IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接官への挨拶の方法とマナー|複数いる場合の挨拶の仕方と順番

更新日:2020年08月14日

就活の面接

「人は見た目が大事」その見た目というのは、外見の事だけではなく、相手に与える印象も指しています。就活中、面接官へ与える印象は、きちんとした挨拶あってこそです。ここでは、基本的な面接官への挨拶の方法とマナーなどについて詳しくお話ししてみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接官への挨拶の方法とマナー

ネットや書籍を見て、基本的なマナーは身に着けているつもりでも、なかなか現実ではうまくいかないものです。自然に感じよく、分かってはいても緊張してしまったりなどで、スマートに挨拶を出来ている人は、多くはないでしょう。そこで今回は、いざという時に恥じない挨拶をするためにも、面接官への挨拶の仕方やマナーをおさらいしてみましょう。

身だしなみは大丈夫か

ビジネスの場に限らず、人と初めて会う時には、出来る限り身支度をきちんと整えておくことを意識しましょう。面接官は、意外に些細な綻びを見逃さないものです。なぜかというと、人の見た目には驚くほど、その人の人間性が現れてしまうからです。髪の乱れ、靴の汚れ、男性の場合はネクタイが曲がっていないかなど、挨拶をする以前の段階から、気持ちを整えていきましょう。

面接官以外への挨拶は、予行練習と思い全力投球で行いましょう

面接を受ける会社へ足を運ぶと、大きな企業などでは最初に受付に足を運びます。そこでまず挨拶をすることとなりますので、本番に備えた1次試験と思い、きちんとした挨拶を心がけましょう。第一声は当然「おはようございます」です。「おはようございます」を使う場合は、午前11時ごろまでを目安にしましょう。

「おはようございます」以外を使う場合は「失礼します」か「恐れ入ります」で問題ありません。間違っても「すいません」という言葉から始めないようにしてください。「すいません」は敬語ではありませんので、挨拶の時に使うのは避けるのがベターです。

受付の場合は、不快お辞儀をする必要はありません。第一声を掛け、受付の方と目があったら軽く会釈をし用件を伝えます。 ・自分の名前 ・なぜ訪れたか ・約束の時間と、相手の名前 この3つを、一度で聞き取れるようはっきりとした声で丁寧に伝えましょう。焦って早口になってしまったり、詰まってしまうことが無いように事前に練習をしておくことも大切です。ただ、ここではまだ失敗しても大丈夫です。焦らないで、真摯に向き合えば問題はありません。

いよいよ面接官との挨拶、その前に入室のマナーをおさらいしましょう

挨拶のやり方は頭でわかっていても、入退室のマナーについて分からないとう方もいるでしょう。やはり良い挨拶をするためにも、入退室のマナーも細心の注意を払って万全を期するようにしましょう。

入室するよう指示があったら、ドアを3回叩きます。ポイントは『3回』という回数と、叩き方です。強くたたきすぎてしまうと、乱暴な印象を与えてしまいます。かといって弱すぎると中にいる面接官に音が聞こえないかもしれません。もし応答がない場合は、もう1度『3回』ノックしてから、5秒ほど待機しドアを開けます。

基本的な流れではドアをノックした後、面接官から「どうぞ」と言われてから、静かにドアを開け、「失礼します」と一声挨拶をします。この時同時にお辞儀をおこないますが、角度は15度ぐらいを目安にしてください。くれぐれも、入室を促される前にいきなりドアを開けるようなことは避けてください。ノックの音に反応がなかった場合のみ、2回目のノック後ドアを開きます。ですがこれも最終手段のようなものだと考えておくほうが良いでしょう。

ドアを開けた時にまず一番に行いたいのは、面接官へのアイコンタクトです。きちんと相手のほうを向き、視線を交わすことはとても大切なことです。じっと見つめる必要はありませんので、一瞬のアイコンタクトを逃さないことに意識を集中しましょう。所作についても、発する言葉に関しても、とにかくゆっくりを意識しましょう。自分ではゆっくりのつもりでも、面接官を前にして緊張してしまうと、どうしても早くなってしまいます。

次に難しいのがドアを閉めるタイミングです。気を付けてほしいのは、面接官に対して完全に背を向けてしまわない事です。ドアに対して斜めに立ち、面接官にお尻を向けないよう注意しながら、静かにドアを締めます。背中を向けてはいけませんが、正面を向いたまま、後ろ手でドアを閉めるのは厳禁です。きちんと丁寧に所作を行うことを常に心がけていれば大丈夫です。

ドアを締めたら、ドアの前に立ち、面接官に対して正面を向きます。大きな声ではっきり「本日はよろしくお願い致します」と挨拶をして、いよいよ面接スタートです。

初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング