまってはいけません。必ず、就職に繋がる内容、つまり「仕事」「働く」ということに繋がるような内容にします。 就職とは一見無縁そうな「家族」「友達」というテーマであっても、彼らとの関係を通して自分の仕事にどう活かしたいか、社会人としての自分にどのような影響を与えたかなど、「仕事」「働く」「将来」「目標」といった就職としての方向性に持っていきましょう。 就職の作文の書き方における3つのポイント以外にもっと詳しいアドバイスをもらいたい方は、就職エージェントを活用してみましょう。評判のいい就職エージェントをご紹介している記事がありますので、参考にしてみてください。

これが就職の作文の例文

以上を踏まえて、就職の作文はどういう形で書いていけばいいのか。そこで、主題に「仕事とは」、文字数を600文字とした例文を紹介します。

1.序論

「仕事とは家族や社会に貢献すること」と、私は父から教わりました。 もちろん自分の生活のため、自立するため、お金を稼ぐため、人によって様々な目標があると思います。 しかし、「働くこと」を突き詰めていった時、そこには自分だけでは終わらない、もっと広い世界との繋がりがあるのではないでしょうか。

2.本論

私の父は小さな製鉄所で長年職人として腕を振るうと同時に、不景気の中、小さな職場を失くさないために父なりの接客や営業、時には接待に精を出して人脈を広げながら働いてきました。 子供の頃の私はそんな父の姿を見て「仕事の奴隷のようだ」なんて毒づいたものです。 しかし、今なら父が私たち家族を守るために職人としてのプライドを持って不器用ながらも完璧な仕事をしていたこと、より良い製品を使ってほしいと多くの人に営業していたこと、会社や自分たちの仕事を知ってもらおうと慣れない接待をしていたことがわかりました。

3.結論

私にとって仕事とは、父が私に見せてくれた「自分の働き方が、最終的に家族や会社・社会へと繋がること」が何よりも理想の形です。 ただやみくもに働くのではなく、自分の仕事が少しでも多くの人の生活に影響を与えることができる働き方を目指したい。 「貢献する」なんて大それたことができなくても、自分の仕事に自信を持って真摯に取り組んでいけば結果は必ず付いてくる、それこそが私の目指す仕事です。

このように、ぼんやりとした主題についての短い例文を挙げてみましたが、気を付けないと多くの人が似たり寄ったりな内容を書いてしまうテーマなだけに、より自分の個性を知ってもらえるパーソナルな内容にする必要があるのです。 私たちが一番身近に感じる「働く人」、それは父・母・祖父母・京大など家族である場合が多いので、この例文では自分の父親を通して知る「仕事」についての考えをまとめています。 勿論、その対象が家族である必要もありません。自分的に印書に残っている恩師や予備校の先生・学生時代の先輩などでも自分と密に関わった人との関係性を交えて語ると、より濃く・深く・伝わる内容になります。 さらにそれを踏まえた上で、この例文にもあったように、就職の作文を構成する3つのプロットについて捕捉の解説をしていきます。これらのちょっとしたコツを踏まえれば文章は変わり、就職試験においてもアドバンテージとなってくれます。

解説:序論

読んでもらえる文章は、序論のインパクトで決まります。読み手を惹きつけるためには、「言い切り」「すぐに核心に触れる」ことがポイント。第一の段落ではテーマに沿った定義を言い切り、第二に一般論も考慮していることを匂わせながらも、第三に最終的に結論に繋がる自分の考えに軽く触れています。

解説:本論

序論で挙げていくテーマをより詳しく述べていきます。ここでの最初の段落では自分の父親の紹介、どのような働き方をしていたかを客観的に紹介しています。第二に、自分の個人的な過去の考えを入れることで文章に少しのスパイスを追加し、そして第三では大人になって就職活動をしている自分の目線で知った父親の姿・働き方を、同じ一人の社会人としての個人的な目線で正確に紹介しています。 文章ごとに目線を変えた文章・対比などをつけると、よりテンポの良い内容になります。

解説:結論

ここでいよいよ、作文のまとめに入ります。序論で挙げた第三の段落の文章を、ここの最初の段落で改めて述べ、第二と第三で就職試験の作文であることを忘れない「自分が目指す働き方」「仕事に対する考え」を盛り込み、就職の作文として締めくくります。

就職の作文に書き出しはいらない

就職試験の作文においても、文章の出来を決めるのは「書き出し」と言っても過言ではありません。書き出しがうまくいくと、大体その後はスルスルと書けていくものです。 文章術に「絶対」や「王道」はないのですが、就職活動で作文を書き始める際、間違いなく有効な「技」がひとつあります。それが、「前置きはいらない」ということです。 その不要な前置きについての具体例を見ていきましょう。「消費増税について、あなたの考えを述べてください」というお題があるとします。そのお題を見た時、以下のような書き出しをする人はいませんか? 1.「消費税は2014年4月に8%になった。更に15年10月には10%に予定されている。さて〜」 2.「消費族勢は社会福祉充実のためである、と財務省はじめ政府は語っている。さて〜」 3.「消費増税といえば、私のアルバイト先であるコンビニでは〜」 いずれも書き出しとしては悪い部類に入る典型で、「据わりが悪いから」という理由でこういう前置きを書きたくなるかもしれませんが、これらははっきり言って就職の作文においては余計なものであり、全くの無駄です。 そもそも、就職活動とは一言で言えば「ビジネスの入り口」に皆さんを立たせるものです。ビジネスの世界で求められるものとは「スピード」と「結果」、文章でいうなら「答えを早く出せ」ということです。 この具体例のお題ならば消費増税について賛成なのか反対なのか、決めかねているのなら「賛否について悩んでいますとまず言い切リましょう。話を展開させるのはそこからにしても遅くはありません。 3つの具体例のうち、1は全くの「一般論」から始めています。誰でも知っている「事実」から書き始めるのは字数の無駄なので、迷わずカットしましょう。2もどちらかというと字数の無駄に近いため、仮にその「政府の主張」に山道があるなら、そこから書き始めましょう。例えば、 「消費者税は社会福祉のために使うと政府は言うが、私はその必要はないと考える。なぜなら〜」 このような形の書き出しにすれば、インパクトが出てきて、続きが読みたくなります。そして、最後の3は上二つに比べるとまだマシな方であり、個人的な体験を書き出そうとする姿勢は就職の作文においても問題はありません。ただこれも「消費者税と言えば〜」というお題の繰り返しが無駄となっています。それを省いて修正してみますと、 「消費者税なんて厄介でしかない。私のアルバイト先のコンビニで〜」 そこから以下、小銭で困った体験や自分のアルバイト時給など「身近な」目線で語り始めると面白くなり、就職先の会社・企業も注目し、興味を持ってくれます。 このように、書き出しでは余計な前置きは入れず、自分が思っている答えを持っていくことから始める。そうすれば、就職の作文はより良い形に近づくことができ、就職先へのイメージアップにも繋がります。

就職の作文は「ですます」が無難

就職でも作文は何を書けばいいのか分かれば、基本的には文体など、細やかな書き方についてはあまりこだわることはありません。 ただ、一般的には「ですます」調で書く方が無難でしょう。なぜならば、就職の作文を添削する方は、就職が決まった暁には全て上司になるわけですので、敬意を示すためにも「ですます」調の方がいいでしょう。 就職の作文用紙については、たいていの場合、企業側から指定がありますが、もし、何にもない場合には、作文用紙で書くことが一般的となります。 この場合は、手書きが基本で、履歴書と同様、その文字に現れる人柄を見ることもあります。ですので、達筆である必要はありませんが、丁寧に、しっかりと、力強い文字で文章を書きましょう。

これが就職の作文でよく出るテーマ

就職の作文には、ひとつひとつのテーマが与えられます。就職活動をしている企業の情報をしっかりと頭に叩き込んで面接に備えている私たちにとって、変化球の予想だにしていなかったテーマが出てくることが多く、試験時にテーマを目の前にすると「あれ? 書けない!」「どうしたらいいんだろう?」と頭がフリーズしてしまう人も多いのです。 そこで、「我が社に入社したいと思った動機」というようなテーマなら、面接などで話そうと思っていた内容に近いので誰にでも書きやすく、ハードルは低いでしょう。しかし、実際には以下のような2通りの系統のテーマが出されることが多く、一見、簡単そうだと思った内容でも予め心の準備をしていないと、なかなか書けなくなってしまうものなのです。

仕事に対する意欲・考えを知るテーマ

・自分にとって働くとは ・○年後の自分とは ・私の夢・目標 ・これからの企業に必要なこと 企業が知りたいこと、それは就職への意欲と考え。「仕事」「働くこと」にどのような考えを持っているか、ということです。しかし、実際に出されるテーマは以上のように「ざっくり」したものなので、どのようにテーマに沿って自分の就職への意欲をアピールしたらいいのか迷ってしまいます。

その人の人間性・価値観を知るテーマ

・学生時代の思い出・頑張ったこと ・家族・友人について ・最近気になったニュース 企業によってその人の人間性や就職における物の考え方・価値観を知りたい、と、以下のようなテーマを出す所も少なくありません。「学生時代の思い出」や「家族について」なども、就職という大きなテーマに組み込める身近な話題ではありますが考えがまとまっていないと企業が求めるような内容の作文に仕上げることが困難になります。

就職の作文は事前の対策が肝心

今回の記事は、作文の書き方や書き出し、そのテーマなどを通して就職の作文について触れてみました。 就職の試験における作文は、学校の作文とは手順や書き方が似て非なるものですが、その勝手と難易度は大きく違います。そして、学校のように事前に主題が提示されたり、宿題として出して家で仕上げることはできず、試験で直接出され、何の準備も対策もできないまま、ぶっつけ本番で挑むこともありえます。 しかし、この記事に書かれていることのように、作文の書き方やルールと、試験で出されるテーマなどを理解し、事前にできる限りの予習や準備をしておけば、ぶっつけ本番で混乱することはなくなります。 皆さんも就職の試験で作文が出るようなことがあったら、もしくはそれを経験したら、この記事を参考にしてみてください。そして、就職の作文もまた、面接と同じように選考の一環でありますので、その上でそれを心して臨むようにしてください。

就活のプロによる個別サポート【キャリアパーク】

就活に関する情報収集は「キャリアパーク」を活用するといいでしょう。 模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談も可能です。 ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 「キャリアパーク」を使って、他の人と情報で差をつけましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング