IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師のリーダーに求められる役割とは|看護師のリーダーの業務内容

初回公開日:2017年09月05日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネススキル

看護師のリーダー業務とはどのようなものかご存知でしょうか?様々な職種でリーダー業務があるように看護師にも同様にリーダー業務があり、他の看護師を引っ張る存在にならなければなりません。今回は看護師のリーダー業務についてご紹介します。

看護師のリーダーに求められる役割とは?

世の中には様々な職業や職種があり、それぞれで業務内容は違っています。職種は業界によって全く異なる場合もありますし、同業界内でも企業によって異なるという場合もあります。また、他業界、他職種であっても業務の在り方やチームリーダーの在り方などは同じ場合もあります。 どのような職種でもチームを引っ張るリーダーは必要であり、リーダー業務が存在する企業は多いです。またそれは企業だけではなく、病院でも同じです。病院の看護師にも通常業務に加えてリーダー業務が存在しています。 詳しいことはあまり知られていない看護師のリーダー業務ですが、看護師のリーダー業務で求められる役割とは一体どのようなものが考えられるのでしょうか。

小規模のチームリーダー

病院以外の一般的な職場でもリーダーという役職がついたりしますが、職場の規模や職種によってリーダーの意味合いや権限、職務範囲などは違います。看護師のリーダーというのはほとんどの病院で管理職には含まれず、小規模なチームやグループのリーダーという位置付けになります。 管理職となると看護主任や看護師長などがそれに当たりますが、リーダーはそれらには該当しません。業務内容もそうですが、責任においてもリーダーは管理職よりも軽度のものであると考えられます。

中堅看護師としての役割

リーダー業務は正式には管理職ではなく、小規模のチームリーダーといった意味合いが強いですが、看護師の中でどのくらいのキャリアの人が、看護師リーダーの仕事を任されているのでしょうか。 リーダーとなるのは正看護師になり病棟勤務を2〜3年で一通りの仕事を覚えたタイミングが多いです。全くの新人というよりは業務に慣れた中堅の看護師がリーダー業務に就くことが多いです。もちろん人によってはもっと早くにリーダー業務に就くこともありますし、5年以上経験を積んでもリーダー業務を任されない場合もあります。

病棟のまとめ役

看護師のリーダーの役割として担当病棟のまとめ役、あるいは担当勤務シフト内でのまとめ役であるということが考えられます。基本的にチームを管理することがリーダーとしての役割になりますので、個人の技術や知識が突出しているだけでは不十分で、チームをまとめる統率力が必要になります。 看護師としての能力が高い=リーダー業務をしているというわけではなく、統率力やコミュニケーション能力などリーダーとして必要な能力が備わっている人に看護師のリーダー業務は任されています。

看護師のリーダー業務の内容は?

看護師であってもその他の一般企業であってもリーダーに求められる役割や資質というのは大きく変わることはありません。チームのまとめ役として機能し、チームを導ける力があることがリーダーとしての条件になります。 しかし職種が違えば当然業務内容は違ってきます。リーダーとして求められる役割、資質が共通しているからと言ってその業務は職種ごとに大きく異なります。もちろんリーダーという肩書がついている以上同じ職場であってもリーダーと普通の課員では仕事の内容も異なります。看護師のリーダー業務とは実際にはどのようなことをしているのでしょうか。

各部署との連携

看護師リーダーは看護師としての通常業務を行いながら、各部署との連携を考えて行動しなければなりません。看護師のリーダー同士で情報を共有してミスを減らしたり、看護師同士だけではなく、医師ともしっかりコミュニケーションをとって情報の伝達ミスなどをなくさなければなりません。 リーダー業務は管理職よりは責任は軽度であるとは言え、看護師は患者の命を預かる立場にありますので、大きな責任が伴う業務だと言えます。

看護業務の核

看護師のリーダー業務はチームを統率することですが、それもこなしながら自分の現場の最前線で看護業務に当たらなくてはなりません。看護師はしっかりと勉強し、知識を身に付けてはいるものの現場では勝手が違い上手くいかないということもあります。その時に助け船を出すのもリーダー業務の一つです。 他の看護師が戸惑っている時など率先して看護業務を行い、看護業務全体を回す潤滑油とならなければなりません。周囲を助けるために常に視野を広く持ち、どんな状況でもサポート出来る高い看護能力がリーダー業務では必要になります。

勤務調整

リーダー業務で非常に仕事量が多いのがチーム内と他チームとの間での勤務調整作業です。看護師は24時間体制でシフトを回していますが、当然休憩や休みの日を設けなければなりません。休まなければ身体が持ちませんし、無理して勤務を続ければミスや大きな医療事故を誘発しかねません。 たとえどれだけ人手不足であっても休憩や休日をしっかりと作り、チームの看護師の勤怠を管理するのも看護師のリーダー業務として重要なことです。

看護師のリーダーの平均年収は?

看護師は業務が大変なことでも有名な職業です。人の命を預かる立場にあり、常に緊張感と責任感を持って仕事をしなければなりませんし、日勤だけではなく夜勤もありますので生活リズムが乱れやすい職業でもあります。 ただでさえ大変な看護業務に加えて看護師リーダーはリーダー業務も並行して進めていかなければなりません。仕事量としては圧倒的に増え、個人の負担も増えますが、人一倍仕事をしているのであればそれが給料に反映されなければモチベーションを保つことは出来ません。 仕事量の多い看護師のリーダーの平均年収はいくらくらいなのでしょうか。

リーダー業務による手当

関連タグ

アクセスランキング