IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネットワークスペシャリストとは?仕事内容/平均年収/必要資格

資格・検定

皆さんは「ネットワークスペシャリスト」という職業をご存知ですか?おそらく、聞きなれないワードだという方も多く、聞いたことはあってもどんな職業なのかイメージが湧かないという方もいるでしょう。今回はそんな「ネットワークスペシャリスト」について迫ります。

更新日時:

ネットワークスペシャリストの仕事内容、収入事情、資格について

皆さんは「ネットワークスペシャリスト」という職業があることをご存知ですか?おそらく、多くの方にとってはあまり聞きなれないワードなのではないでしょうか。もしくは、既にご存じだったという方々であっても、どんな仕事に携わっているのか、平均年収はどのくらいなのかといったことについてまでは知らないという方が多いでしょう。 今回はそんなネットワークスペシャリストという職業に焦点を当てて、その主な仕事内容や収入事情、そしてなるために必要な資格などについて様々な観点から見ていきます。

ネットワークの設計・構築・運用に携わる人

ではそもそもネットワークスペシャリストとは一体どんな職業のことを指すのかと言いますと、簡単にいうと「ネットワークの設計・構築・運用に携わる人」のことです。ネットワークに関する専門的な知識を活かして、情報通信ネットワークの計画、設計、運用業務を安定的、効率的に遂行する業務に従事したり、またネットワークシステムの企画・要件定義・開発・運用・保守に携わり、ネットワーク資源の管理や要求分析、技術支援などの業務にも携わります。

具体的な業務内容

続いて、ネットワークスペシャリストの業務内容についてより具体的に見ていきます。ネットワークスペシャリストは主に企業が社内で利用するインターネットのネットワーク構築やシステムネットワークの構築や安全な運用を行います。 例えば、社内の複数の端末を通信ケーブルを使ってネットワークを構築するLAN、会社の拠点同士のネットワークを構築するWAN、インターネットを活用して安全なネットワーク構築するVPNなどがあり、これらを設計、構築、そして構築されたネットワークを安全に運用していくのがネットワークスペシャリストの中心的な仕事となります。 ネットワークスペシャリストがこなすこういった業務のおかげで、その会社に勤める従業員全員が同一システムを利用する事ができるようになり、社内で利用される各デバイスの情報やデータの共有をスムーズに行えるようになったり、データ入力が簡素化されたり、リアルタイムでデータが更新されるようになったりします。ネットワークスペシャリストがいることで非常に多くのメリットが得られるとともに、ネットワーク社会である現代においては欠かせない存在となっています。

ネットワークスペシャリストの平均年収は450万円~700万円前後

続いて、ネットワークスペシャリストの平均年収について見ていきましょう。ネットワークスペシャリストの平均年収がどのくらいになるのかと言いますと、だいたい450万円~700万円前後程度になります。これは日本の給与所得者全体の平均年収と比べますと、日本の給与所得者全体の平均年収が440万円なので、ネットワークスペシャリストの平均年収である450万円~700万円前後というのは、比較的高収入の職業であるということがわかります。 さらには、ネットワークスペシャリストの場合、通常の月給とは別に資格手当てというものが出る企業が多いです。そのため、給与に15,000円程度上乗せされるというメリットもあります。

転職には「ネットワークスペシャリスト資格」が必須です

続いて、ネットワークスペシャリストになるために必要になってくる資格について見ていきましょう。先ほどご紹介したネットワークスペシャリストの主な仕事内容からもわかる通り、業務に従事するにはまずネットワークに関する高度な専門的な知識を習得する必要があります。特に希望する会社の規模が大きくなればなるほど、このネットワークスペシャリスト資格というものが転職や就職の際には必要不可欠になってくるでしょう。

平均降格率は14パーセント~15パーセント前後

では、このネットワークスペシャリスト資格の試験の難易度はどうなのでしょうか。正直な話、ネットワークスペシャリスト資格の試験の難易度は高めです。合格率でいいますと、平均でだいたい14パーセント~15パーセント前後になります。これは、国家資格の法律関係の資格試験の中でも取得が難しいとされる税理士の資格試験の合格率と同じくらいです。また、そもそも国家資格全体の平均合格率がだいたい20パーセント前後になるので、やはりネットワークスペシャリスト資格の試験は取得が難しい方であるということがわかります。

ネットワークスペシャリスト試験の問題例

問題例①

続いてネットワークスペシャリスト試験の問題例について見ていきましょう。以下で、過去のネットワークスペシャリスト試験で出題された問題についていくつかご紹介します。 ①インターネットプロトコルのTCPとUDP両方のヘッダに存在するものはどれか。 ア:宛先IPアドレス イ:宛先MACアドレス ウ:生存時間(TTL) エ:送信元ポート番号                         正解:エ

問題例②

②IPv4アドレスが 192.168.10.0/24~192.168.58.0/24 のネットワークを対象に経路を集約するとき,集約した経路のネットワークのビット数がもっとも多くなるものはどれか。 ア:192.168.0.0/16 イ:192.168.0.0/17 ウ:192.168.0.0/18 エ:192.168.0.0/19                          正解:ウ

問題例③

③TLSに関する記述のうち,適切なものはどれか。 ア:TLSで使用するWebサーバのディジタル証明書にはIPアドレスの組込みが必須なので,WebサーバのIPアドレスを変更する場合は,ディジタル証明書を再度取得する必要がある。 イ:TLSで使用する個人認証用のディジタル証明書は,ICカードなどに格納できるので,格納場所を特定のPCに限定する必要はない。 ウ:TLSはWebサーバを経由した特定の利用者間の通信のために開発されたプロトコルであり,Webサーバ提供者への事前の利用者登録が不可欠である。 エ:日本国内では,TLSで使用する共通鍵の長さは,128ビット未満に制限されている。 正解:イ

ネットワークスペシャリストのおすすめの参考書と勉強法

最後に、ネットワークスペシャリストの試験勉強におすすめの参考書と勉強法についてご紹介します。まずは、おすすめの参考書についてです。以下にいくつかご紹介します。 ①ポケットスタディ ネットワークスペシャリスト [第2版] (情報処理技術者試験) 著者:村山 直紀 ②ネスぺ23 本物のネットワークスペシャリストになるための最も詳しい過去問解説と合格のコツ 著者:粕淵 卓 /平田 賀一 ③3週間完全マスター ネットワークスペシャリスト 著者:Gene/浜崎 寛士/小林 洋之/松田 千賀 今ご紹介した三つの参考書は、ネットワークスペシャリストの試験勉強をする上では定番中の定番の参考書となっています。長年ネットワークスペシャリスト試験への対策本を発売しているということもあり、独自の分析・解析結果を元にし、ネットワークスペシャリスト試験で出題される問題の特徴や注意すべき点、解き方のコツなどが紹介されている、ネットワークスペシャリストの学習にはもってこいの参考書となっています。 勉強方法としましては、まずは専門用語をしっかりと理解することに重点を置き、それを済ませた後は、短い時間で問題文を理解するということを意識しながら問題を解いていきましょう。そうすることで、何度も問題文を読み返したりという無駄な時間を省くことができますし、見直す時間確保することができるようになるという利点も多いので、この勉強方法がおすすめです。

効率の良い学習を心がけよう

いかがでしたでしょうか?今回はネットワークスペシャリストという職業について様々な観点からご紹介してきました。何度も言いますが、ネットワークスペシャリストの資格試験は取得が非常に困難な試験になります。そのため、より効率の良い学習方法を見つけて、常にそれを心がけながら学習を進めて行くようにしましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング