IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の学歴欄での「私立」の書き方|学校名/学部名が変わった場合

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

履歴書の学歴欄に記載する学校名の前に、私立と書かれていると履歴書を丁寧に書いている、という印象を受けます。履歴書は就職を目指す人にとって、重要な書類。その書き方で採用担当者の印象も変わります。ここでは、履歴書の記載する私立高校や大学の学歴の書き方を紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書の学歴の書き方

履歴書の重要性

履歴書は、大企業、中小企業を問わず、入社時に提出する重要な書類です。決しておろそかにはできません。採用担当者はまず履歴書を見て「この人なら会ってもいい」と思えた人と面接します。もし、履歴書が雑に書いてあっては、どんなに優秀な人物でも、書類選考で落とされてしまいます。履歴書は字が下手でも構わないので、丁寧に書かなければなりません。 履歴書で採用担当者がよく見るのは希望欄と資格欄です。しかし、そこがどんなによく書けていても、全体的に読みにくかったり、バランスが悪かったりするとそれだけでマイナスになってしまいます。履歴書に書く学歴は入学と卒業のただのリストではありません。採用担当者があなたの実力を判断する、重要な過去の経歴になります。どんな高校や大学で学んだかが、解りやすく書かれていなければなりません。

履歴書への学歴の書き方

履歴書には必ず学歴を記載します。履歴書に記載する学歴は、最終学歴の1つ前が基本になるので、高卒なら卒業した中学校の卒業から、また、大卒なら卒業した高等学校の卒業から書き始めます。具体的には、入学または卒業の、年、月、学校名、そして入学または卒業と書きます。 年は西暦と年号のどちらでも構いませんが、統一してある必要があります。そして、履歴書に記載する学校名は、たとえ同じ地域内で略名でも通じる会社に提出する場合でも、必ず正式名称を記載します。また、学科名や学部名も自分をアピールするポイントとなるので、必ず記載しましょう。

学歴 履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一 原則として最終学歴の1つ前の学歴から記入 学部・学科・コース名などを記入し、応募職種で生かせる専攻・研究テーマはさらに詳細に記入 学校名は、略さず正式名称で記入し、「高校」ではなく「高等学校」と書く

私立の高校や大学の名称

ここで注意してほしいのは、卒業した学校の正式名称が何かという点です。もし、正式名称が「学校法人〇〇学園〇〇高等学校」だった場合、その全てを書く必要はありません。この場合は「〇〇高等学校」が正しい書き方です。 なお、学校によっては難しい字を使っている場合があります。また、ひらがなやカタカナを学校名に使っている場合もあります。履歴書で書き間違いがあった場合、それだけで評価が大きく落ちてしまいます。学校名を書き間違いしないように丁寧に書きましょう。

履歴書に書く学歴で私立の場合の注意点

学歴に「私立」を付けるのがいい

初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング