IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンサルタントの仕事/資格の種類|種類別コンサルタントの所得の違い

更新日:2020年08月14日

資格・検定

近年の企業風土の多様化によりコンサルタントと言えど、資格の種類により業務の範囲も専門化します。コンサルタントの種類のみならず、企業の種類にも年収が変わってくる傾向にあります。どのコンサルタントが自分に適しているのか考えてみましょう。

コンサルタントの仕事の種類とは?

コンサルタントという職業の名前を聞いたことがある方は多いと思いでしょう。しかし、実際にどんな仕事のなのか、コンサルタントの仕事内容やコンサルタントの仕事の種類について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。コンサルタントの仕事の種類について解説していきます。

そもそもコンサルタントって何?

そもそも、コンサルタントとは、いったいどんな仕事をしているのでしょうか。コンサルタントの仕事内容について解説していきます。 コンサルタントとは、仕事を与えてくれるクライアントの意向に沿って、いかにクライアントが利益を生むか、いかにクライアントのメリットになるか、ということをよく考え、自身の経験やデータ、知識を駆使してクライアントの要望に応えたり、経営や企画などのアドバイスをする職業です。 また、経営や企画を実行するうえで、ビジネス上の危険などをいち早く察知し、トラブルからクライアントを事前に守ることもコンサルタントの仕事になります。コンサルタントは、フリーランスでコンサルタントとして働いている人も多いため、その仕事内容は会社や個人によってもかなり変わってきます。 また、コンサルタントは、仕事を与えてくれるクライアントがいなければ、仕事をすることが出来ません。ですから、クライアントに対して営業を行ったり、今までこんな実績がありますということをアピールして、仕事を取ってくることも仕事のうちなのです。仕事を貰えないことには、そもそもコンサルタントの仕事をすることはできません。

コンサルタントの種類は豊富

コンサルタントと一言に言っても、コンサルタントの仕事の種類はたくさんあります。コンサルタントは、自身が『コンサルタントです』と名乗れば、コンサルタントになることが出来るため、〇〇コンサルタントという、さまざまな種類のコンサルタントの職業が、たくさん存在するのです。豊富なコンサルタントの種類の中でも、メジャーな種類のコンサルタントの仕事を中心に紹介していきます。

経営コンサルタント

経営コンサルタントという言葉は、一度は聞いたことがあるという方が多いでしょう。経営コンサルタントとは、名前の通り経営のコンサルタントをする仕事です。経営者がコンサルタントを利用する場面としては、主に起業のときが多いです。 経営者も、起業という未知の世界に飛び込むわけですから、起業や経営に関する専門的な知識や経験があるコンサルタントに頼りたいと思う人も多いのです。経営コンサルタントは、そんな経営者たちの経営に関する悩みや、会社の方向性などを聞き、それに合わせて経営の方針を決めたり、経営の仕方を工夫するなどすることが必要になります。 経営コンサルタントに求められることは、とにかく経営に関する知識と経験です。そのため、経営学や商学についての知識が多ければ、それをコンサルタントの仕事に生かすことが出来ます。また、傾きかけている経営や、すでに破綻しそうな経営を立て直すことも、経営コンサルタントの仕事です。経営コンサルタントは、企業の意向に沿うことと同時に、経営者に利益を与えること・損失を与えないことも大切な仕事です。

技術コンサルタント

技術コンサルタントとは、専門的な技術が必要である場面で、専門的な知識や経験をクライアントに説明し、技術的な解決策や手法などを提示するということが主な仕事です。技術と言ってもさまざまなものがありますが、それぞれの種類の技術に合わせたアイデアや解決策などが必要です。 技術コンサルタントはその種類の技術に特化した人物でないと行えないことがほとんどです。下記で紹介する、建設コンサルタントや、上下水道コンサルタントという種類のコンサルタントに関しても、『技術コンサルタント』と総称することもあります。

建設コンサルタント

技術系コンサルタントの中に、建設コンサルタントという種類のコンサルタントがあります。建設コンサルタントは、主に公共施設や病院などの建設の際に必要とされます。建設コンサルタントは、建設に関する深い知識が必要になり、建設に関することはもちろんですが、建設現場の危険回避や、近隣住民への対策なども仕事の1つになることもあります。 公共施設の場合にはとくに、トラブルを避けることが何より大切なため、建設中の事故や近隣トラブル、技術上のトラブルなどを事前に防ぐためにも、専門性の高い知識を持ったコンサルタントを立てることがあるのです。建設コンサルタントの場合には、建設に関する知識はもちろんですが、建設に付随するトラブル回避など、さまざまな種類の知識も必要になります。

上下水道コンサルタント

技術系コンサルタントの中に、上下水道コンサルタントという種類のコンサルタントがあります。上下水動コンサルタントも、主に国や、地方自治体の要請で仕事をすることがほとんどです。 上下水動工事は、道路を封鎖することや騒音などで、近隣住民の苦情を受けることが多くなるため、事前にトラブル対策をしたり、近隣住民の苦情を減らすことや、上下水道の配置や地形を見て工事のスケジュールを決めることなどが仕事になります。もちろん、下水道に関する深い知識が必要になります。

建築コンサルタント

初回公開日:2017年09月11日

記載されている内容は2017年09月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング