IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パソコンを持っていない場合の職務経歴書の書き方・注意点・ツール

書類選考

職務経歴書を書こうとしたときにパソコンで作成したくても自前のパソコンがない場合があります。また、これに相当する出来事も起こりうるので、今回はパソコンがない場合は勿論、パソコンがある時にも職務経歴書が作成できるようにトラブル回避の方法として細かく説明します。

更新日時:

パソコンを持っていない場合の職務経歴書の書き方

パソコンがない時にも通常と同じく職務経歴書のフォーマットには特に決まりもありません。「自作」でも「履歴書の購入で同封されてある物を使用」でも本当はどういった形式でも構わないのです。昨今パソコンの利用が一般的になってきたために、職務経歴書を書くには文字数が多くなり手書きだと大変困難であることから、職務経歴書の作成ではできればの範囲でパソコンを使って作成することが便利だという理由です。

パソコンを持っていない場合の手段として手書きする事

事務の募集でパソコンが難なく使用できるレベルとあるのならば職務経歴書をwordで作成して提出した方がアピールにはなります。しかし職務経歴書はパソコンがない場合でも作成することは問題がありません。 むしろ、パソコンがない場合は文字や段組みの構成等で自作力の高さを手書きという手段で個性を主張することもできる為にフォーマットについては工夫することが必要になります。

職務経歴書を手書きする場合のフォーマット

一番用意しやすいものは、市販の履歴書に同封されてくる職務経歴書をそのまんま使用することです。しかし、職務内容で区別をしたい場合の余白の取り方や、罫線の引き方、さらには文字数が足りず用紙不足に陥ることもある為、初めから自作する事にも一理あります。 職務経歴書を作成する際には、パソコンがあっても、パソコンがない場合でも初めにはメモ書きで大まかに下書きすることで仕上がりに納得がいくものが出来ます。職務経歴書を作成するにはまず初めに「職務経歴書をメモ書きで裏紙などで下書き」することです。

パソコンがない手書きだからこそのフォーマットにしよう

下書きメモが出来たら、フリーハンドで罫線を引き枠組みを作っていきます。こうすることで読み手にどの部分に何が書いてあるのかをわかりやすく伝えることが出来るからです。 パソコンがない時こそフリーハンドで自由な枠組みに作成することで手書きの良さが職務経歴書に付随されます。パソコン使用を見慣れている採用担当が見た時のインパクトに差を与えることも出来るため人柄も伝えやすくなり書面から親近感を持ちやすいこともあります。

職務経歴書の構成を図式に配置する

職務経歴書はビジネス文書として認識する必要があり不真面目さが出てはいけませんが、四角で囲んだり、見出しに記号を足すことだけでも個性が出ます。図を丁寧に使用することで読みやすければ良いのです。 パソコンがないことが不利に向かないようにパソコンで作成した職務経歴書と見比べた時に自分が見やすいと思える構図で表を作成します。効果的かつ自分も作成しやすい書き方は枠の中に箇条書きにする形です。図形を担当した業務内容・スキル・功績に分けて一目で区分けが解るように職務経歴をまとめると良いでしょう。

パソコンを持っていない場合の注意点

職務経歴書を作成する際、パソコンなら字体や用紙の汚れにさほど気を付けなくて済みますが、パソコンがない場合には職務経歴書の字体や用紙の清潔感から人柄が見えてしまうので職務経歴書を美しく書きあげることに注意が必要です。

パソコンがない時は文字の字体と漢字の変換に気を付けよう

パソコンでは変換を押すと漢字変換がほぼ間違いなく候補で出てくるものですが手書きの場合には漢字の使い方に注意しないと誤字が生まれ、恥をかいてしますことがあります。パソコンがない場合は特に漢字の変換を辞書やスマートフォンで確認するなどして間違った漢字を使わないように下書きで確認しましょう。 職務経歴書の用紙が消しゴムで汚れることも極力避けたいです。下書きを清書とは別の物にする必要があります。特に同封の職務経歴書を使用する場合には初めからボールペンで職務経歴を書いてしまうと間違った時に訂正することが出来ないのでやめましょう。

職務経歴書の文字は特に美しく書こう

手書きでは文字の美しさが最も重要です。身だしなみを整えて面接に出かけることと同じで職務経歴書をパソコンがない為手書きで提出する場合には、文字から伝わる自分の印象を大切にする為に文字は美しく堂々と書くように心がけましょう。 手書きの職務経歴書を好む企業も中にはあります。履歴書だけではなく職務経歴書の文字から人柄を知りたい場合などです。職務経歴書は経験を書く為に、経験を想像しながら読まれることが多いので伴い文字の美しさを表現しなければ説得力に欠けてしますからです。 パソコンがないことをチャンスに捉え手書きで頼もしい人柄や説得力を与えられるように注意しましょう。

消せるボールペンは使わない

手書きでやりがちなのが、ペンで書くべき書類ををフリクションなどの消せるペンで書いてしまうことです。契約や個人に特化した内容の物、ビジネス文書では偽装があっては困ります。常識として手書きの履歴書・職務経歴書は消せないボールペンで作成しましょう。 下書きで作成するときには消せるペンでは色付けのアイデアも出やすいため使用することで自分らしく作成することができます。手書きでの職務経歴書作成の際には、用途を捉え文具選びにも注意することが重要です。

パソコンがない場合に役立つ職務経歴書作成方法

パソコンがない場合に役立つ職務経歴書の書き方をあげていきます。パソコンがないのでフリーハンドで図形を書く為に枠組みに悩みますが新聞や広告を見てみると出来事や商品ごとに区分けしてあることが見てわかります。記事のように職務経歴書を作るのではありませんがその時の見出しの大きさや記事内容の枠組みに対する文字の比率を見て参考にします。 新聞や広告はパッと見て見やすくわかりやすいものであることに重点を置いている他、PRしたいものの協調の仕方の違いに気づくことが出来ます。パソコンがない場合の職務経歴書では見やすさ、PRしたいこと、見込める効果をわかりやすく伝えるためにこれらは使用として非常に有効です。 職務経歴書作成の方法は、経歴等をメモ書きで文をまとめ、構図を決めてフォーマットに当てはめた後に、用紙に鉛筆で下書きをする。最後に鉛筆をボールペンでなぞり書きして下書きをケシゴムで用紙がしわにならないよう気を付けながら綺麗に消すことです。

パソコンがない場合に役立つ職務経歴書作成のツール

【用意するもの】

1. 新聞・広告 2. 白いコピー用紙 3. 鉛筆 4. 漢字が確認できる辞書 5. 定規 6. ケシゴム 7. 消せないインクが黒の字が美しく見えるような書きやすいボールペン 8. 色ぺん(枠や線に使用しても効果的である為)

【職務経歴書手書き作成の手順】

1. 新聞や広告を用意してフォーマットの参考にする 2. 鉛筆で経歴をメモ書きでまとめ漢字の変換に注意する 3. 構図を決めフリーハンドで図を書き、図に入れるべき伝えたい情報をメモから写す 4. 見出しの大きさや文字の配分を考えて別の用紙に下書きとして職務経歴書にしてみる 5. 定規を使い枠組みや図形を作りフォーマットを作成し伝えたい情報を区分けする 6. 鉛筆で図の中に文章を記入していく 7. 図の大きさや文字の字数のバランスを確認しながら調整する 8. 下書き用紙で完成した職務経歴書を実際に提出する用紙に鉛筆で写す 9. 鉛筆書きで完成した職務経歴書をボールペンでなぞっていく 10. 鉛筆書きをケシゴムで綺麗に消したら出来上がり

職務経歴書を作成する際にパソコンがない場合では、手書きによる作成で人柄をアピールすることが可能なために、手書きを求める企業もあります。 パソコンがない状況で手書きを強いられる状況あっても自信をもって作成して良いのです。パソコンがないなりの柔軟な対応が取れることは社会においても必要な経験です。手書きで評価される文字の美しさは就職が決まった後も注意する様にしましょう。 もしも、パソコンがないけど手書きも自信がなくどうしてもパソコンを使いたい場合には大手全国展開しているようなネットカフェを利用することも得策です。店舗によってはwordが入っていないパソコンの場合のありますので、事前にプリンターの使用についてと、wordの使用についてを電話で確認しておくことが必要になります。 もしプリンターがない店舗の場合には保存できるスマートフォンかメモリを持参し、コンビニで印刷すると良いでしょう。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング