IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初任給でのプレゼントと予算相場|家族・父・母・祖父・祖母

初回公開日:2017年05月30日

更新日:2021年06月11日

記載されている内容は2017年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

家族には、自分が社会人になり初任給を貰うまで育ててくれた感謝の気持ちを伝えたいことから、家族全員を対象とした場合のプレゼントでは、「いつもとは違う格別の時間を一緒に過ごす事」をプレゼントすることがお勧めです。初任給でのプレゼントを対象別にも考えていきましょう。

初任給でプレゼント

初任給でプレゼント
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

初任給でプレゼントを把握して初めて使う給料のありがたみを自分でも実感することは、今後社会で生きていくためには宝物になります。辛い時も初心を忘れず前向きになれることもある上、産んでくれた両親や育ててくれた家族にも、普段言えなかった感謝の気持ちを形で伝えられる良い思い出ともなります。 初任給でのプレゼントは大変貴重です。プレゼント選びにも慎重になりますので、プレゼントにな物を、家族の気持ちになって考えて行きましょう。

初任給とは

初任給を貰ったらプレゼントを考える方は多数います。初任給とは社会人として労働し初めて会社から頂く給与のことを言います。詳細を説明すると(基本給+手当+通勤費)-(社会保険+所得税)=手取り給与となり、これを社会人として初めて会社から頂戴するものが「初任給」となります。 したがって、初任給は生涯で1度限りになります。転職をした後の会社から貰う初めての給与は「初任給」とは言わずに「初給料」となり意味合いが異なります。 学生を経て社会に出てから、一人前に収入を手にするまでには親から養ってもらう事が一般的であることから、初任給では、親に育てて貰ったことの感謝の気持ちを表すために社会人初の大イベントになっており、一度限りのプレゼントになる為に慎重であり、その際のプレゼント内容に悩むことが多いのです。

給与の締日

初任給は、社会に出て働き初めての給料日であることから、初任給でプレゼントを贈るタイミングは初の給料日後になります。給与の締日が会社によって異なる為に給料日は断定的ではなく、プレゼントを贈るタイミングには個人差があります。 大よそで考えてみると、4月1日から働いた場合で給与の勤怠締日が月末だとすると、初めての給料日が推測されるのは、4月末日・5月10日・5月15日・5月20日・5月25日・5月末日となります。

初任給でのプレゼントは6月末まで贈るのが自然

初めての給料日の後であり尚且つ、母の日・父の日の間となる日程を考えると、5月20日・5月25日・5月末日・6月10日あたりが初任給でプレゼントを贈るタイミングに最適だと言えます。 しかし、現実には初めての給与が締日の関係で金額が少ない事もなくもない為に、ある程度自分の生活にゆとりが出てからの方が「親として、安心してプレゼントが貰えるタイミング」とも言えます。 あとは自分のこだわりなので自立を前提にし金銭的ゆとりを持った日程を計画することが大事です。夏には「賞与」が貰える場合を含んで考えると、遅くとも6月末までには初任給でプレゼントを贈られることが自然です。

初任給で家族にプレゼントを贈る

初任給で家族にプレゼントを贈る
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

初任給でのプレゼントは、対象を一人ひとりにするか家族にするかでも準備するプレゼントが違ってきます。家族を対象にした時には、家族全員が家の中で目にするものや使用するものが良いでしょう。家族または、家族の一人ひとりを対象にしたプレゼントを考えていきましょう。 初任給で準備できる予算の範囲内であることと、相手に喜んでもらいたい事を重点において贈り物の予算詳細やプレゼントのその後をあげていきますので、予算を計算しながら考えてみてください。

家族全員へのプレゼントを考えよう

初任給で家族全員を対象にしたプレゼントを考える場合には、家族全員が等しく喜びを感じられるプレゼントが良いでしょう。もしも自分が上京していたり、研修や残業、シフトの時間帯など問題で就職前とは生活スタイルがガラッと変わり家族全員と一緒に過ごせる時間が減ったりコミュニケーションが少なくなっているとしたら、家族も心配しているでしょう。 自分以上に家族のみんなは勤め先の環境や体調を心配していることもあるので、家族の為に一緒に過ごせる時間を作り家族行事を企てましょう。家族全員で食事や旅行に連れて行ってあげることは思い出になりとても喜ばれます。

初任給での家族へのプレゼントには一緒に過ごす時間を贈ろう

家族への形に残るプレゼントとしては、毎日使うトイレに飾れる置物、壁掛け、時計など家の中で考えると家族がいつも傍にいるように感じられるためお勧めと言えるでしょう。 しかし、人生のイベントで感謝の気持ちを全員に伝えられるタイミングもそうそうないので、あえて手紙を書くことも良いでしょう。家族行事の思い出と共に、家族への日頃の感謝の気持ちを初任給で形に残すことが出来ます。

初任給で父にプレゼントを贈る場合

初任給で父にプレゼントを贈る場合
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

初任給でのプレゼントですが、父は日頃から家族を養うことが日常なのでそんな当たり前のことに感謝されたら嬉しいことでしょう。父の日でもそれは可能ですが、バレンタインデーにチョコレートのプレゼントが連想されるように、父の日にもプレゼントが昨今では主流となってきている為に、贈られる側も構えてしまいがちです。

関連タグ

アクセスランキング