IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年間休日105日は少ない?105日の内訳・年間休日に関する法律

制度

年間休日105日という労働条件について考察しています。年間休日105日は、休みが少ない方なのでしょうか?もし少ないとしたら、どれくらい少ないことになるのでしょうか?年間休日の平均や内訳などもご紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

年間休日105日は、普通?それとも少ない?

今回は、年間休日に関するさまざまな知識や、「年間休日105日」という労働条件に関する考察などをご紹介していきます。 求人情報などを見ていると、休日に関する条件で「年間休日105日」と記載されている場合があります。 求人情報では、やはり給与がどれくらいもらえるのか、勤務時間は何時から何時までなのかなどに注目しがち。更に、「年間休日105日」という日数に関して、「1年に105日以上も休めるのか…」と、何となく納得してしまう人も多いのではないでしょうか? その為、「年間休日105日」という条件などを見て、疑問や不安を抱く方は、あまり少ないかもしれませんね。 年間休日105日という休日数は、実際には多い方なのでしょうか?それとも少ない方なのでしょうか?

年間休日に関する法律

まずは、1年間にどれくらい働くことができるのでしょうか。 1週間の労働時間については、40時間(※1)までと法律で定められています。週休2日の場合は、1週間のうち5日間は働くことが可能。1日あたりに換算すると、8時間(※1)までの労働が可能ということになります。 年間休日が105日の場合、基本的にそれ以外の日は働くことになります。1年間は基本的には365日なので、1年のうちの260日(※1)は働いていることになります。 上記で、1日の労働時間は8時間であるとご紹介したので、この8時間の労働時間を、1年の休日以外の日である260日にかけてみると、休日以外で1年間のうちに働いている時間は、2080時間(※1)ということになります。 2080時間は、週で換算すると52週間(※1)です。 このような背景から、「年間休日105日」という条件は、1日8時間労働で1年間フルに働いて違法にならない労働条件ということがわかります。

年間休日105日の内訳

年間休日105日という労働条件で勤務した場合、「年間休日105日=土日のみ休み」という内訳になります。 1年間は、約52週(※1)と言われています。52週×週休2日=年間休日104日(※1)となります。 上記の計算から、「年間休日105日」という労働条件で週休2日制で働いた場合、土日以外は休みがないということがわかります。祝日や長期休暇なども、一切ないことになります。

平均的な年間休日

業界や職業にもよりますが、平均的な年間休日は、120日(※2)前後と言われています。 年間休日120日前後だった場合の内訳は、次のようになります。 まずは、週休です。基本的には土日などの週休2日制です。 年間休日105日の場合は、週休2日で1年間の休日はほとんどなくなってしまいますが、年間休日120日であれば、その他にも祝日やお盆・年末年始などはそこそこ休める計算になります。カレンダーで祝日や連休になっている日は、ほぼ休めると考えて問題ないでしょう。 休日数を12カ月で割って単純に1カ月あたりの休日数を計算してみると、毎月10日(※2)休めることになります。年間休日が105日だった場合と比較すると、かなり余裕を持って休めます。

年間休日105日は少ない方

今回は、「年間休日105日」という労働条件をテーマに、さまざまな角度から考察してきました。 土日などの週休2日以外は休むことが出来ない年間休日105日という条件は、年間休日としては少ない方と言えるでしょう。 企業の中には、年間休日125日という所もあります。1年間で見れば、年間休日105日で働いた場合と20日間しか変わりません。 しかし、何年も積み重なると、その差は歴然。もし、それぞれの条件で18年間働き続けた場合、年間休日125日の会社は、年間休日105日の会社よりも、360日・1年間も多く休めることになります。 福利厚生が充実している会社で働きたい、環境を変えたいと思っているなら転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントならあなたの将来のキャリアに合った求人を紹介してくれます。一度相談してみることをおすすめします。

年間休日105日は、違法ではないが何かと大変

年間休日105日は、平均的に見ても少ないという結論が出ました。 しかし、年間休日105日は、違法というわけではありません。法律で定められている労働時間に対して、ぎりぎりのラインではありますが、遵守していることにはなります。 とはいえ、より働きやすい労働条件で仕事ができる企業もたくさんあります。他社と比べて休みが少なかったり、年間休日105日の上に労働時間も長いなどのマイナス要素があるようなら、転職を考えてみるのも1つの方法です。

1年、3年、5年…長く働き続けた時に出てくる差を考えることが大切

「1年に100日以上休めるのだから、充分休める!」と思いがちな「年間休日105日」という労働条件ですが、実際には週末などしか休むことはできません。長期休暇や祝日などは、ないものとして考えておいた方が確実でしょう。 それでも、給与やボーナス、福利厚生との兼ね合いで、気にならない場合もあるかもしれません。 しかし、年間休日の平均は120日前後とも言われており、105日よりも多い企業はたくさんあります。 もし、年間休日105日で働いていくことに疑問や不安を覚えたら、転職などの可能性を考えてみるのも良いでしょう。 年収が上がった、プライベートが充実した!転職を成功させた人はたくさんいます。あなたが今の労働環境で満足していないなら、エージェントへ相談してみましょう!あなたの代わりに希望する条件の仕事を探し、紹介してくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

労働条件への不満が転職理由になることも

「休日を増やしたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。 ■転職理由3位:「給与に不満がある」 ■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」 ■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」 ■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」 (出典:DODA2016年データ) 企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。 慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。 是非、オススメの転職エージェントをチェックしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング