IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理職への自己PRの書き方と例文|未経験/転職/新卒

更新日:2022年07月05日

書類選考・ES

経理の仕事に応募する際には自己PRの書き方の表現に戸惑うことがあります。数字を扱う為に生真面目さや細かさが印象高いからです。しかし人柄についてはどうでしょうか。経営を管理する人柄は重視される部分でもあり経理の自己PRには長所と語句の選択に工夫が必要です。

自己PRでは経理から連想される数字の正確性や数字の改善など、自分の長所がそれに適していることを説明しましょう。追求型でまじめな性格、明るく柔軟な性格、熱心な部分を持ち行動的なことなどを長所で述べると印象が良いです。 このように自己PRについて例文を読んでみると面接官の捉え方を想像することが出来ます。自己PRは企業に自分をプレゼンすることです。例えばPRしたい商品を作ったとしたら売りたい相手にネガティブな発言をしないように気を付けてお話しすることが大切です。自分の長所をPRする為には自分の人柄を述べるようにすると伝わりやすいでしょう。

ポジティブさを単語で選び自己PR文を作成

自己PRでは、自分が肯定的で明るく素直な人柄であることを肯定的でポジティブな語句で表現しましょう。経理に就いたらやり遂げたい抱負を含めた文章を客観的に見て自分が欲しいかどうか判断しPR文を確認しましょう。 私はに始まり、計画、性格、正確、考えた、やってきた、やりたい、できるなどを交えてPR文を箇条書きにして見たものを繋げるなどしてまずは自分の長所をポジティブな単語から連想し、長所を確認しておくことが自己PRには必要不可欠な作業でもあります。自己PR文の例のように、きっかけ・実例・長所・効果・やる気を順番に書くことでわかりやすく説得力のある自己PRになります。

初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング