IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パート看護師の求人サイト・メリットとデメリット・面接時の注意点

転職サービス・サイト

現在、常勤・パート看護師の需要がとても増えています。日本は今、少子高齢化によって深刻な医師不足や看護師不足の問題を抱えており、医療を受ける高齢者が増え続けているためです。今回は、パート看護師の求職について詳しく見ていきたいと思います。

更新日時:

パート看護師の仕事内容

パート看護師の仕事内容は、常勤の看護師と基本的には変わりません。医師の診療の補助、診察や検査の際の補助をし、薬の投与や処置などを医師の指示に基づき行います。また、患者が入院生活を快適に過ごせるよう必要な身の回りの世話をすることも看護師の重要な仕事です。 具体的には体温や血圧などの計測によるバイタルチェックや問診、食事や清拭、入浴の介助、体位交換、排泄の支援、記録、巡回、ベッドメイキングなどを行います。疾病や薬の副作用等で現れる患者の症状を正確に観察・把握し、必要であらば医師に報告をします。さらに患者やその家族への心理的なケアなど必要な看護を提供します。

看護師がパートで働くメリット

常勤の看護師に対して、パートで看護師として働くことのメリットについて見ていきましょう。

働く時間を自分に合うように選択できる

パート看護師と常勤の看護師でもっとも違う点は、労働時間にあります。パートという勤務形態にすることによって、自分の都合に合う時間に働くことが出来ます。夜勤が辛い場合は日勤のみの勤務や、子供が学校に通ってる間だけの勤務という働き方もパートであれば可能になります。 多忙な職業であるため、常勤勤務の場合拘束時間がとても長く、日勤や夜勤が混ざりハードなスケジュールになってしまうことは珍しくありません。休暇を取りづらかったり、急患が入ることによって退勤時間になっても退勤できないなど、時間的な余裕がないことが多く、離職の原因にもなっています。 特に結婚や出産を経験した看護師にとっては、子育てや家事と職務の両立は大変難しいものがあります。出産後に復職出来ない方が多く居ることが、離職率の増加に拍車をかけ、看護師不足の問題にも繋がっています。冒頭でも触れた通り、現在日本は深刻な看護師不足問題に陥ってしまっています。しかし、パートという勤務形態は、この問題を解消できているといえるでしょう。

看護師がパートで働くデメリット

次は、パート看護師として働くことのデメリットを見ていきしょう。

収入面が不利

常勤看護師と比べて給料が安くなってしまうのが、やはりパート看護師としての一番大きなデメリットでしょう。パートは給料形態はほとんどのところが時間換算になります。基本的に昇給や賞与もありません。もちろんボーナスもないので、常勤看護師とは大きく差が開くことになります。 パート看護師だと、退職金がありません。また、福利厚生も受けられないところもあります。

看護師のパートの時給の相場

パート看護師の時給は全国平均でだいたい1500円です。資格が必要な職業であるわけですから、一般的なパートの時給より高めになります。全国平均が1500円台であって、地域差はかなり大きいようです。関東地方では平均時給は1650円と高く、東海地方では1400円、関西では1550円、九州では1200円です。 また、仕事の内容によっても時給は変動します。「外来勤務」だと安くなるのですが、「訪問看護」や「訪問入浴」だと2000円を超え、東京都内では3000円を越えるものもあります。体力的にはかなり大変な内容の仕事ですか、これだけ高時給だと嬉しいですね。 正看護師と准看護師の違いにより時給にも差が生まれます。准看護師は正看護師と比べて平均300円ほど時給が下回ります。

看護師のパート求人サイト

パート看護師として働くのにおすすめの求人サイトを紹介していきます。

ナースではたらこ

アルバイトの求人サイトとして大手である「バイトルドットコム」で有名なディップ株式会社が運営する看護師専門の求人サイトで、安心して利用することができます。全国に対応しています。看護師求人数は12万件を超えます。年中無休で24時間対応としっかりしていて、顧客満足度は連続で第1位です。 看護師求人情報が日本全国の約9割以上を占める割合で掲載されていますが、非公開求人も多数あります。無料登録を行うことで、担当者から希望を聞かれ、掲載されていない好条件の求人を案内してもらえます。

看護のお仕事

レバレジーズ株式会社の運営する「看護のお仕事」の紹介です。看護師求人数は「ナースではたらこ」を超える13万件以上と非常に多い掲載数を誇り、こちらも全国対応しています。全国に支店があり、地方の求人のサイトが他のサイトを圧倒するという特徴があります。受付時間も年中無休で24時間対応です。 就職お祝い金を受け取ることができ、なんと最大12万円受け取ることができます。

看護roo!

利用者満足度96.2%、最も選ばれている看護師求人サイト、「看護roo!」の紹介です。こちらの看護師求人サイトの最大の特徴は、掲載する求人を厳選していることです。独自の厳選方法で病院・クリニックを選定しており、経営不振、経営不安を抱えていたり、保険制度が整っていなかったりなどの問題ある病院を除外しています。それによって魅力的な求人情報のみ掲載されているので、顧客満足度が非常に高いことにも納得がいきます。 対応しているエリアは関東エリアでは東京・神奈川・千葉・埼玉、中部エリアでは愛知・三重・岐阜・静岡、関西エリアで大阪、京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山となります。地域限定対応のため、非公開求人も豊富に取り揃えられています。上記の地域でパート看護師として働くことを考えているのであれば、高給与の求人掲載が期待できる看護roo!を利用するとよいでしょう。

看護師がパートの面接時に気をつけるべきこと

パート看護師も当然、他の職業と同じように、面接があります。パート看護師が面接時に気をつけなければならないことは何でしょうか。

身だしなみ

面接において身だしなみは非常に大切な要素です。悪いイメージを持たれないよう、しっかりとした身だしなみを心がけましょう。派手な私服で面接に訪れる方もいるようですが、スーツを着用したほうが当然無難です。靴はパンプスがよいでしょう。スッピンは勿論NGですが、厚化粧にならない程度に控えめに。 看護師にとって清潔感は非常に大事なポイントです。おしゃれ目的のアクセサリーは外し、爪は短く切り、髪はきちんとまとめましょう。

面接官に良く聞かれる質問

面接の中で最も重要なのは質疑応答です。看護師の面接で必ず質問はありますので、あらかじめ回答を考えて用意しておくことでスムーズに進めることができます。 ●なぜ看護師を目指したのか 看護師を志した理由を聞かれることは多いです。しっかりと考えを整理しておきましょう。 ●なぜこの病院で働きたいのか 面接を受ける病院についてよく調べ、他の病院と比較し、情報を整理しましょう。特徴、自分との相性や都合などをしっかりまとめ、答えられるようにしておきましょう。 ●生かせる経験、スキル、したいこと 病院は即戦力を求めます。自身が即戦力として何ができるか、自信の看護師としてのスキルを明確に整理しておくことが肝要です。 ●退職理由について 転職を目的とした場合、過去の職務経歴があるので、聞かれることでしょう。育児などの家庭の事情であれば、そのまま話してもよいですが、人間関係のトラブルが原因での離職の場合、そのまま答えるのは控えたほうがいいでしょう。印象を悪くするだけです。

面接官への質問を用意しておく

面接官から、「何か質問はありませんか」と尋ねられることがあります。自分の意欲を伝える貴重なチャンスですが、その場ですぐに考えるのは難しいので、こちらもあらかじめ考えておくといいでしょう。

パート看護師として働こう

いかがでしたでしょうか。パート看護師の求人についての解説でした。 看護師の離職率は高く、その理由は職務内容の多忙というところにあるため、時間的な余裕を持つことのできるパートという雇用形態は、看護師にとってオススメです。現在医療現場の人材不足が非常に懸念されているため、今後パートの看護師は増えることでしょう。

関連タグ

アクセスランキング