IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活のベルトの選び方|色/バックル/レディースのベルト/値段など

更新日:2020年08月14日

就活マナー

このページでは、「就活用ベルト」をテーマにして、就活用ベルトの基本的な選び方や、レディース向けの就活用ベルトを選ぶ際のポイントなどをご紹介しています。また、就活用ベルトの値段についても考察しているので、ぜひベルト選びにお役立て下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活用ベルトの選び方・マナーとは

就活では、基本的にリクルートスーツを着用して、説明会や採用選考に臨みます。学生時代は、私服ばかり着ており、スーツを着る機会などはほとんどなかったという方が多い為、リクルートスーツの着用方法や型、マナーなどには、気を遣う方がほとんどです。 スーツの型や色、ボタンの数や合わせる靴・鞄のデザインなどには、細心の注意を払う方が多いと思われますが、意外と忘れてしまいがちなのが、ベルトです。スーツや靴などと比較すると、ベルトは見えづらい為、つい気を抜いてしまいがちです。 しかし、リクルートスーツのベルトにも選び方やマナーがあり、就活の際にチェックされることもある、重要なポイントとなっています。今回は、「就活用ベルト」をテーマにして、就活の際にリクルートスーツと合わせて装着するベルトの選び方や、装着する際のマナーなどについてご紹介していきます。

就活用ベルトの選び方

早速、就活用ベルトの選び方や選ぶ際のポイントなどをご紹介していきます。就活用ベルトは、ベルトであれば、どんなものでも構わないというわけではないので、色や型、付け方などに気を付ける必要があります。ポイントを押さえて、リクルートスーツにぴったりのベルトを選びましょう。

就活用ベルトの選び方【1】:ベルトの色

ベルトの特徴の中でも、最も大きな要素が、「色」です。ベルトの表面が何色なのかによって、見る人へ与える印象は大きく変わります。中には、白や赤、その他カラフルな色のベルトなどもありますが、就活の際にはどのような色のベルトを選べば良いのか、考えていきましょう。 結論から申し上げると、就活の際に着用するベルトの色は、基本的には黒か茶色と言われています。リクルートスーツ自体が、黒や紺、チャコールグレーといった控えめな色が多いので、カラフルな色合いのベルトだと、ベルトだけが目立ってしまったり浮いてしまったりします。シンプルな色やデザインが多いリクルートスーツとのコーディネートを考えると、やはり就活用ベルトは、黒や茶色といったシンプルな色のものを選んだ方が良いでしょう。

就活用ベルトの選び方【2】:ベルトの太さ

色と同様に、ベルトのデザインや印象に大きな影響を与えているのが、「太さ」だと考えられます。ベルトには、さまざまな太さのものがあり、極端に太いものから、細くて華奢な印象を与えるものまで存在しています。 就活用ベルトの場合は、あまりにも太いベルトは避けた方が良いと言われています。極端に細いものを選ぶ必要はありませんが、太すぎるベルトは避け、やや細めのデザインのベルトを選んだ方が、無難な印象になるでしょう。

就活用ベルトの選び方【3】:ベルトのバックル

「色」「太さ」と、ベルトのデザインに影響を与える大きな要素を2つご紹介しましたが、ベルトのデザインや印象に影響を与えやすい要素は、もう1つあります。それは、「バックル」です。バックルのデザインは、シンプルなものから独特な形、派手な型まで、いろいろな種類があります。ベルトの色などがシンプルであっても、バックルが派手な型や装飾が入ったものであった場合、リクルートスーツに合わせて装着すると、浮いた印象となってしまう可能性があります。 ですから、就活用ベルトのバックルは、あまり派手な装飾や型ではない、シンプルでオーソドックスなものを選ぶことをします。

レディース向け就活用ベルトの選び方

上記で、基本的な就活用ベルトの選び方をご紹介しましたが、レディースの場合は、スカートとパンツスーツがあり、男性に場合とはリクルートスーツの構造や型からして異なっています。その為、ベルトの選び方や選ぶ際のポイントも、男性の場合とは異なる部分があります。そこで続いては、レディースの場合の就活用ベルトの選び方をご紹介していきます。

レディース向け就活用ベルトの選び方【1】:パンツスーツの場合は必須

女性の場合は、リクルートスーツに就活用ベルトを装着した方が良いか、判断に迷う方も多いでしょう。結論から言うと、パンツスーツの場合は、就活用ベルトはつけた方が良いと言えるでしょう。 基本的に、リクルートスーツでは、シャツやブラウスの裾は、パンツやスカートに入れて着用します。しかし、パンツスーツの場合、女性用のシャツやブラウスの裾が出てきてしまいやすくなっています。シャツやブラウスの裾が出てきてしまい、だらしない印象を与えてしまうことを防ぐ為にも、パンツスーツの場合は必ず就活用ベルトを着用するようにしましょう。

レディース向け就活用ベルトの選び方【2】:なるべく細いものを選ぶ

上記で、男性が就活用ベルトを選ぶ際は、あまり太すぎないものを選ぶことをしましたが、女性の場合も細めのベルトを選ぶことをします。レディーススーツのパンツの場合、ベルトを通す為のループが、男性よりも細くなっている場合があります。その為、太いベルトを購入してしまうと、ループにベルトが通らず、装着できない可能性があります。 また、パンツスーツのベルトを通すループの太さは、メーカーやスーツによって異なるので、あるパンツスーツでは装着できるベルトが、別のスーツでは装着できないという事態に陥ってしまう危険性もあるでしょう。上記のような背景から、女性が就活用ベルトを選ぶ場合は、できるだけ細いものを選ぶことをします。

初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング