IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プログラミングスキルを向上させるには?資格や検定・独学やスクール

プログラミング学習

このページでは、「プログラミングスキル」をテーマにして、プログラミングスキルを向上させる方法や学ぶ方法についてご紹介しています。また、プログラミングスキルに関する資格や検定についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

プログランミングスキルとは?習得方法や学び方について

近年、IT業界の存在感は急速に大きくなりつつあります。日常生活のさまざまな所に、IT業界が開発したシステムやサービスが使われており、IT業界の存在はなくてはならないものとなりました。IT関連の仕事や職業には、さまざまな種類がありますが、その中でもメジャーなものと言えば、プログラマーなどが挙げられるでしょう。高いプログラミングスキルを駆使して、さまざまプログラムなどを構築していくプログラマーは、IT業界の成長を支え続けている、重要な職業です。 今回は、プログラマーを始めとする、プログラミングに関する職業に就いている方や、これからプログラミング関連の職業を目指す方であれば身につけておきたい、「プログラミングスキル」をテーマにして、プログラミングスキルの定義や基本的な身につけ方などをご紹介していきます。

プログラミングスキルの意味・定義

最近は、「プログラミングスキル」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、そもそもプログラミングスキルとはどのような意味なのか、気になる所です。まずは、プログラミングスキルとは何なのか、意味や定義について確認していきましょう。

プログラミングの意味・定義

「プログラミングスキル」の定義などについて考えていく前に、まずは「プログラミング」とはどのようなことなのか、意味や定義について考察していきます。「プログラミング」という言葉は、日常生活でも耳にすることが多い、大変身近な言葉です。しかし、具体的な定義や意味を正確に説明できる程に理解している方は、ごく一部の方のみである可能性があります。 「プログラミング」の意味・定義について、「コトバンク」では、「コンピューターに処理を行わせるためのプログラムを、プログラミング言語を用いて作成すること」と解説しています。 つまり、「プログラミング」とは、「プログラミング言語を用いて、何らかのシステムなどのプログラムを作成すること」とも、言い換えることができます。

プログラミングスキルの意味・定義

続いては、上記でご紹介したプログラミングの意味・定義を踏まえて、今回の本題である「プログラミングスキル」の意味や定義について、考察していきます。 上記でもご紹介しましたが、「プログラミング」は、プログラミング言語を用いて、何らかのプログラムを作成することを意味する言葉です。「プログラミングスキル」とは、単純に考えれば、プログラミングをする為の能力や技術ということになります。 つまり、「プログラミングスキル」とは、プログラミングをしてプログラムを作る能力や技術を意味しているのです。プログラミング言語を操る能力や知識も、広義ではプログラミングスキルと言え、また作成したプログラムに生じたトラブルや問題を解決する力もプログラミングスキルに含まれると言えるでしょう。

プログラミングスキルを向上させる方法

プログラミングスキルの意味や定義を理解した所で、続いてはプログラミングスキルを向上させる方法をご紹介していきます。 さまざまな部分でIT業界の技術やサービスなどが駆使されている現代社会では、それらのプログラムを作成する能力・プログラミングスキルが重視される場合もあります。時には、プログラミングスキルの高さによって、採用・不採用や昇進・降格などが決まることもあるでしょう。IT業界で働く人々を中心に、プログラミングスキルは最早、重要な技術や能力として見做されつつあります。

プログラミングスキルを向上させる方法【1】:セミナー・勉強会に参加する

プログラミングスキルを効率的に向上させる方法の1つとして、関連セミナーや勉強会に参加する方法が挙げられます。プログラミングをしていて、思うようなプログラムを作成できなかったり、エラーが頻繁に出てしまったりした際、自分の力で解決することも大切ですが、どうしても前に進めないこともあります。そのような場合は、ムキになったり投げ出したりせずに、セミナーや勉強会に参加し、プログラミングに関する技術・知識を深めることをおすすめします。セミナーや勉強会の方針にもよりますが、参加者と交流したり、講師の説明を聞いたりしているうちに、現状でクリアできないでいる問題を解決するヒントを得られる可能性がある為です。 問題が発生したり、前に進むことができなかったりした際、まずは自分で原因や解決方法を考えてみて、どうしても解決できない場合は、セミナーや勉強会を活用しましょう。

プログラミングスキルを向上させる方法【2】:アウトプットする

プログラミングスキルを向上させる為に勉強などをしても、知識や技術を取り入れるだけでは、自分のものにできない場合があります。理論は理解しているものの実践で上手くいかない場合や、何度も同じことを学習しているのに覚えられない部分がある時は、アウトプットが不足している可能性があります。 プログラミングをする際、プログラミングに関する知識は大切ですが、それ以上に大切なのが、技術を自分のものにすることです。参考書や講座などで知識を得ても、実際に使ってみないと、その知識は技術としてなかなか身につきません。 ですから、プログラミングスキルを向上させたければ、ひたすら実践やアウトプットを繰り返すようにしましょう。実際に手を動かして習得した技術を実践してみることで、学んだ内容が自分の技術として、定着しやすくなります。

プログラミングスキルを向上させる方法【3】:バグを修正する

プログラミングをしていて、エラーやバグが生じると、改善することを面倒に感じたり、何がいけないのかと落ち込んだりすることもあるでしょう。しかし、エラーやバグといったアクシデントは、プログラミングスキルを向上させるチャンスでもあります。これまでのプログラミングスキルを駆使した結果、エラーやバグが発生してしまっても、そのエラーやバグを修正することができれば、プログラミングスキルが過去の自分のものよりも向上したことになります。 ですから、エラーやバグが発生したら、原因や理由を詳しく追究し、まずは自分の力で解決できないか、さまざまな手段を試してみることをおすすめします。エラーやバグを自分で修正していくうちに、プログラミングに関する知識や技術が深まり、プログラミングスキルが向上していく可能性も、大いに有り得ます。

プログラミングスキルに関する検定・資格

一言で「プログラミングスキルを向上させる」と言っても、プログラミングスキルは数値や点数で測定できるものではない為、学習や練習を通して向上している実感を得ることが難しい場合があります。プログラミングスキルに限らず、物事を学ぶ際、効果が感じられないとモチベーションが下がってしまいがちです。プログラミグスキルの場合も、何らかの方法で効果や成果を実感することで、モチベーションを維持しやすくなります。 効果や成果を数値化しづらいプログラミングスキルで、学習の効果を実感する方法の1つとして、資格や検定に挑戦する方法が挙げられます。資格や検定に挑戦することで、普段は実感しづらい自分のプログラミングスキルがどの程度のものか、また学習で学んだ効果が出ているかどうか、確認することができます。 資格や検定は、就職・転職などで有利になる場合もあり、一石二鳥でもあります。以下で、プログラミングスキルに関する資格や検定をご紹介していくので、ぜひ挑戦してみて下さい。

プログラミングスキル関連の資格・検定【1】:情報システム試験

「情報システム試験」は、プログラマーを目指している人を対象にしている、プログラミングスキルの検定試験です。「情報システム試験」は、文部科学省が後援している「J検」と呼ばれる検定試験の1つで、プログラミングスキルを駆使した問題が出題されます。主に、データ処理やアルゴリズムなどを処理して問題を処理する能力や、表計算ソフトを使った問題解決のスキルなどを評価する内容が中心となっています。

プログラミングスキル関連の資格・試験【2】:情報処理技術者試験

「情報処理技術者試験」は、プログラミングスキルだけでなく、情報処理全般を対象にした試験で、IT業界で働く全てのポジションや職種の方に対応した試験となっています。独立行政法人情報処理推進機構が運営している試験で、プログラミングスキルを始め、情報処理関連の職業で働くのにあたって必要となる、基本的な知識や技術を測定することができます。 アルゴリズムやデータ処理といった、プログラミングスキルにおける基本的な内容も含まれている為、基礎や基本を習得できているか確認するのに、おすすめの試験の1つです。また、情報処理技術者試験をクリアすることで、情報処理の基本を習得していることを証明できる場合もあるので、就職や転職の際に高評価に繋がる可能性もあります。

独学?スクール?プログラミングスキルの学び方

今回は、プログラミングスキルを向上させる方法を中心に、関連情報をご紹介してきました。しかし、そもそもプログラミンスキルがない場合、向上ではなくゼロから学ぶこととなりますが、そのような場合はどのようにして学べば良いのか、お悩みの方もいらっしゃることでしょう。そこで続いては、プログラミングスキルの学び方について、独学とスクールで学ぶ場合のメリット・デメリットをそれぞれ考察していきます。

プログラミングスキルの学び方【1】:独学

プログラミングスキルの学び方でも、最も手軽に取り組みやすいのが、独学で学ぶ方法です。自分の好きなタイミングで、自分に必要なことから学べるので、気軽に始めやすい方法と言えるでしょう。 独学でプログラミングスキルを学ぶ最大のメリットは、費用が安く抑えられる点です。テキストやソフトなど、参考書やプログラミングスキルを習得する為の環境を整える必要はありますが、スクールのように入学金や授業料を払わずに済む為、費用を節約することができます。 一方で、独学でプログラミングスキルを学ぶデメリットとして、誤った知識や技術を覚えてしまう可能性がある点や、長続きしづらい点が挙げられます。独学で学ぶ場合、分からないことがあっても自力で解決しなければなりません。その為、誤った知識や方法で覚えてしまう危険性もあります。更に、自分の好きなタイミングでできる為、躓いてしまうとやる気がなくなり、プログラミングスキルを学ぶことをやめてしまう可能性も高くなります。

プログラミングスキルの学び方【2】:スクール

ゼロから基本や基礎をしっかり学びたいという方は、プログラミングスクールへ入学・通学してプログラミングスキルを学ぼうとするケースが多いと言われています。 プログラミングスクールに通うメリットとしては、プロの講師から直接プログラミングスキルについて教えてもらうことができたり、同じクラスの生徒などと意見交換などができたりする点です。プロから学ぶことで、正しいプログラミングの知識や技術が確実に身につきます。また、クラスメイトなどの存在は、モチベーションの向上に繋がり、長続きしやすい傾向があります。 一方、高額な入学費や受講費などが発生しやすい点は、スクールでプログラミングスキルを学ぶ場合の最大のデメリットと言えるでしょう。また、学習内容があらかじめカリキュラムとして決まっていたり、授業の曜日や時間帯が決まっていたりと、融通がききにくい部分がある点も、スクールでプログラミングスキルを学ぶ際のデメリットです。

プログラミングスキルは、これからのIT業界では必須!

いかがでしたでしょうか?今回は、「プログラミングスキル」をテーマにして、プログラミングスキルを向上させる方法や、プログラミングスキルを学ぶ方法、プログラミングスキルに関する資格・検定などをご紹介しました。 IT業界は、今後も更なる成長・発展を遂げていくと予想することができます。それに伴い、さまざまなサービスやシステムが開発されるでしょう。今後も目覚ましい発展を遂げていくであろうIT業界で働く場合、プログラムを作る能力であるプログラミングスキルは、より重要性が増していくと予想できます。今後のIT業界では、プログラミングスキルが必須のスキルとなるでしょう。今のうちから、プログラミングスキルを習得・向上させておくことをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング