IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2月・3月の内定辞退の方法とマナー|3月31日に申し出ることは可能か

更新日:2020年05月29日

内定後

このページでは、「2月・3月の内定辞退」をテーマにして、2月・3月に内定辞退する場合の方法やマナー、内定辞退をすることができる限界と言える期間などについて、考察したり関連情報をご紹介したりしています。内定辞退の際に、ぜひお役立て下さい。

内定辞退は、いつまでならできるのか

基本的に、新卒採用の場合は4月からの入社となるケースがほとんどですが、2月・3月に内定辞退をするとなると、入社まで時間がありません。特に、3月中旬~下旬の場合は、4月の入社前ぎりぎりの辞退となりますが、実際の所は最も遅くてどれくらいの時期まで内定辞退が可能なのか、気になる所です。 結論から言うと、「入社日(採用日)の2週間前」が内定辞退をする場合の限界だと言われています。なぜ、2週間前なのかというと、雇用の契約について、民法で定められたルールがある為です。 内定辞退でなく、退職の場合になりますが、退職の意志を企業に申し出てから2週間が過ぎれば、例え企業が認めていなくとも、社員は退職することが可能となります。内定辞退の場合も、入社日の2週間前までに申し出れば、上記のルールが当てはまり、2週間後の入社日には退職することができると考えられます。 上記のような理由から、内定辞退のリミットは、最も遅くても入社日の2週間前であると言えそうです。

3月31日に内定辞退を申し出ることは可能か

3月は31日までありますので、3月中の最も遅い内定辞退は、3中31日ということになります。3月31日に内定辞退をする場合、4月1日が入社日であると、前日に内定辞退をすることになりますが、実際の所は避けた方が良いでしょう。 上記でもご紹介したように、民法では退職の意志を企業に伝えてから2週間で、退職することが可能となります。3月31日に内定辞退を伝えた場合、31日から2週間経たなければ、雇用関係は解消されないことになります。このような民法の観点から考えると、やはり遅くとも、入社日の2週間前までには内定辞退をする旨を企業へ伝えておいた方が良いでしょう。 また、内定辞退をすることで、企業側の予定が変更してしまったり、新入社員の枠が余ってしまったりする可能性もあり、迷惑を掛けてしまいます。早めに内定辞退を伝えれば、企業も新たな人材を探すことができますが、入社日ぎりぎりの3月31日となると、代わりの人材などを探す余裕がありません。企業側への配慮やマナーという観点からも、3月31日に内定辞退をするのは、よほどやむを得ない事情がある場合以外は、避けることをおすすめします。

2月・3月に内定辞退をする人に多い理由

上記でもご紹介したように、内定辞退について企業に伝える際、必ずしも理由を説明しなければならないというわけではありません。しかし、2月・3月の内定辞退の場合は、企業への負担も大きくなる為、相手の様子や状況によっては、内定辞退の理由を話した方が良い場合もあります。2月・3月に内定辞退をする場合、どのような理由が考えられるか、考察していきます。 一般的な内定辞退の場合、圧倒的に多い理由は「他社で内定をもらうことができたから」という内容だと考えられます。勿論、企業側に上記のように正直に伝えてしまうと、揉める場合があるので、大半は「一身上の都合」「家庭の事情」などと説明するでしょう。 2月・3月という遅い時期の内定辞退の場合、他社から内定をもらった為に内定辞退をする機会は、ほとんどないと考えられます。やはり、家庭の事情であったり、事前の研修を受けているうちに企業の方向性に疑問を覚えたりといった理由が多いと考えられます。また、何らかの事情で大学を卒業することができなくなり、留年が正式に決定してしまった為に、内定辞退せざるを得ない場合もあるでしょう。 どのような理由にしても、内定辞退の理由について企業に説明する場合は、言葉の選び方や表現方法、口調に気を付け、少しでも相手に不快感を与えない伝え方で伝えることが大切です。

内定辞退する場合は、可能な限り早く伝えよう

いかがでしたでしょうか?今回は、「2月・3月の内定辞退」をテーマにして、2月・3月に内定辞退する場合のルールとマナー、また内定辞退をする場合のリミットとなる期間などについて、ご紹介しました。 法律上は、入社日の2週間前までであれば、基本的には内定辞退できることにはなっていますが、企業には大きな負担を与える行為となります。やむを得ない事情や突然のハプニングなども想定できる為、仕方がない場合はありますが、内定辞退の連絡は、その企業へ入社しないことを決定した段階で、なるべく早く入れるようにしましょう。

初回公開日:2017年05月19日

記載されている内容は2017年05月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング