IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理職への自己PRの書き方と例文|未経験/転職/新卒

初回公開日:2017年05月22日

更新日:2020年06月11日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

経理の仕事に応募する際には自己PRの書き方の表現に戸惑うことがあります。数字を扱う為に生真面目さや細かさが印象高いからです。しかし人柄についてはどうでしょうか。経営を管理する人柄は重視される部分でもあり経理の自己PRには長所と語句の選択に工夫が必要です。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

経理の仕事に応募する際の自己PRの書き方

自分を売り込みたい自己PRでは、前向きな考えを単語でも表すことで自分の信頼を売り込むことが出来ます。暗い表情より明るい表情の人の方が話しかけやすいように、面接で自分に興味をもってもらえるきっかけとなります。自己PRを作成する場合には使用する語句や長所を訴えかける必要があります。 経理の仕事は経験者優遇や簿記資格を有するものなどの他にも経営に関する知識やノウハウを持っている必要性もあり未経験には特にハードルが高く感じられます。それでも求職者にとってPRする部分を明確に押し出すことが出来れば未経験でも採用の可能性がアップします。

経理が未経験でも初めての企業への入社時はみんな新入社員

未経験募集よりは圧倒的に経験者に対する募集が多い事も経理募集の特徴です。しかし経理専門の学校も存在することから経理に就きたい経理未経験者が多くいることも求職者の間ではとても身近な話題の一つです。未経験でも経験者でも、受けたい企業の経理を担当することには双方ともに初心者であることには変わりありません。長所を交え経理の募集に自己PR文を作成出来るように順を立てて見てみましょう。

未経験で経理に就きたいPR文の考え方

未経験でも経理の募集があるとすれば業績上向きな企業での増員または経営管理者の卵としてコンサルティング会社や税理士事務所、会計事務所の補助員としての募集です。このくらいしか未経験での募集がないのは経理の本質によるもので、経理と経理事務は別物だという事を理解しましょう。 経理に就きたいという目標があれば経営を学ぶべきです。経理というものは経営を管理することを指します。経理事務とは経理に伴う事務作業のことで経理とは概念が違い、経理に就きたい場合に自己PRで悩む要因となっています。

未経験なら資格取得は自己PRに効果的

経理に未経験で就きたい場合には経理に有効な資格保持を自己PRとすることは効果的です。しかし資格は取得しただけでは業績に効果をもたらすことが出来ない為にPRとしてはこれだけでは足りないので、自分が経験した過去の出来事から経理に携わりたいと感じて考えて行動してきた心粋を述べると相手にPRとして伝えることが出来ます。未経験の場合には謙虚な表現で自己PRすると良いでしょう。経理に就くために自分が行ってきたこと、経理に対する抱負、活かした効果を述べるため経理に対する就きたい思いを書き出してみましょう。

新卒の自己PRの例

経理が未経験でも就きたかった思いは経験者でも新卒でも皆同じ気持ちがあるはずです。それぞれの経緯と目指すに当たり努力してきたことから経理に就いたら何をやりたいと思っているのか等、自分を採用してもらったことで企業には何の効果が認められるのかを考え順番に書くようにしましょう。

新卒の場合の自己PR例文

私は、経理に就く目標を掲げてから学生時代に知っておく経営の知識は飛びぬけているように感じたために発想の転換を行い学んでまいりました。経理は上がった数字を見て策を練り効果を生むために行動を指南することも業務の一つだとは考えられたのですが、その数字がどうやって作られているかを知る必要が社会経験未経験の学生にはありがたみが解らなかったからです。 そこで身近な日常生活から社会を覘く為に百貨店へ出かけました。百貨店に入ると挨拶での接客から買い求めやすい商品ディスプレイが印象的でした。従業員の立場で考えてみるとお客様の売り上げがないと給料がないので一日の売り上げ目標を立てなければならず取り扱う商品をいかに購入してもらえるかの心理作戦も必要不可欠になることが解りました。 将来経理を目指し、経営について有効な資格を取得の為に学校で勉強してきました。しかし実際に資格を活かすのは社会に出てからです。学んだ知識がどのように使うことが出来るのかが重要なのだと私は気が付きました。今回なりたい自分の為に学校で勉強をしそこで上を目指した時に疑問を持ち、今度はそれを知るために行動に出てて気が付くことができました。 経理に就いてからも分析しなければ納得できない自分の性格に自信を持ち、PDCAサイクルを徹底した経営管理に努め費用対効果を証明し業績向上に指南したいです。

経理に応募する場合どんな長所を自己PRに使うべきか

自己PRでは経理から連想される数字の正確性や数字の改善など、自分の長所がそれに適していることを説明しましょう。追求型でまじめな性格、明るく柔軟な性格、熱心な部分を持ち行動的なことなどを長所で述べると印象が良いです。 このように自己PRについて例文を読んでみると面接官の捉え方を想像することが出来ます。自己PRは企業に自分をプレゼンすることです。例えばPRしたい商品を作ったとしたら売りたい相手にネガティブな発言をしないように気を付けてお話しすることが大切です。自分の長所をPRする為には自分の人柄を述べるようにすると伝わりやすいでしょう。

ポジティブさを単語で選び自己PR文を作成

自己PRでは、自分が肯定的で明るく素直な人柄であることを肯定的でポジティブな語句で表現しましょう。経理に就いたらやり遂げたい抱負を含めた文章を客観的に見て自分が欲しいかどうか判断しPR文を確認しましょう。 私はに始まり、計画、性格、正確、考えた、やってきた、やりたい、できるなどを交えてPR文を箇条書きにして見たものを繋げるなどしてまずは自分の長所をポジティブな単語から連想し、長所を確認しておくことが自己PRには必要不可欠な作業でもあります。自己PR文の例のように、きっかけ・実例・長所・効果・やる気を順番に書くことでわかりやすく説得力のある自己PRになります。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング