IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

脱サラの意味・成功例と失敗例|脱サラして起業/農業/医者/漫画家

更新日:2020年11月20日

言葉の意味

脱サラして自分で事業を構築する際に気をつけるべきことをご存知ですか?今回は脱サラの意味や成功例と失敗例、様々な事業での事例を紹介していきます。脱サラして起業するには、脱サラして農業をする際に気をつけないといけないことはなんでしょうか。

脱サラの意味

脱・サラリーマン

労働というのは、必ずしも雇われることがベストなことではありません。働くといえば、どうしてもどこかの企業に所属をして、そして、賃金をもらうというのがスタンダードではあるのですが、それだけではないのです。 自営業、フリーランス、起業、ということが選択肢として誰にでもあるのです。スキルや資金的に成功するのかどうかというのは別としてもとりあえず誰にでもその選択肢はあるのです。最初からそうした形で稼いで行くというのではなく、最初はサラリーマンからというのもありです。 サラリーマン時代で得た知識やノウハウ、人脈を活用して起業することもよくある話です。 それが脱サラであり、一時期、物凄く流行したことがあります。今でも少なからず脱サラを意識してサラリーマンをしている人はいます。 よいか悪いかというよりは自分自身の人生の方向性といえますから、基本的には好きにすればよいことです。脱サラというのは、なかなか覚悟が必要になることになります。サラリーマンとは会社に守られている側面が強くあるからです。 それから抜け出して自分ですべての責任を負い、稼いで行くということになりますから、脱サラはとても決意が必要になることなのです。

サラリーマンの意味

そもそもサラリーマンというのはどんな人たちなのか、ということをよく理解しておきましょう。基本的にこれは日本の造語になります。ですから、日本でしか通用しない、ということを前提にして、これは『給料をもらって生活をしている人』ということになります。 サラリーというのは給料であり、マン、というのは人という意味になります。サラリーマンは公務員ほどではないにしても安定しているのです。ちなみに公務員もサラリーをもらっている人ではありますが、別扱いされていることが多いです。そもそも労働者という定義からも公務員は実は外れています。 その為、雇用保険などに公務員は加入できないですし、また基本的に解雇がないのです。 ですから、公務員が雇われている、という意味からすれば最も安定しているといえます。 それよりは劣ることになりますが、やはりサラリーマン、つまり民間企業に勤めている場合でも自営業者よりは遥かに安定しています。 何よりもそれが大きな特徴です。脱サラをするときにはその大小あるとしても恵まれた環境をやめてしまうということになりますから、覚悟しておきましょう。

脱サラの成功例と失敗例

脱サラの成功率

脱サラは要するに自営業として起業してやっていく、自力でやっていく、ということになりますから、極めて大変なことになります。成功率ですが、かなり成功率は低いといえるでしょう。脱サラの成功率というのは、要するに起業した企業が何年後にどのくらい残っているのか、というデータから逆算することができます。 必ずしもすべての人がサラリーマンから起業したというわけではないのですが、参考にすることは十分にできるでしょう。そして、その『生き残っている割合』ですが1年で40%であり、5年で15%になります。10年では5%程度になっています。 これはキチンと日本商工会議所などが出しているデータや経済産業省などが統計として出している企業生存率からの数値になりますから、かなり正確であるといえるでしょう。つまり、それこそ半分以上は1年持たない、ということになります。 それほどまでに脱サラというのは過酷な道である、といえるのです。10年単位でやっていけるところは僅かに5%単位であり、脱サラがどれほど難しいのか、ということがそこからもよくわかることでしょう。 しかし、キチンと成功している人もいますし、その後、どんどん自営業で稼いでいき、法人化して最終的には上場、となった例もないわけではないのです。どんなに今現在、大きな企業であろうともはじめは小さかったわけですから、最初の規模に関しては気にしないことです。 問題はかなり脱サラをして生計を立てていくことすらも困難である、という現実のほうです。それでも成功例はあるわけですから、そうしたことを参考にして経営計画や脱サラ計画を立てるようにしましょう。

成功例として

脱サラの成功例としてみるべきものとしては、職種とか或いは何を売るのかとかそうしたことではなく、地盤をしっかりと築いてからやったパターンです。 たとえば、物を売るとするのであれば今時は間違いなくネット販売もしていることでしょう。もちろん、物によってはできないこともありますが基本はそうです。そのため、サラリーマンのときに少なからず『副業』として利益を出せるようにやっておきます。 あくまで脱サラをする前の副業レベルではありますが、本格的に取り組んだらどの程度の利益を見込めるのかということを逆算して計画を立てることもできますし、これは成功例のパターンとしてよく言われている方法です。 つまり、いきなり脱サラをして起業するのではなくいくらかやってみて成功への道筋を脱サラ前にすでに組み立てておくということです。知識、ノウハウを身につけておきましょう。 飲食などの仕事ですとどうしても前もってというのはできないと思いますが、料理の腕を磨いたり、休みの日に飲食関係でバイトをしてコツを掴んでおくというのも手段の1つです。 兵法書として有名な孫子という本がありますが、これは経営の本としてもいろいろな経営者にがあります。その言葉に『戦う前に勝利を決める』というのがあります。事前の準備と見込みの正確性こそが脱サラ起業の成功への道です。 成功例を具体的に職種での事例やどんな売り方をしたのかということから見てもよいのですが、根本的な部分からいえば間違いなく計画的な起業であり見込みが少なからず立っていたというのがあります。 リスクを少しでも減らす、不安要素をなくしていくことです。これが脱サラというリスクを負う以上、少なからず重要なポイントになります。

失敗例として

脱サラの失敗としてあるのが素人なのに始めようとすることです。例外的なこととしてあるのがフランチャイズ起業です。これはすべてマニュアル化されていますから、まったくの素人でも業務がこなしていけるようにしていることが殆どではあるのですが、それでも特に計画性もなしにフランチャイズであるから大丈夫、と脱サラ起業をするのはまさに失敗の定石と言えます。 フランチャイズであろうとも事前に学べること、調べることができるポイントはいくつもあります。脱サラをするときに意外と多いとされているのが『楽観的』であることです。悲観的である必要はないのですが、無駄に楽観的に経営計画を立てることは失敗する可能性が極めて高いです。 特に今までサラリーマンとしての培ってきたノウハウが生かすことができないような、まるで新しいジャンルの仕事で起業する場合は厳しいでしょう。端的にいってしまうと失敗する例としてあるのはすべてにおいて、『見込みが甘かった』ということです。 具体的にどんな見込みが甘い失敗例があるのか、といいますと資金繰りとか或いは客入りの予想です。 特にいえるのが飲食店などは回転率をよく考える必要がありますし、開店当初はよく客が入ったとしても上手く回すことができないとどんどん客が遠ざかっていくことになります。そのため、バイトなどを雇うことが多いのですが、これが思いっきり固定費として圧し掛かってくることになります。 また、資金繰りですが日銭稼業であろうとも苦しいときもあるのに、売れても売上自体は数ヵ月後、といったタイプの商売の場合、相当な資金を前もって用意しておく必要があります。 その見込みがどのくらいであるのか、というのを見誤るとよく売れているのに倒産、ということもありえます。これもよくある失敗例であると言えます。 計画を立てれば必ず成功するわけではありませんが、リスクに関しては慎重すぎるほどに備えて、計算することです。多くの脱サラ起業の失敗例から学ぶべき部分はそこになるでしょう。

脱サラ起業

どんなことがあるのか

一言に脱サラ起業といっても色々と業種はあります。どれが成功しやすいのか、ということもありますが、あくまで自分がやりたい仕事、或いは見込みがあると考えられる仕事を選択するべきでしょう。 そもそも自分の性質に合うのかどうか、というのもせっかく脱サラするのですから考慮するべきです。少なくとも何でもよいから起業、という認識でやろうとするのは失敗する要素しかありません。 ただし、やはり脱サラ起業しやすい業種というのは確かにあります。比較的やりやすいことを知っておくのには価値があります。

コンビニエンスストア

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング