IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の学歴欄での「私立」の書き方|学校名/学部名が変わった場合

書類選考・ES

履歴書の学歴欄に記載する学校名の前に、私立と書かれていると履歴書を丁寧に書いている、という印象を受けます。履歴書は就職を目指す人にとって、重要な書類。その書き方で採用担当者の印象も変わります。ここでは、履歴書の記載する私立高校や大学の学歴の書き方を紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書の学歴の書き方

履歴書の重要性

履歴書は、大企業、中小企業を問わず、入社時に提出する重要な書類です。決しておろそかにはできません。採用担当者はまず履歴書を見て「この人なら会ってもいい」と思えた人と面接します。もし、履歴書が雑に書いてあっては、どんなに優秀な人物でも、書類選考で落とされてしまいます。履歴書は字が下手でも構わないので、丁寧に書かなければなりません。 履歴書で採用担当者がよく見るのは希望欄と資格欄です。しかし、そこがどんなによく書けていても、全体的に読みにくかったり、バランスが悪かったりするとそれだけでマイナスになってしまいます。履歴書に書く学歴は入学と卒業のただのリストではありません。採用担当者があなたの実力を判断する、重要な過去の経歴になります。どんな高校や大学で学んだかが、解りやすく書かれていなければなりません。

履歴書への学歴の書き方

履歴書には必ず学歴を記載します。履歴書に記載する学歴は、最終学歴の1つ前が基本になるので、高卒なら卒業した中学校の卒業から、また、大卒なら卒業した高等学校の卒業から書き始めます。具体的には、入学または卒業の、年、月、学校名、そして入学または卒業と書きます。 年は西暦と年号のどちらでも構いませんが、統一してある必要があります。そして、履歴書に記載する学校名は、たとえ同じ地域内で略名でも通じる会社に提出する場合でも、必ず正式名称を記載します。また、学科名や学部名も自分をアピールするポイントとなるので、必ず記載しましょう。

学歴 履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一 原則として最終学歴の1つ前の学歴から記入 学部・学科・コース名などを記入し、応募職種で生かせる専攻・研究テーマはさらに詳細に記入 学校名は、略さず正式名称で記入し、「高校」ではなく「高等学校」と書く

私立の高校や大学の名称

ここで注意してほしいのは、卒業した学校の正式名称が何かという点です。もし、正式名称が「学校法人〇〇学園〇〇高等学校」だった場合、その全てを書く必要はありません。この場合は「〇〇高等学校」が正しい書き方です。 なお、学校によっては難しい字を使っている場合があります。また、ひらがなやカタカナを学校名に使っている場合もあります。履歴書で書き間違いがあった場合、それだけで評価が大きく落ちてしまいます。学校名を書き間違いしないように丁寧に書きましょう。

履歴書に書く学歴で私立の場合の注意点

学歴に「私立」を付けるのがいい

ネットで検索すると、私立高校や私立大学を履歴書の学歴欄に記載する場合は、学校名の前に「私立」を付けるように、という記事をよく見かけます。「私立」を必ず付けなければならない、ということはありませんが、読む人への印象をよくするために、付けたほうがいいでしょう。 県外に就職する場合など、地元では有名な私立高校だとしても、採用担当者はよく知らないかもしれません。高校の名前によっては、県立か私立かが解り難い場合もよくあります。面接で聞かれたら答えればいいことですが、履歴書に「私立」を書いておけば、履歴書を丁寧に書いていると思われて採用担当者の印象が良くなります。 また、土地によっては高校の名前に特徴があり、それを知らない県外の採用担当者からすると、県立や私立か解り難い場合があります。また、大学もいかにも公的な名前のように見えて、実は私立大学というのもあります。次から私立を付けた方がいい、という例を紹介します。

「私立」を付けるといい例1

地域によっては、高校の名前に「地名」+「方角」の組み合わせを使っている場合があります。中には、方角によって県立だったり私立だったりして、紛らわしいことも。例えば山形県鶴岡市にある高校には、県立の進学校で有名な鶴岡南、以前は県立の女子高だった鶴岡北、そして野球で甲子園にも出たことがある私立の鶴岡東があります。県外の人からすれば、鶴岡〇高等学校と書かれていても、どんな高校かイメージできません。もしかしたら、似たような名前の違う高校を卒業したと誤解されるかもしれません。そんな場合に、高校の名称の前に「私立」を付けると、そのような誤解を防ぐことができます。

「私立」を付けるといい例2

また、地域によっては、高校に独特の名前を付けている場合があります。地元の人ならその名前だけで県立か私立かを判断できます。しかし、そのような名前の高校を卒業して違う県に就職する場合、採用担当者にはそれが県立や私立か判断できないことがあります。 例えば、和歌山県和歌山市にある桐蔭高校や向陽高校は県立の進学校です。そして、同じ和歌山にある開智高校は私立の高校で、男子バレーボールの強豪校として知られています。履歴に書く場合は、「県立 桐蔭高等学校」または「私立 開智高等学校」と書くといいでしょう。

「私立」を付けるといい例3

高校には、「学校法人〇〇高校」といった名称の学校もあります。この場合も、「私立 〇〇高校」と書くのがいいでしょう。地名を使った高校で、同じ名前の県立高校があったりします。解りやすいように「私立」と書くのが読む人にはいい印象を与えます。 例えば、福島県福島市には、学校法人福島高等学校があります。また、同じ福島市には県立福島高等学校もあります。「福島高等学校」とだけ書くと、私立か県立か解らず、誤解の原因になってしまいます。ここも、「私立 福島高等学校」「県立 福島高等学校」と書きましょう。

「私立」を付けるといい例4

各都道府県に大学があり、ほぼ1つの県に1つの大学があります。しかし、県の名前が付いた大学が国立大学だとは限りません。例えば、長野県にある国立大学は、長野県松本市にある信州大学です。その一方、長野大学もあります。この大学は、長野県上田市にある私立の大学です。同じように、青森県にある国立大学は弘前大学で、弘前市にあります。一方、青森県青森市に青森大学があり、これは私立大学になります。 どちらも地元の人ならよく知っていることかもしれません。しかし、遠くに就職する場合は、県の名前が付いているのだから国立大学と誤解するかもしれません。履歴書には、「私立 長野大学」や「私立 青森大学」と書きましょう。同じように地名を使っている大学はたくさんあります。履歴書に書く場合は、「国立」か「私立」が解るようにしていくと、採用担当者の印象も上がります。

学校名の書き方で注意したい点

学校名が変わった場合の書き方

在学中や卒業した後に学校の名前が変わってしまうこともあります。県立高校でも学校の統廃合で名前が変わるケースがありますし、私立高校では経営者が変わったり、新しい学科を新設するのと同時にイメージを一新するために名称を変える、ということもあります。では、名称が変わってしまった場合、履歴書の学歴にはどう書けばいいのでしょうか。 履歴書の学歴には、入学した時点の学校名、および、卒業した時点の学校名を記載します。そして、学校名の後ろに、カッコ書きで今の学校名を追加して、「当時の学校名 (現 今の学校名)」と書きます。例えば、「私立 〇〇高等学校」から「私立 **高等学校」に変わった場合は、「私立 〇〇高等学校(現 **高等学校」と書きます。

学科や学部が無くなった場合の書き方

また、学校の名前に変更がなくても、学科や学部の名称が変わったり、無くなったりすることもあります。その場合、履歴所の学歴には、入学した時点の学科や学部、卒業した時点の学科や学部を記載します。仮に、就職を申し込みした企業から、高校や大学を卒業した証の提示を求められたとします。卒業証書や学校で発行してもえる卒業証明書は、卒業した当時の学科や学部名が記載されています。事前に提出した履歴書の学歴と卒業証明書の学科や学部が違っていたら、その会社から信頼されず、不採用になるかもしれません。 また、学科や学部については、変更があったからと言って、(現 〇〇学科)などと書く必要はありません。あなたが学んだのは以前の学科、学部であって、今の学科や学部ではありません。名称が違っていても、あなたの経歴には関係ないことです。

担当者の読みやすさを追求しよう

履歴書に私立の高校や大学の学歴を記載する場合の書き方の紹介でした。いかがだったでしょうか。履歴書をうまく書くコツは、読んでくれる採用担当者にとって解りやすく書くことです。卒業した高校や大学が私立だった場合、履歴書の学歴欄に「私立」と追加するだけでも、読む人には解りやすくなります。簡単なことなので、ぜひ、実践して就職を成功させましょう。

関連タグ

アクセスランキング