IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初任給でのおすすめプレゼントと予算相場|家族・父・母・祖父・祖母

ライフスタイル

家族には、自分が社会人になり初任給を貰うまで育ててくれた感謝の気持ちを伝えたいことから、家族全員を対象とした場合のプレゼントでは、「いつもとは違う格別の時間を一緒に過ごす事」をプレゼントすることがお勧めです。初任給でのプレゼントを対象別にも考えていきましょう。

更新日時:

初任給でおすすめのプレゼント

初任給でおすすめのプレゼントを把握して初めて使う給料のありがたみを自分でも実感することは、今後社会で生きていくためには宝物になります。辛い時も初心を忘れず前向きになれることもある上、産んでくれた両親や育ててくれた家族にも、普段言えなかった感謝の気持ちを形で伝えられる良い思い出ともなります。 初任給でのプレゼントは大変貴重です。プレゼント選びにも慎重になりますので、プレゼントにおすすめな物を、家族の気持ちになって考えて行きましょう。

初任給とは

初任給を貰ったらプレゼントを考える方は多数います。初任給とは社会人として労働し初めて会社から頂く給与のことを言います。詳細を説明すると(基本給+手当+通勤費)-(社会保険+所得税)=手取り給与となり、これを社会人として初めて会社から頂戴するものが「初任給」となります。 したがって、初任給は生涯で1度限りになります。転職をした後の会社から貰う初めての給与は「初任給」とは言わずに「初給料」となり意味合いが異なります。 学生を経て社会に出てから、一人前に収入を手にするまでには親から養ってもらう事が一般的であることから、初任給では、親に育てて貰ったことの感謝の気持ちを表すために社会人初の大イベントになっており、一度限りのプレゼントになる為に慎重であり、その際のプレゼント内容に悩むことが多いのです。

給与の締日

初任給は、社会に出て働き初めての給料日であることから、初任給でプレゼントを贈るタイミングは初の給料日後になります。給与の締日が会社によって異なる為に給料日は断定的ではなく、プレゼントを贈るタイミングには個人差があります。 大よそで考えてみると、4月1日から働いた場合で給与の勤怠締日が月末だとすると、初めての給料日が推測されるのは、4月末日・5月10日・5月15日・5月20日・5月25日・5月末日となります。

初任給でのプレゼントは6月末まで贈るのが自然

初めての給料日の後であり尚且つ、母の日・父の日の間となる日程を考えると、5月20日・5月25日・5月末日・6月10日あたりが初任給でプレゼントを贈るタイミングに最適だと言えます。 しかし、現実には初めての給与が締日の関係で金額が少ない事もなくもない為に、ある程度自分の生活にゆとりが出てからの方が「親として、安心してプレゼントが貰えるタイミング」とも言えます。 あとは自分のこだわりなので自立を前提にし金銭的ゆとりを持った日程を計画することが大事です。夏には「賞与」が貰える場合を含んで考えると、遅くとも6月末までには初任給でプレゼントを贈られることが自然です。

初任給で家族にプレゼントを贈る

初任給でのプレゼントは、対象を一人ひとりにするか家族にするかでも準備するプレゼントが違ってきます。家族を対象にした時には、家族全員が家の中で目にするものや使用するものが良いでしょう。家族または、家族の一人ひとりを対象にしたプレゼントを考えていきましょう。 初任給で準備できる予算の範囲内であることと、相手に喜んでもらいたい事を重点において贈り物の予算詳細やプレゼントのその後をあげていきますので、予算を計算しながら考えてみてください。

家族全員へのプレゼントを考えよう

初任給で家族全員を対象にしたプレゼントを考える場合には、家族全員が等しく喜びを感じられるプレゼントが良いでしょう。もしも自分が上京していたり、研修や残業、シフトの時間帯など問題で就職前とは生活スタイルがガラッと変わり家族全員と一緒に過ごせる時間が減ったりコミュニケーションが少なくなっているとしたら、家族も心配しているでしょう。 自分以上に家族のみんなは勤め先の環境や体調を心配をしていることもあるので、家族の為に一緒に過ごせる時間を作り家族行事を企てましょう。家族全員で食事や旅行に連れて行ってあげることは思い出になりとても喜ばれます。

初任給での家族へのプレゼントには一緒に過ごす時間を贈ろう

家族への形に残るプレゼントとしては、毎日使うトイレに飾れる置物、壁掛け、時計など家の中で考えると家族がいつも傍にいるように感じられるためお勧めと言えるでしょう。 しかし、人生のイベントで感謝の気持ちを全員に伝えられるタイミングもそうそうないので、あえて手紙を書くことも良いでしょう。家族行事の思い出と共に、家族への日頃の感謝の気持ちを初任給で形に残すことが出来ます。

初任給で父にプレゼントを贈る場合

初任給でのプレゼントですが、父は日頃から家族を養うことが日常なのでそんな当たり前のことに感謝されたら嬉しいことでしょう。父の日でもそれは可能ですが、バレンタインデーにチョコレートのプレゼントが連想されるように、父の日にもプレゼントが昨今では主流となってきている為に、贈られる側も構えてしまいがちです。

父は社会人の大先輩という認識で挑もう

だからこそ、父親への初任給でのプレゼントでは、「社会人の新人から社会人の大先輩である父への労いの意味」を込めてのプレゼントが喜ばれると考えられます。普段仕事で使用する身近な文具やカバン、水筒などが良いでしょう。 毎日仕事へ持っていくものは毎日使用している為にその消耗に気が付かないことが多いです。消耗している事を案ずる気持ちが感謝へ繋がる為喜ばれます。父へ初任給でのプレゼントには、「仕事へ行く際に頻繁に使用するような肌に近いもの」が良いでしょう。

初任給だからこそ父へは普段使いの身近なものが良い

父は、社会で働くことの苦労も誰より経験しており、辛い時には頼って欲しいと思っていてもお互いに口に出すことも難しい事が想像されます。初任給であることの重みを父への贈り物で感謝の気持ちと一緒に尊敬の気持ちを伝えると嬉しいでしょう。 父への初任給でのプレゼントでは、これからも「社会人の大先輩としてよろしくお願いします」の意味合いを含むもの、普段使いの身近な物が選べると良いでしょう。梱包の前にこっそりパスケースに家族写真を入れてからプレゼントラッピングをする事や小銭入れ、晩酌セットも良いでしょう。

初任給で母にプレゼントを贈る場合

初任給で母にプレゼントするときには時期的なものが問題としてあげられます。育てて貰った感謝の気持ちを伝えたいのですが、それには「母の日」があるからです。母の日は5月半ばである事と、初任給を貰うタイミングが同じころである事です。 母の日にプレゼントを贈るにはお花が一般的な風習としてありますので、母の日とは区別した贈り方なら貰う方も納得がいくはずです。母の日は毎年ありますが、初任給でのプレゼントは生涯で一度きりです。その点に重点を置くと金額設定も見えてきます。

母の日でのプレゼントと金額

母の日でプレゼントに多いのはお花です。母の日の印象としてはカーネーションが定番ですが最近では青いカーネーションという品種もあるようです。お花に色を加えたものですが珍しさと月のような包み込む華麗さがお勧めするポイントです。青いカーネーションの魅力は、奥深い清らかさ・ミステリアスな雰囲気・月の光の様などという表現で売られていることが多いです。 毎年の母の日なのでそれほど金額をかけられませんので意外性をプレゼントとすることは得策と言えます。その上、母の日の赤いカーネーションという定番とのギャップでプレゼントに意外性が加わり喜ばれます。しかも、母の日にお墓参りをする方も多くなっています。お墓参りには赤いカーネーションよりも青いシックなカーネーションの方が偲ぶ思いをのせやすい点から、お墓参りの定番になりそうです。

初任給での母へのプレゼントと母の日の金額の違い

母の日のカーネーションは500円程で用意できることが多いので毎年贈ることも可能です。鉢植えでも1,000円あるとボリュームがあるお花を贈ることも出来たり、多年草なら年を追うごとにお花の数をたくさんにすることも可能です。 しかし、初任給での母へのプレゼントは一度限りである為、少し奮発しても良いでしょう。初任給で母へのプレゼントの金額は5,000円から10,000円が妥当です。初任給はおおよそ13万円~20万円ほどが推測され多くない為にあまりの高額をプレゼントに費やしてしまうと母は特に心配してしまうからです。 その為、「父・母ともに親へのプレゼントの相場は共に初任給の1割」で考えましょう。

初任給で祖母にプレゼントを贈る場合

祖母へプレゼントを贈る機会も少ないことから、祖母にはプレゼントを贈るだけでも大変喜ばれます。両親がいるのも祖父母のおかげであることから、初任給でプレゼントを贈りたいと考えるとともに、祖父母をメインに日頃の感謝の気持ちを伝えられることが一番望ましいとも言えます。 父の日・母の日・バレンタインデー・ホワイトデー・クリスマス・正月・お盆と年間の家族で過ごせるような行事を見ても、祖父母へのプレゼントが発生するイベントがないからです。

祖母への初任給でのプレゼントは時間

勿論、お墓参りは行いますが生前から祖父母へ感謝の気持ちを直接伝えたいと思うためです。 祖母への感謝の気持ちを伝えるには高額なものよりも、幼いころのように一緒に過ごす時間がお勧めです。一人で出かける事も少なくなる年齢層なら公園で一緒にお弁当を広げるようなピクニックもお勧めです。このような考えでは、祖母へのプレゼントは3,000円から5,000円が妥当と言えます。

祖母への金額は少額でも十分

祖母と一緒に出掛ける際にお弁当を自分で作ってあげることや、そのまんま靴屋へ連れて行って試し履きをしてもらって買い物を一緒にするなども良いでしょう。普段は大人になりすっかり甘えることも少なくなってしまった孫とのひと時は、それはそれは楽しいもので大変喜ばれるでしょう。 祖母への初任給でのプレゼントを形に残すには、日々暮らしの中で長く使ってもらうことが出来、今にも必要とする欲しがっている物や普段使いの座布団や座椅子、ひじ掛けなど高齢になるにつれて、生活の中であったら嬉しい茶の間グッズや靴がお勧めと言えます。 高齢になるにつれて靴は年々サイズが小さくなる方も多いので一緒に出掛けて実際に履いて見てもらい安全性や履き心地に特化したものを選んであげると良いでしょう。

初任給で祖父にプレゼントを贈る場合

祖父へのプレゼントは父への延長だと捉えると決めやすいでしょう。祖父は一家の大黒柱として長年家族を養ってきた長です。祖父への長年の感謝と、後継できるような年になり社会人として働き始めることができた気持ちを伝えると喜ばれることでしょう。 祖父とのコミュニケーションを持てるような晩酌グッズや自分と父と3人でお揃いのグラスなども良いでしょう。大黒柱にあたる祖父の場合には、金額的には少々高額でも良いと言えます。5,000円~15,000円で考えると妥当と考えられます。

祖父が好む趣味を探ろう

特に退職された祖父や、時間的にゆとりも持てる年代であることから趣味をお持ちの祖父は多いと考えられます。休日に出かけている場所や、持ち物、行動パターンから祖父の趣味を探ることが必要です。一家のなかでは重鎮に当たる為に、日頃疎遠になりがちならば今一度祖父をよく観察しましょう。趣味におけるプレゼントであればこだわりもあるので金額は高めと言えます。 しかし、趣味をわかっている気持ちが伝わる事が祖父への労わりや日頃の感謝になる事から、祖父への初任給でのプレゼントには少々こだわりの逸品であることと、一緒に過ごせる時間が想像される物が良いと言えます。

祖父との時間をダイニングで過ごすか茶の間で過ごすかを決める

祖父がもし晩酌をする方ならダイニングや茶の間で一人になって過ごしている時間が多い事が窺がえます。仕事帰りや家族団らんの後の一人の時間にたまに一緒に過ごすためのきっかけとしてお揃いの晩酌グラスや湯呑があると親近感が強まり、コミュニケーションを取りたいときの良いネタになります。 祖父の年になるとお揃いの物を使用する事も激減する為孫とお揃いのグッズを持つことに孤独を忘れ喜びを感じてもらえることが想像できます。祖父と普段会話をしないようなら思い切って共通の趣味を持つことも良いでしょう。

祖父は一家の大黒柱

祖父がなるべくしてなった大黒柱と、家族に置いての位置にいずれは自分もなりたい思いを共通のものでアピールしましょう。威厳を保つ為祖父は案外孤独を感じがちです。 人生の大先輩として老後の自分の為にも祖父との共通を持ち時間を共有する事はとても必要なことです。祖父には言葉よりも物や態度で感謝を示し続けられる物を選ぶようにしましょう。祖父から社会人として認められたい思いと、家庭を支える大人としての心構えや後継者としての準備が出来たことを伝えると良いでしょう。

予算の相場

初任給でプレゼントを家族一人一人に贈る場合や、家族全員にプレゼントを一括で行う場合の予算の相場を具体例をあげて見ていきます。初任給の1割程度であることを目安に考えてみましょう。

予算500円×家族人数分 (家族に送ると考えた場合)

毎日使うお箸・スプーン・食器・ハンカチ・コップ・マグカップなどです。その他普段は食べないようなスイーツもお勧めです。切り分けてあるケーキ・お菓子などがあげられます。他にも、手帳やノートなど記念を綴って於ける紙媒体も良いでしょう。 500円×8人家族なら4,000円(税別)になります。

予算1,000円×家族人数分 (家族に送ると考えた場合)

予算が1,000円の場合でも予算500円の場合の延長と考えて良いでしょう。普段使いのものでも、ちょっとしたブランドの物では単価が1,000円でも買うには安い方だからです。 暑くなるこれからの季節に熱中症対策グッズなら家族全員への労わりを感じられる上に、季節的にも商品を選びやすいでしょう。水分補給に最適な手軽に持てる水筒も1,000円位の予算から売ってあります。 お弁当箱・水筒・お弁当風呂敷・ハンカチ・ボールペン・コップ・グラス・食器・タオルなどが考えられます。予算1,000円では、毎日使用できる実用的な物が良いでしょう。 1,000円×8人家族なら8,000円(税別)になり個々に家族を対象とし同じものを贈る場合の上限がこの程度と考えましょう。

予算2,000円×家族人数分 (家族に送ると考えた場合)

外食で2,000円予算で出来る食事を見ていきます。2,000円の食事を普段は全員で取っても全体で20,000円あると良いでしょう。 ・お寿司200円皿なら10枚ずつの計算ですが枚数を気にかけてしまうのでお勧め度は低めです。勿論、全体額を決めて納得の計算ならかしこまり過ぎず行きやすい食事です。 ・セットランチなら2,000円程でデザートも付く場合が多いのでお得感もあります。 ・和定食なら2,000円前後であることが多いです。割烹や料亭を予約することにも特別感がある為に祖父母を含む場合にはお勧めの食事と言えます。

2,000円でも豪華な食事

・うなぎ丼ぶりなら、出前も多いので足腰が不自由になった高齢でも、うなぎなら祖父母の為に在宅で高級な食事を全員で楽しむことが出来ます。 ・自宅でお寿司を囲むのも良いでしょう。配達のお寿司でも2,000円を一人頭にしても食べきれないほどの量です。質にこだわることも出来るのでお寿司を自宅でみんなで食べる事はお勧めです。

お酒を交える

・居酒屋なら、一人2,000円程度で考えると焼き鳥屋がおすすめです。焼き鳥にビールで家族で乾杯することが夢のお父さんは一般的に多いと考えられるからです。 ・ステーキなら2,000円ランチもある為豪華な食事をプレゼントすることが可能です。ステーキの持つ高級イメージと初任給であることの記念を掛け合わせてお得な昼がおすすめです。 一人当たり2,000円の食事で8人家族の場合16,000円(税別)となります。20,000円の予算なら初任給としては少し高めではありますが、丁度よい記念日感が家族全員で味わうことが可能です。

ホームパーティーを企画することも良い

予算が一人2,000円からで計算できれば、ホームパーティーなら高級食材を用いた食事や焼き肉パーティーのようなホームパーティーを考えることも出来ます。酒屋で貸出しているビアサーバーを用いたり、安くてもワインを一緒にテーブルに添えたり、ホールのケーキも用意できます。食事を手造りしてあげることも可能です。感謝の気持ちを伝えるために食べ物で家族と過ごす楽しい時間はお勧めです。

小さくても形で残るものも一緒に準備したい

食事をお祝いに贈る場合には、小さくても手元に形として残る数百円の物を個別に渡すことが良いでしょう。後で家族の励みに繋がる為です。 ガーデンパーティーや手巻きずしパーティーも華やかですが予算は2,000円でも十分な品質で開催することが出来ます。思い出としては最高ですがせっかくの人生一度きりの大イベントなので小さくても形に残る物を準備したいです。パーティーで使用するシャンパングラスやワイングラス、ガラス製の酒の杯なども良いでしょう。

普段の仕事ぶりを垣間見せられる初任給パーティーというイベントの企画

ホームパーティーでは、社会人らしくチラシを作成して招待する様な形を取ることも家族内なら可能です。企画やプレゼンみたいなものを家庭で自ら体験できるので会社での幹事抜擢にも焦らず予習することが出来ます。 普段の会社での仕事ぶりも垣間見せることが出来るため家族は頼もしく感じてくれることが想像されます。自分の段取り向上の為にもパーティーの企画運営はお勧めと考えられ、このように経験が出来る内容にすることは、新社会人だからこそホームパーティーの企画は初任給でのお祝いに最適と言えます。

父への相場と内容

予算が1,000円~10,000円の場合 ・シャーペン ・手帳 ・靴ベラ ・ネクタイ ・二人でラーメン ・ハンカチ ・鏡 ・フレーム ・晩酌のつまみ(乾き物や瓶詰など) ・記念ラベルの焼酎やワインなどのお酒類 ・弁当箱 ・水筒 ・保冷水筒 ・ビアグラス ・焼酎グラス ・晩酌セット ・小銭入れ ・キーホルダー ・パスケース ・ベルト ・万年筆 ・眼鏡ケース ・ボールペン ・二人で焼き鳥屋

母への相場と内容

予算が1,000円から10,000円の場合 ・鉢植えの花 ・ジョーロ ・カップ&ソーサー ・紅茶セット ・コーヒー豆 ・コーヒーセット ・コンパクト ・口紅 ・化粧ポーチ ・ハンカチ ・風呂敷 ・手ぬぐい ・扇子 ・浴衣かんざし ・ヘアブラシ ・手鏡 ・メークブラシセット ・傘 ・ポーチ ・ショッピングバッグ・リュック ・ストール ・イヤリング ・ピアス ・腕時計 ・天然石のブレスレット

祖父への相場と内容

予算が3,000円から10,000円の場合 ・湯呑 ・杯 ・箸 ・陶芸置物 ・座布団 ・座椅子 ・ひじ置き ・肌掛けタオルケット ・浴衣 ・帯 ・草履 ・帽子 ・ガウン ・晩酌セット ・セカンドバック ・眼鏡ケース ・ルーペ ・入れ歯ケース ・剪定ばさみ ・園芸用品

祖母への相場と内容

予算が1,000円から5,000円の場合 ・靴 ・草履 ・ナップサック ・手ぬぐい ・エプロン ・手づかみ ・スリッパ ・突っ掛けサンダル ・ショルダーバッグ ・湯呑 ・お菓子入れの大きめな器 ・まな板 ・鍋 ・ザルやボウルのキッチン便利グッズ ・座布団 ・昼寝布団 ・ひざ掛け ・カーディガン ・財布 ・ガラスの蓋つき小物入れ ・リュックサック ・タオル ・ハンカチ ・浴衣 ・かんざし ・口紅

兄弟への相場と内容

予算が500円から5,000円の場合 ・本 ・シャーペン ・ノート ・筆箱 ・アクセサリーケース ・アクセサリー ・水筒 ・弁当箱 ・貯金箱 ・お菓子 ・飲み物 ・キーホルダー ・ペン立て ・ブックカバー ・Tシャツ ・タオル ・クッション

初任給でのプレゼントで食べ物の場合

初任給では一か月社会人として働いたお疲れさまの会を食事に連れていく事は家族からの期待も大きいと言えます。普段は節約を考えて生活してきた子育て時代を経ての社会人であるために、好きなものを家族みんなで食べられる事に喜びを感じるからです。 食事に連れて行ってもらいたい場合の考えには、普段の節約の他にも社会人になって帰りが遅くなる事もある為に全員揃っての外食の機会がなくなるからです。一緒に食事を取る際に普段の会社での話をみんなでしたいことが求められる理由にあげられます。

1,000円から2,000円で連れて行ってもらいたい食事

「ケーキ屋」さんでケーキセットなら1,000円程度です。カフェでもスイーツを1,000円程で食べることが出来ます。会話を楽しみたい家族の場合にはこういったところで会社の話をしながらみんなでゆっくりと休日を過ごすこともお勧めです。 「ラーメン屋」さんで単品のラーメンなら1,000円程度から予算が組めます。中華料理店でも単品なら1,000円程度であるため、家族全員分をごちそうすることもお勧めです。1杯800円のラーメンでも、8人で行けば6,400円(税別)も出費が掛かるからです。 外食を連れて行ってもらいたい家族が多くても「全員での外食では10,000円から20,000円の範囲内で収まる計算」をして店舗も自分が決めて出かける方が無難です。

1,000円から2,000円ならレジャーもあり

美術館や遊園地などのレジャー施設であれば入場料に1,000円から2,000円程度の場所もある為、レジャーを楽しむ時間と入場料の負担を買って出ることも頼もしく感じられます。 動物園・水族館・遊園地・美術館・庭園・山・釣り掘り・アスレチックなどがあげられます。家族と一緒に幼いころを思い出して無邪気に遊ぶことも良い思い出になり、その時の楽しかった瞬間を写真にして取っておくことも出来ます。 ピクニックに家族全員で出かけることも良いでしょう。家族は年齢層が幅広いために休める空間を保てる企画で出かけることが必要です。レジャーに出かける事は、予算についても思い出のプレゼントとしては最適だと考えられます。

3,000円から30,000円位での贈り物の捉え方

初任給で家族へのプレゼントでは、贈る内容について考えてきましたが、初任給は高い金額は見込めないことや、プレゼントを行う時期についての検討も必要であることが理解出来ました。高くない初任給からプレゼント費用を捻出することに策を上げてきましたが、逆の発想もありだと考えられ、それは一般的にプレゼントする場合の相場であることも窺がえます。 普段の誕生日は、年に1度である事は当然ですがプレゼントの内容には、比較的高価なものが想像されます。財布・指輪・ネックレス・ブランド品には安価なものはありません。毎年準備する誕生日プレゼントでは花束やバースデーケーキも約3,000円からが相場であり、それにディナーが5,000円からであることと、贈り物を考えると、30,000円から50,000円を誕生日の為に費やしていることも見えてきます。 初任給でのプレゼントを考えたときの捉え方は対象が家族であることから心配させないためにも比較的安価に設定しがちです。しかし、誕生日の出費や、初任給は尊い事柄を考慮すれば親には30,000円程度の財布や旅行でも良いと考えられます。 もらう側の考え方としても、正直に高額であればあるほどその出費のありがたみも重く感じられ特別である事の表現に値する内容だと証明が付くからです。親は気持ちでいいのだと口では言いますが、安くない子供からのプレゼントには、より一層子供の成長を感じることが出来るでしょう。 どうしても実際に会うことのできない場合には宅配で届けられることが考えられるために壊れやすいものは選ばないようにしましょう。毎日使う財布なら、ガラスのように割れることはないのでその点では安心です。

初任給でのプレゼントに適する総合的な額と内容

初任給でのプレゼントについて一人ひとりを対象とした贈り方と、家族全員を対象にした贈り方を見てきました。 総合的にそれぞれの良い部分を掻い摘んで適した金額と内容をまとめてみます。 ・家族全員が新社会人であることを心配し応援している理由から、初任給で贈る対象は全員ならプレゼントに「公平性」が保てる。 ・初任給である事と公平性から考えると、家族全員を対象にプレゼントを贈る場合には「全員同じ物」で「毎日使える物」が好ましい。 ・家族全員を対象とした初任給でのプレゼントの内容は、全員同じ物であることと毎日使える物の観点から考えると、「衣食住に関わる物」が検討しやすい。 ・衣食住に関わる物で、全員が毎日使う比較的安価な予算で購入できるもので選択すると、家族全員へのプレゼントは初任給で一人に一個づつ「食器・バスグッズ・寝具・洗面用具」と考えることが出来る。 ・初任給で家族全員を対象に家族が毎日使うものを衣食住に関わる一個の物から選択すると、「炊飯器・水筒ポット・トースター・電子レンジ・冷蔵庫・ワインセラー・マッサージ器機・ドライヤー・トイレグッズ・壁掛け絵画・花瓶・掛け軸・ツボなどの置物」などが考えられる。 よって、総合的に考えたときの家族全員を対象にした時に想定される初任給でのプレゼント費用は、水筒ポット約3,000円から置物30,000円である事が初任給で贈ることのできるプレゼントの金額と内容になります。 ・

家族個別を対象とした場合の金額一覧

・父へ1,000円から10,000円…仕事で使える文具から二人の焼き鳥屋会計まで ・母へ1,000円から10,000円…家庭で育てられる鉢植えからアクセサリーまで ・祖父へ3,000円から10,000円…湯呑から浴衣のグッズまで ・祖母へ1,000円から10,000円…湯呑からエプロンまで ・兄弟へ500円から5,000円…文房具からTシャツまで

家族へ食事を送る場合

・一人2,000円予算でホームパーティー 寿司/焼肉/バーベキュー/手巻きずし/ピッツア/うなぎ ・一人1,000円予算でプチ外食 ラーメン/カフェ/ケーキ/甘味処/ファミレス ・一人3,000円予算で外食 焼肉食べ放題/回転すし/カレー屋/イタリアンビュッフェ/焼き鳥屋 ・一人5,000円予算で外食 料亭コース/洋食コース/カウンター寿司/うなぎ

食事と合わせたい少額グッズ

・100円 手紙またはポストカードなどを作成 ・300円 100円と同じ/手作りブックマーク ・500円から1,000円 箸/湯呑/食器/グラス/盆栽/鉢植え

思い出作りをしよう!

家族へ食事のプレゼントでは少額でも形に残る物を一緒に贈り思い出を形で残せるように心配りをしましょう。親へ初任給の1割すべてを使い、旅行や飲み会の開催、財布などを贈ることも子供の成長が感じられるためおすすめと言えます。初任給での家族へのプレゼントでは、「一緒に過ごす時間のプレゼント」で喜びに繋がります。物だけ配送する場合には「手紙や電話」での言葉を用いることで気持ちが伝わりやすくなります。

関連タグ

アクセスランキング