IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接官の態度にはどういう意味がある?就職/公務員面接/英検等

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就活でもっとも緊張の高まるのが面接官とのご対面ではないでしょうか。終始笑顔の面接官や仏頂面の面接官などその出会いはさまざまです。そんな気になる面接官の態度と合否の結果は関係があるのか?どのように対応していけば良いのかなどについて解説します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接官の態度の違いにはどういう意味があるのか

いろいろな会社を回り、面接を繰り返すうちに面接官の態度に驚かされることがあります。都市伝説なのか本当なのかわからないような面接あるあるも多く出回っています。しかし、間違った情報に振り回されることなくしっかり見極めて自分のしたい仕事を目指しましょう。

どのような人が面接官になるのか

会社の中では立場がある程度上にあり、いろいろな権限を持った人が面接を担当する場合が多いと言われています。小さな会社ならば経営者が面接を行う事もあったり大きな会社ならば人事を担当する部署が存在し、人事に関してのキャリアを積みいろいろな人を見極める「目」を持った人が面接官になっていると言えるでしょう。 そのため、面接という短い時間の中でその人となりや仕事に対する姿勢、能力だけでなく人間としての力までを見抜かなければなりません。マニュアル通りの受け答えを求めているのではないため、時には態度を変えて相手の反応を見るというやり方を取ることもあります。

面接官との世代ギャップ

緊張感・わかりあえない空気・威圧感、そんなイメージが湧く方が多いのではないでしょうか。おそらく見えない「壁」のようなものがありとても仲良くはなれそうにない雰囲気を感じてしまい面接が一番苦手と感じる方も少なくありません。 その原因は、面接官との世代間ギャップです。20代で就活をしているとしたら面接官は自分の親のような世代の場合が多いため、なんとなく構えてしまうのは当たり前と言えます。 また、最近増えている「若い職場」だとしても面接を受ける側にはなんとなく勝手に「自分の方が下である」という感覚や「若いのに自分とは違う成功している人間」とイメージを大きくしてしまうため、相手の存在を意識しすぎて壁が出来てしまい緊張が強くなります。つまり自分側で描いている根拠のない恐れが壁になっているケースがほとんどです。

基本的マナーを忘れないこと

世代間ギャップや近い世代でも引け目を感じてしまったりという「壁」に対しては無理に克服しようとせず、基本的なマナーを守れているかを今一度再確認しておくことが大切です。 ・はっきりとした声での挨拶や立ち居振る舞い ・声の調子、相手の目を見て話す ・他人の目から見た時にどう感じるのか印象などをまわりの人に聞いてみる ・敬語の使い方など 世代が違っても若い人が賢明にマナーを考えて発言したり振舞っている姿というのは面接官にも好感が高い傾向があります。若い世代は多くの事をインターネットやスマホで済ませているため、面接官の世代にとってはコミュニケーション能力に欠けていると判断される場面も多いです。新たにマナーについての書籍などに目を通すなど、学びなおすこともです。

面接官の行動からわかること

就活・公務員試験で面接官が求めているものは同じ

世代間のズレやマナーの面などわかりやすいことだけでなく、面接官を動かすもっとも大きなものは面接を受けるにあたっての採用者の熱意です。卒なくなんでもこなすようになりたいと望む人は多いですが、不器用でも仕事への熱意を感じることが出来ればどの職種に限らず面接官の心に届きます。その様な場合には面接官の態度を良い方向に一変させてしまう可能性もあります。

英検の面接はどうなのか

英語検定の二次試験には面接があります。就職や転職との面接と基本的には同じですが、英語を使うという大きな違いがあります。面接での一般的な流れなどを頭に入れておくことが大切ですが、一次試験を無事通過して面接を受けているのだという状態に自信を持つように心がけ、堂々とした態度で望みましょう。 英語はコミュニケーションツールであり、正しく間違えないで話せることも重要ではありますが機械的になるのではなく面接官にきちんと向き合い、ハッキリと分かるように伝えるように心がけましょう。

態度が悪い面接官には理由がある。

面接の順番が来て部屋に入る前から見られている就活生。順番が来て席に着き、自分至上最高の好感度の高い表情、口角を上げて前向きな気持ちで挑もうという気持ちと緊張が入り混じる中、目の前に現れたのはなんとも態度の悪い、感じの悪い面接官ということもあります。そのため、いきなりテンションが下がってしまいそうになる方も多くいます。

次のページ:面接官の態度が悪いと不採用なのか
初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング