IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験で行政書士になる方法|資格取得後未経験で開業は可能?

プログラミング

皆さんは未経験者でもなれると思いますか?おそらく、皆さんのイメージからすると「行政書士」というのは就くのが困難な職業だと思います。今回はそんな「行政書士」という職業に未経験者でもなれるのかどうかについて様々な観点から見ていきたいと思います。

更新日時:

未経験で行政書士になる方法について

皆さんは「行政書士」という職業のことをご存知ですか。おそらく、一度は耳にしたことがあるという方がほとんどだと思いますが、そういった方のほとんどが行政書士は就職が困難な仕事だというイメージを抱いているのではないでしょうか。今回は、そんな「行政書士」という職業に未経験者でもなれるのかについて様々な観点から見ていきたいと思います。

「行政書士」とは?

まず未経験者でも行政書士になれるかという問題について触れる前に、そもそも行政書士とは一体どんな人のことを指し、どんな仕事を主に扱う職業なのかを知っておく必要があります。 行政書士というのは、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者を指します。主な業務内容としましては、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立て手続代理などを行います。 最近では、行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。 また、社会生活の複雑高度化などに伴い、一般の人にとってはその作成に高度の知識を要するような書類も増加してきています。 そのため、行政書士という職業が、官公署に提出する書類などを正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、また行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益があることから、行政書士制度の必要性は極めて高いと言われ、今後ともその重要性は高まると言われています。 さらには、行政書士の業務は依頼された通りの書類作成を行うようないわゆる代書的業務だけではなく、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続の業務も頻繁に行われるようになってきており、高度情報通信社会における行政手続の専門家として国民から大きく期待されるような職業になりつつあります。

具体的な作成書類例

以下で行政書士が主に作成する行政書類の例をいくつかご紹介していきたいと思います。 ・建設業許可 ・飲食店営業許可 ・自動車関連 ・交通事故損害賠償請求 ・会社設立 ・相続・遺言 ・各種契約書の作成

未経験者で行政書士になるのは非常に困難

ここまでご紹介してきた行政書士の主な業務内容からもわかる通り、未経験者から行政書士になるのは非常に困難であることは間違いないです。正直な話、未経験者から職業としての行政書士になるのはほぼ不可能に近いでしょう。もし未経験者から行政書士関係の仕事に携わりたい場合は、行政書士の事務所の事務仕事での求人募集などを頼りにする以外に方法はありません。 さらには、たとえ行政書士の事務所への就職や転職が決まったとしても、補助役としての仕事を全うしながら行政書士の国家資格を取得しないことには、書類の作成業務やコンサルタント業務などの専門的な知識が必須になるような仕事にはまず携わることは不可能です。

未経験者が行政書士の資格を取得することも困難

では未経験者が行政書士として本格的な仕事に携わるにはどうすれば良いのでしょうか。それは行政書士の資格を取得する他に道はありません。しかし、未経験者の場合行政書士の国家資格試験に合格することさえも難しいでしょう。 そもそも行政書士の国家資格の合格率は、5パーセント~10パーセント前後と言われています。これは、他の法律関係の国家資格と比較したとしても、合格率が非常に低い資格試験なのです。そのため、大学や専門学校である程度法律に関する教養がある方ならまだしも、まったくの未経験者の場合は、行政書士の資格を取得することさえも困難になってしまうのです。 しかし行政書士の資格試験には、受験する際の制限は全くないため、誰でも受験することが可能です。そのため、もし未経験者で行政書士の職に就きたいのであれば、まずは根気よくこの行政書士の国家資格のための勉強をするのが良いでしょう。

資格取得後は開業し個人で事務所を経営する人が多い

では行政書士の資格を取得した後はどうでしょうか。主な就職先として建設会社や不動産会社などがあり、専属の行政書士として勤務するというパターンもありますが、行政書士の資格を取得した後は、開業し個人で行政事務所を経営する人が大半を占めます。 もちろん、行政書士の資格する取得していない全くの未経験者の場合は不可能ですが、行政書士の資格さえ取得してしまえば、開業して自分の個人事務所を持つことはさほど難しいことではありません。 ただし、行政書士の業界というのは、お得意さんがいるということが非常に重要になってきます。それは、行政書士業界で知名度の高い行政書士事務所というのがある程度定まっているという点と、一度担当してもらった事務所から他の事務所に変更し、依頼するということが滅多にない業界であるからです。 そのため、過去に会社の専属の行政書士として勤務した経験や実際に個人の事務所を持っていたという経験がない場合は、ある一定の顧客を確保することが困難となり、失敗する可能性が高まります。未経験の場合は、資格取得後にまずは人脈形成に力を入れることが重要になってきます。

面接で聞かれることは「志望動機」と「前職の退職理由」の二つ

続いて、実際に行政書士の仕事に就く際に必ず通ることになる「面接」と「志望動機」についてです。まず面接についてですが、面接の際に聞かれることは主に志望動機と前職の退職理由です。志望動機でその人の行政書士という職業の捉え方や考え方、そして行政書士としてやっていく上での自分が掲げるビジョンなんかについて聞かれます。 前職の退職理由では、どうして前職の仕事を辞めてまで行政書士になりたかったのか、前職で培ってきたことは何なのか、そしてそれを行政書士という職業でどのように生かしていくつもりなのかなど、より具体性のある内容が求められます。また、前職も行政書士として働いていた人に関しては、過去にどのような実績を残しているのかを聞かれます。

面接でのポイントは「コミュニケーション力」と「対応力」

では行政書士の面接で未経験者が意識しておくべきポイントについてご紹介していきたいと思います。先ほどご紹介した行政書士の主な仕事内容からもわかる通り、行政書士の面接では「コミュニケーション力」と「対応力」が重点的に見られます。まずコミュニケーション力ですが、行政書士は基本的に会話したり相談したりと、直接客とコミュニケーションを取りながら行う業務がほとんどです。また、お得意様としての関係を築くためにも、行政書士にはコミュニケーション力が求めれます。 次に対応力ですが、行政書士は手続き代理の依頼などの業務のほかに、コンサルタント業務も中心的な仕事の一つとなっています。こういったコンサルタント業務においては、相手の要望や意見に対してそれをしっかりと理解し、専門的な知識に基づいた柔軟な提案を行う必要があります。そのため、その場でその人のことを理解し、適切な提案を思索し、提供するという対応力が重視されます。

未経験者の場合の行政書士の志望動機例文

最後に、未経験者の場合の行政書士の志望動機例文についていくつかご紹介したいと思います。

志望動機例文①

司法書士の実務に携わりたいです。 今現在、司法書士等の勉強中ではありますが、学んだ知識、これから学ぶ知識等を実際の現場で磨いていきたいと思っています。 将来は、幅広い知識を身につけ、困っている人の問題を解決し、新しいスタートを切れる手助けが出来ればと考えています。 昨年○○学校に入学し、授業で学び、セミナーで司法書士の先生方に実務の話を聞くにつれ、司法書士の仕事は、幅広く、奥深く、非常にやりがいのある仕事だと感じ、自分は一生この仕事でやっていく決意をしました。近い将来、必ず合格し司法書士になります。

志望動機例文②

私は、区役所では都市整備や都市政策の分野に勤務しており、市民が住みやすいまちづくりを提供する仕事をしておりました。業務を通して法令の大切さを知り、行政書士の資格を取得したことで、法律に携わる仕事に就きたいと考え、志望しました。御社の司法書士事務所では、住民の方々の力になる仕事をされており、また、司法書士の業務についてわかりやすい説明をされていることをインターネット上で拝見したことから、私も住民のためにお役に立てるよう、ぜひ御社で働かせていただきたいと思っております。

まずは行政書士の資格に向けた勉強を

いかがでしたでしょうか。今回は未経験者で行政書士になれるかどうかについて様々な観点から見てきました。 正直未経験者では行政書士になることは困難です。また、行政書士として本格的に仕事に携わりたい場合は、まずは行政書士の資格を取得しなければなりません。しかし、行政書士の国家資格へ向けた勉強を根気強く続け、そこを超えることができれば、未経験者でも行政書士として活躍することは可能でしょう。

アクセスランキング