IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

移住支援制度を上手く活用しよう|移住支援制度とその活用例

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

みなさんは、移住制度支援制度を知っていますか。最近は、地方で人口が減っています。そのため、住宅・子育て・医療といったコストの掛かる分野において補助を出している市町村があります。そこで、移住支援制度について紹介していきます。

移住支援制度とは?

みなさんは、移住支援制度を聞いたことがありますでしょうか。移住支援制度とは、地方で田舎や地方で暮らす人のために市町村がバックアップしてくれる制度です。例えば、島根県の飯南蝶の住宅は、家賃が4万円で25年間住んでもらると家を手に入れることができます。他にもも、家賃補助やビジネスをスタートしたい人のために資金を提供する移住支援などがあります。 他にも、女性で子どもを持っている人に嬉しいのが群馬県の片品村では、2歳から保育費が無料になります。そのため、タダで子どもを預けて仕事や火事に専念できるのです。このような移住支援制度について紹介します。

移住支援制度1:高額すぎる住宅補助

移住支援制度は、今では多くの市町村が行って人を誘致しようと頑張っています。その中でも愛媛県内子町では住宅補助を行っています。なんと、この町の中に家を立てることによって最大で570万円のお金を頂くことができます。物件にもよりますが、これなら購入した額の半分は戻ってくることになります。 他にも、北海道沼田町では住宅を購入すると最大で470万円が支給されます。これだけの資金があれば、移住することを検討することでしょう。

移住支援制度2:高い固定資産税がタダ

住宅を購入すると、支払わなければいけない税金があります。それが「固定資産税」です。税金なので支払わなければいけませんが、タダにする方法があれば嬉しいですよね。そんな方法が山口県下関市の移住支援制度にはあります。 山口県下関市では、新しく住宅を立てると固定資産税が10年間も無料です。1年間程度ならわかりますが、長期間無税なのは素晴らしい取り組みです。ただし、下関市が定めている土地に住宅を立てると固定資産税が無料になるので気をつけましょう。

移住支援制度3:赤ちゃんを産むと、お金がもらえる?

子どもを出産すると、おむつ代や諸経費がかかってお金の負担が増えることでしょう。そのような人に喜ばれるのが、島根県知夫村の移住支援制度です。なんと、2人目までの赤ちゃんが生まれれると、50万円がもらえます。さらに、3人目になると100万円が支給される太っ腹な村でしょう。

移住支援制度を活用しよう

移住支援制度は、市町村のホームページや移住支援制度に特化したサイトがあるので、そこで情報を得なければ活用することは難しいでしょう。ここでは、移住支援制度の活用方法について紹介します。

移住支援制度の活用例:引っ越しするだけでお金が支給される

移住支援制度を活用例したい時は、引っ越しをするときはないでしょうか。1回の引っ越しでは数万円はかかるので、支給してもらえると移住してみたいとモチベーションが上がるのではないでしょうか。引っ越しをしてお金を貰いたい場合は、兵庫県洲本市がです。洲本市は、淡路島にある市でITベンチャーに力を入れている街です。こちらに引っ越しをすると、1世帯あたり月に1万円の助成金が支給されます。ただ、住み始めるだけで月に1万円頂けるのであれば家計も助かります。

移住支援制度の活用例:家賃補助がもらえる

毎月の負担となっているのが家賃です。家賃は、毎月支払うものなので住み続ける限りは逃れられない費用でしょう。この家賃を補助してくれるのも、先程紹介した兵庫県洲本市 です。こちらでは、収入によって変動することはありますが、月に最大で3万6000円の家賃補助がもらえます。この金額なら、1Kのリーズナブルなアパートの家賃と同じです。他にも、20年間住むことで住宅を譲ってくれる宮城県七ヶ宿町のような移住支援制度を利用するのも移住するためには利用したいところです。

母子家庭の移住支援制度

 母子家庭は、稼げる人が母親のみ場合があります。そのため、子どもがいると食べさせていくだけでも一苦労です。そのような母子家庭の人向けの移住支援制度についてまとめました。

初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング