IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定延期をしたい場合の対処法|メール/電話での伝え方・伝える時期

更新日:2023年01月26日

内定後

企業から内定通知を受けた後、他の企業の選考結果を待ちたいとき、内定承諾書の提出を延期してもらうというのが一般的です。それでは、内定延期をしてもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。内定延期の電話やメール、依頼するときの注意点などを紹介していきます。

電話を切る際は、必ずお礼を述べるようにしましょう。「本日はお忙しいところありがとうございました。それでは失礼します。」というように一言添えるだけで、ビジネスマナーが身についていると思われます。電話を切る際も静かに切るようにしましょう。

採用担当者が不在だった場合

採用担当者が不在の場合は、こちらから折り返し電話する必要があります。採用担当者が戻る時間を確認してから電話するようにしましょう。また、相手側からの電話に出られなかった場合、何度も行き違いがあると失礼なので、速やかに折り返し電話をかける必要があります。 採用担当者が不在であった場合には、「大学名」、「学部」、「氏名」、「用件」を必ず伝えるようにしましょう。電話に出た相手が採用担当者に内容を引き継ぐために必要なので、ゆっくりと聞き取りやすい声で答えましょう。 また、電話を折り返しかけても採用担当者が不在だった場合は、困った様子をみせずにきちんと対応しましょう。もう一度、採用担当者が戻る時間を聞き、後ほど改めて連絡する旨を伝えてください。

可能なら、お詫び状を送る

内定延期の依頼を電話でする場合は、お詫び状を忘れずに送るようにしましょう。お詫び状を送ることで、内定延期に対しての誠意を見せることができます。お詫び状に関しても、早い段階で送ることが大切です。電話をして終わりではなく、もう一段階踏むのがいいでしょう。

メールで依頼する

内定延期をメールで依頼することも多いです。メールは電話よりも伝えにくいことも言いやすくなりますが、見落とされてしまう可能性もあります。分かりやすく要点を伝え、件名を見ただけで内容が分かるようにしなければいけません。 それでは具体的にみていきましょう。

内定延期依頼のメールの例文

<件名> Re:選考結果のお知らせ <本文> ○○株式会社 人事部採用課 △△様 お世話になります。本日〇月〇日に採用内定のご連絡をいただきました、〇〇です。 この度は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 勝手を申しまして大変恐縮ですが、内定の報告を兼ねて両親と相談させていただきたくご連絡をいたしました。 両親にも安心してもらい、理解を得た上で御社で勤務させていただきたいと考えております。 内定をいただいたにもかかわらず大変恐縮なのですが、〇月〇日までお時間をいただくことは可能でしょうか。 私事で大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますよう何卒お願い申し上げます。 氏名:○○ メール:○○@○○ 電話番号:xxx-xxxx-xxxx 住所:〒○○○-○○○○    ○○県○○市○○町○○番地

メールで依頼するときのポイント

電話で内定延期を依頼するのとあまり変わりはありません。どちらにしても、「誰かと相談したいので待ってもらいたい」と伝えるようにしましょう。「他社の選考結果を待ちたい・まだ他社での選考がある」という理由を伝えることは絶対にないようにしましょう。 また、企業側は「すぐにでも返事が欲しい」と思っています。1週間以上の保留ならば最悪、内定取り消しも覚悟して交渉する必要があります。 さらに、メールで送る際には「理由・期限・謝罪」を盛り込んだ内容にするようにしましょう。具体的には次の項目を押さえましょう。 ・なぜ内定承諾を待って欲しいかを先方に伝える ・いつまでに決めようと思っていると伝える ・内定保留を申し訳ないという気持ちを伝える このように、「理由・期限・謝罪」という3要素を組み込むことで、誠意をみせることができます。 基本的には、通常のビジネスメールのルールが守られていれば問題ないのですが、以下の点に気を付けて書くと上手くいくでしょう。 ・用件は簡潔に述べる ・件名で内容がわかるようにする ・最後に必ず署名を付ける ・連絡は、内定通知が来たらなるべく早く、可能ならば24時間以内に送る

長期の内定延期を依頼する場合

これまで、「他社の選考結果を待っている」と話すことは禁忌だと述べてきました。基本的には、「家族に相談したいから内定延期をお願いしたい」と言ってしまうと、企業側は短期間の内定延期を想定すると考えられます。しかし、逆に言えばこの理由では長期間の内定延期を手に入れることが出来ません。そこで、長期間の内定延期を依頼する場合は、思い切って「第一志望の選考結果がまだなので」と言ってしまうのもひとつの策です。

長期間の内定延期を依頼するメール例文

<件名> Re:選考結果のお知らせ <本文> ○○株式会社 人事部採用課 ××様 お世話になっております。 本日〇月〇日に採用内定のご連絡をいただきました、●●です。 この度は内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。 実は入社のお返事ですが、もう少しご猶予を賜りたく思いご連絡致しました。 先日お話し致しましたとおり他社からも面接の連絡を頂いてるため、 そちらの話も一度聞いてから判断したいと考えております。 もちろん貴社に最も魅力を感じておりますが、一生を左右することですので慎重に決定させていただきたいと考えています。 内定を頂いたにもかかわらず大変恐縮ですが、 返答を〇月〇日までお待ち頂く事は可能でしょうか。 こちらの一方的な都合で大変恐縮ですが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 氏名:●● メール:○○@○○ 電話番号:xxx-xxxx-xxxx 住所:〒○○○-○○○○    ○○県○○市○○町○○番地

内定延期を依頼する時期はいつか

次のページ:内定延期を依頼する際の注意点
初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング