IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

勤め先別の臨床検査技師の志望動機の書き方・例文|新卒・転職の場合

書類選考・ES

皆さんは「臨床検査技師」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、主な仕事内容などについてならまだしも、どんな志望動機が相応しいかまでは知らない方ほとんどだと思います。今回は、そんな臨床検査技師の志望動機の書き方について見ていきましょう。

更新日時:

臨床検査技師の志望動機の書き方について

「臨床検査技師」と聞いてどんなことが思い浮かぶでしょうか。おそらく、臨床検査技師の主な仕事内容についても、臨床検査技師への就職や転職の際に必要となる志望動機の書き方について知っているという方はほとんどいないのではないでしょうか。今回はそんな「臨床検査技師」という職業に焦点を当てて、臨床検査技師の志望動機の書き方について様々な観点から見ていきます。

「臨床検査技師」の主な仕事内容は勤める職場によって変わる

とは言っても、臨床検査技師という職業が日頃どんな仕事をこなしているのかが分かっていないと話にならないので、まずは臨床検査技師という職業の主な仕事内容について見て行きたいと思います。臨床検査技師は勤める職場によって主な業務内容が変わってくる職業です。そのため、勤め先による仕事内容の違いに伴って、臨床検査技師に求められる能力や意識にも多少の違いがあり、転職や就職の際の志望動機に書くべき内容も少しずつ変化していきます。

臨床検査技師 ~病院~

続いて、臨床検査技師の主な勤め先と各職場による主な仕事内容について少し見ていきましょう。まず最初は「病院」です。病院の規模や配属部門により違いがありますが、血液、尿、痰などを調べる一般的な検体検査と超音波、心電図、脳波測定、眼底検査などの生理機能検査を病院内の検査室で行うのが一般的な臨床検査技師の仕事になります。それ以外の特別な病気が疑われる場合、病院には備えていない特別な試薬を必要とする特殊検査を検査センターに発注する業務も臨床検査技師が行います。 また病院では、患者の人数、患者の病状など多種多様であり、さらには救急患者も運ばれてくることが多々あり、大至急の検査が重なる事もあれば、同時に新患の対応もこなさなければならないケースが頻繁に起こるのが病院です。そのため、同時にいくつもの作業をこなす必要があり、病院に勤める臨床検査技師の方々には多くのことを同時にこなす器用さが求められます。

臨床検査技師 ~クリニック・検診センター~

続いて、「クリニック・検診センター」です。クリニックや検診センターというのは、小規模で機動力を生かした業務を中心に取り扱っておりますので、一人の臨床検査技師に求められる業務内容は多岐にわたります。具体的には、採血や血液、検尿、検便などの一般検体検査、腹部エコー、心エコー、脳波検査、聴力検査、肺機能検査などの生理機能検査の対応などの幅広い業務をこなすことになります。 特に予防医療の重要性が高まっている最近では、クリニックや健診センターにおいて臨床検査技師を常に確保するケースが増えてきています。これらの点を踏まえると、クリニックや健診センターに勤める臨床検査技師には、幅広い専門的な知識やサービス業としての接客能力が求められます。

臨床検査技師 ~臨床検査センター~

三つ目は「臨床検査センター」です。この場合、民間企業が運営する臨床検査センターがほとんどで、検査設備を持たない小さな病院やクリニックから血液や尿、細胞などの検体を預かって、検査を代行するのが主な仕事となります。つまりは、病院の検査業務を外注で請け負っているようなイメージです。病院などと比較しても検体検査の数が多く、またそういった業務には高い精度を求められるため、データを読むという点では臨床検査技師としてのより高い技量を身につけられる職場と言っても過言ではないでしょう。また、遺伝子検査など病院では取り扱えない特殊検査を行っているという点も特徴的な部分です。 さらには、「ブランチラボ」として病院検査室運営の委託を行っている企業もございます。検査センターに所属しながら、委託先の病院検査室で各種検体検査も行っています。数ある勤め先の中でも、最も高度な知識や技術が求められるのがこの臨床検査センターに勤める臨床検査技師になります。

臨床検査技師 ~医療機器メーカー~

最後は「医療機器メーカー」です。臨床検査技師は一般企業も主な勤め先の中の一つとなっています。企業で働く臨床検査技師としまして、製薬会社で検査試薬やワクチンの開発・製造に携わる仕事や医療機器メーカでの検査機器に付随する仕事、保健所で公衆衛生にかかわったり、デパートなど商業施設にある食品売り場や飲食店での衛生指導をしたりといった非常に専門的な仕事からそうでないものまで幅広いです。特に最近では、企業からのニーズが高いアプリケーションスペシャリスト(営業支援)の仕事が非常に増えています。

臨床検査技師の志望動機例文一覧

ここからは、今回のテーマでもある「臨床検査技師」への転職や就職の際の志望動機の書き方について迫っていきたいと思います。まずは、「臨床検査技師」への転職や就職の際に書くときに良いとされる志望動機の例文についていくつか見てきましょう。

志望動機例文① ~新卒・病院~

貴病院は救急指定病院として24時間体制で地域の患者様の治療に当たられています。救急患者を必ず助けるのだという病院の使命のもと、常に信頼を重んじる姿勢で患者様と接している姿に感銘を受けました。 在学中、アルバイトとして地域の病院で臨床検査助手と看護助手をしていました。患者様と接する機会も多く、その経験を通して患者様と直接ふれあう大切さを学びました。 患者様とのコミュニケーションを大切にしている貴病院は地域でも大変評判が高く、私も臨床検査技師として患者様の立場にたった仕事をして役立つことができればと思います。 現在は、臨床検査技師の国家試験に臨み準備を続けておりますが、将来的には細胞検査士の資格も取得して貴病院で幅広く活躍したいと考えて、貴病院を志望いたします。

志望動機例文② ~転職・病院~

貴院の患者を第一に考える姿勢が素晴らしいと感じています。 貴院のホームページで知ったことですが、貴院は説明と同意(インフォームドコンセント)を重要視しておられ、また、カルテを患者さんに全面的に開示もしておられます。 貴院のような環境は、患者さんを安心させ、ひいては、医療スタッフへの信頼、医療行為への信頼につながります。 私が患者であれば、ぜひ、貴院のような環境で医療を受けたいと思うほどです。 そのような環境の中であれば、私も患者さんのことを第一に考えながら、働けるのではないかと思いました

志望動機例文③ ~検診センター・県職員~

エコー検査の経験を生かせると思い、応募させていただきました。 現在は主に一般検査と腹部エコーを担当しています。多くの患者様に接していますので、患者様とのコミュニケーション力には自信があります。

志望動機例文④ ~大学・専門学校~

私が臨床検査技術学科を志す最初のきっかけは、小さい頃に大病を患い、先生方がさまざまな検査を行い原因を究明してくださったことにあります。その際、検査をすることで人の病気を治すことに繋げるというお仕事に興味を持ちました。また、健康であることの大切さを痛感したので、病気の診断や治療だけではなく、健康状態を確認して、病気の早期発見や予防にも寄与できることにも魅力を感じ、臨床検査技師になることを志すようになりました。将来は、老若男女を問わず多くの人々が健康検査を必要としている現代社会の中で活躍できる臨床検査技師になれるように力を尽くしたいと思っています。 以上の理由で、御校の臨床検査技術学科を志望いたします。

自信が掲げるビジョンを伝える

最後に、これまでご紹介した志望動機例文を踏まえて、実際に志望動機を書く際に意識すべきポイントについてご紹介します。 病院や検査センターなど、どの職場を希望するかに限らず、まず志望動機を書く際は「自分の持っているビジョンを相手に伝える」ようにしましょう。「私は貴社で〜に取り組みたい」というビジョンを語ることで、相手に能動的・積極的な印象を与えることができます。さらに、そのビジョンがその会社の展開している事業や会社の掲げている指針などにマッチしていたりすれば、評価も上がりますし、会社の概要についてよく把握しているなといったイメージを相手に持ってもらえるというメリットがあります。そのため志望動機を書く際は、自分のビジョンを相手に伝わるように工夫するよう心がけましょう。

志望動機には様々な工夫を

いかがでしたでしょうか。今回は臨床検査技師という職業に焦点を当てて、様々な観点から見てきました。志望動機というのは就職や転職活動を上手に進めて行くために非常に重要なものの一つです。そのため、自分なりに自分ができる工夫を施し、より良い志望動機を完成させるよう心がけましょう。

関連タグ

アクセスランキング