IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気技術者試験の難易度・合格率とは|試験対策・受験料・受験方法

資格・検定

ライフラインの一つでもある電気設備機器を設置・点検・保守するのに必要な資格が電気技術者試験です。今回は電気技術者試験と呼ばれている電気主任技術者と電気工事士についてご紹介します。勉強の仕方や難易度・合格率まで電気技術者を目指す人は参考にしてみてください。

更新日時:

電気技術者試験とは

一般財団法人の電気技術者センターが主催している資格試験を電気技術者試験といいます。電気技術者センターとは国の指定を受け経済産業大臣が実施する電気技術者試験の実施に関する事務を行う指定試験機関のことをいいます。 電気技術者試験は二種類の資格に分かれており【電気主任技術者】と【電気工事士】があります。この二つは管理者側の資格と実際の施工工事をする側に分かれており、それぞれの試験は内容が異なるので基本的には各試験を個別に受ける必要があります。 しかし重複する内容やより発展した内容の試験もあるため、すでに保有している資格によっては一部試験を免除されることもあります。

電気主任技術者とは

発電所や変電所の配線電気設備の監督が主な仕事です。また電気配線の専門的施設だけでなく各種工場やテナントビルなどの電気配線設備の工事監督者としての仕事もあり、電気・通建業界では比較的高い評価を得ている資格です。 電気設備がある事業所や事情主は電気主任技術者の資格を持っている人を選任していないと法令違反になります。 業界内では通称「電験」または「電験三種」と言われています。 ・第一種 →すべての事業用電気工作物が扱えます。一次試験と二次試験があります。電気技術者試験の中で一番難易度が高いのが電気主任技術者第一種です。 ・第二種 →電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物が扱えます。一次試験と二次試験があります。 ・第三種 →電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)が扱えます。 一次試験は理論、電力、機械、法規の四科目で科目別合格制です。例えば電力と理論と機械の三科目が合格して法規のみ不合格の場合三年以内ですと法規だけを受けなおして合格すれば一次試験合格になります。 二次試験は、電力・管理と機械・制御の二科目です。科目別合格制度はありません。一次試験合格年度に不合格だった場合でも翌年度一次試験が免除されます。

電気工事士

ビル、工場や商店住宅などの電気設備の工事、保守が主な仕事です。電気設備の工事は電気工事士の資格がある人がするようにと法令で定められています。 ・第一種 →第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事ができます。 ・第二種 →住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事ができます。電気技術者試験の中で一番資格取得しやすい試験となっています。 第一種・二種ともにマークシートの筆記と技能試験との2段階です。筆記で合格し技能で不合格になった場合その次の年は筆記試験が免除になります。

電気工事士には認定電気工事従事者認定講習も必要

電気工事士の資格をとっても認定工事従事者講習を受けなければなりません。第二種電気工事士の資格を持っている人で一種をまだ受けていない人に必要です。これがないとビルや建物などの自家用電気工作物の取り扱いができないからです。 ここでいう自家用電気工作物とは簡易電気工事といわれる電圧600V以下で使用する自家用電気工作物のことを言います。

電気技術者試験・認定電気工事従事者認定講習を受けないとモグリになる

電気技術者試験の一つである第二種電気工事士の資格を取った人で認定電気工事従事者認定講習を受けずに自家用電気工作物の工事をするのをいわゆる【モグリ】と言います。じつはこのモグリと呼ばれている人達は自覚がなくそうなっている人が多いのが現状です。 二種電気工事士は実務試験や実務経験を不問としているので業界外から資格取得をし、電気工事士になろうという人は必ず認定電気工事従事者認定講習を受けましょう。

電気技術者試験の難易度・合格率

電気主任技術者の難易度・合格率

電気技術者試験の中で一番難しいとされている第一種は偏差値67、難易度が難関の分類になっています。第二種が偏差値64でこちらも難関の分類となっていて少し下がって第三種が偏差値58の難易度普通レベルとなっています。 一種・二種ともに二次試験まであることから難易度は高くなっています。反対に第三種は上記二つに比較すれば受験しやすいレベルとなっています。 電気技術者試験センターによると合格率を平成28年度で見ると、第一種の一次試験が受験者数が1,519人、合格者数が331人合格率21%。二次試験が受験者数581人、合格者数75人で合格率12%となっています。 第二種の合格率が平成28年度は一次試験が受験者数6,521人、合格者数1,456人で合格率22%、二次試験が受験者数2,364人、合格者数459人で合格率が19%となっています。 第三種が受験者数46,552人に対して合格者数3,980となっているので合格率が8%となっています。 一見すると難易度が普通とされている第三種のほうが合格率が低くなっていますが、その理由は初級資格ということで簡単に受験出来てしまうので受験申し込み者が多くなっているからです。 また、難易度偏差値でも示す通り偏差値58は平均レベルより上となっていますので安易に申し込みをして受験勉強で失敗というケースも多くあります。電験三種資格取得を目指す場合は申し込みの前に試験内容をよく確認し、働きながら勉強できる時間を確保できるか考えてから受験しましょう。

電気工事士の難易度・合格率

電気工事士の第一種の偏差値は52で難易度は普通の分類となっています。第二種の偏差値は44で難易度は簡単の分類に位置しています。 合格率は電気技術者センターの平成28年度で見ると第一種の筆記試験が受験者数26,009人、合格者数10,756人で合格率が41%です。技能試験が申込者数15,767人、合格者数10,624人で合格率が67%となっています。 第二種の筆記試験が受験者数114,528人、合格者数67,150で合格率が58%、技能試験が受験者数84,805人、合格者数 62,216人で合格率が73%となっています。 電気工事士の受験の場合は技能よりも筆記試験のほうが合格率が低くなっている傾向となっています。受験者はあらかじめ筆記対策をしおくと受かりやすいといえます。

電気技術者試験対策(過去問・勉強方法・参考書)

電気主任技術者の過去問・勉強法・参考書

電気主任技術者の勉強法は主に二通りあり、通信教育と独学です。 独学の場合は参考書など大手書店に売っているのでそちらをもとに勉強をするか、過去問を入手して勉強するという基本的な勉強法になります。 電気主任技術者第一種~第三種までの過去の試験問題と解答は電気技術者試験センターのHPよりPDFファイルでダウンロードできます。

電気技術者試験の電気主任技術者三種におすすめの参考書がこちらです。

電験三種 やさしく学ぶ理論 (LICENCE BOOKS)
電験三種 やさしく学ぶ理論 (LICENCE BOOKS)
電験二種 徹底マスター 理論
電験二種 徹底マスター 理論
電験一種 一次試験の徹底研究 (LICENCE BOOKS)
電験一種 一次試験の徹底研究 (LICENCE BOOKS)

社会人になり参考書を選ぶ時間が惜しい人や、勉強のカンが鈍ったという人は通信教育がおすすめです。大手通信教育では過去の受験者のレポートやわからないところには質問OKなどのサポートが付いていますので元来勉強が苦手な人にもわかりやすく試験対策の勉強法を教えてくれます。 ただし通信教育をやったからといって必ずしも電気主任技術者試験に合格できるとは限りませんので根本的には自分の努力が必要です。

電気工事士の過去問・勉強法・参考書

電気工事士第二種の場合比較的合格しやすい資格です。合格率からみても受験した人の半分近くは受かっていますので勉強自体は真面目に取り組んでいればそこまで高いハードルということはありません。独学で学ぶ場合は過去の問題を繰り返し勉強し要点を抑えれば点数を加算していくことができるはずです。 勉強が苦手な人は通信教育をお勧めします。電気工事士の通信教育は筆記+技能と技能の二種類に分かれているので苦手な分野を勉強することができます。

第一種電気工事士筆記試験完全マスター(改訂3版)
第一種電気工事士筆記試験完全マスター(改訂3版)
ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問2017 (【すいーっと合格赤のハンディ】)
ぜんぶ解くべし! 第2種電気工事士筆記過去問2017 (【すいーっと合格赤のハンディ】)

電気技術者試験受験方法

電気技術者試験を受験するのには二通りの方法がありまず。どちらも簡単に電気技術者試験を受験できます。

ゆうちょ銀行(郵便局)の払込取扱票による受験申込み

ゆうちょ銀行(郵便局)の払込取扱票による受験申込み 「受験案内・申込書」に折り込みの受験申込書(受験手数料の払い込みの際に使う払込取扱票)に必要事項を記入し、受験手数料とともに、ゆうちょ銀行(郵便局)の窓口に提出していただきます。

インターネットによる受験申込み

インターネットを利用して試験センターのホームページにアクセスして受験申込みを行い、受験手数料を下記の「インターネット申込みにおける受験手数料の支払方法」に従い、期限内に支払い手続きを済ませていただきます。 電気主任技術者試験(一・二及び三種)及び電気工事士試験(一・二種)の インターネット申込みによる 受験手数料の支払方法は、 1.銀行振込 2.クレジットカード決済 3.コンビニエンスストア(以下、「コンビニ」という)決済 4.Pay-easy(ペイジー)決済

各種申し込み手数料

第一種・第二種電気主任技術者の場合平成29年度はインターネット申し込みが12,400円、郵便申し込みが12,800円となっています。 第三種電気主任技術者の場合平成29度はインターネット申し込みが4,850円、郵便申し込みが5,200円となっています。 第一種電気工事士試験の場合平成29年度はインターネット申し込みが10,900円、郵便申し込みが11,300円となっています。 第二種電気工事士試験の場合平成29年度上半期下半期はインターネット申し込みが9,300円、郵便申し込みが9,600円となっています。

電気技術者試験は実務レベルで必要な資格

電気主任技術者も電気工事士も難易度や内容は違えどすべて電気工事を管理・施工するのに必要な資格となっています。仕事に直結する資格試験で給与面などにも影響してきます。受験するかたは万全な対策を練って挑んでください。

関連タグ

アクセスランキング