IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プログラミング問題を解いてランク付けされる「HackerRank」が面白い

ツール・サービス

企業への就職を考えたときに、エントリーシートや面接などで求職者の過去を重視されるときって多いですよね。能力至上主義の求人サイトはないのか、そこで登場したのが「HackerRank」というサイトです。今回はそのHackerRankについて紹介していきます。

更新日時:

ハッカーのためのサイトHackerRankとは

HackerRankは世界中のハッカーが、アルゴリズムや機械学習、人工知能といった様々な領域でプログラミング問題を解決するサイトです。ただの問題を解くサイトではなく、企業が問題を提出し、ハッカーが解いてハッカーにランクがつけられます。企業が才能あるハッカーを見つけるのを助ける、今までとは違った求人サイトです。

バックグラウンドの関係ないフラットな戦い

「We are on a mission to make the world flat.」 ハッカーたちは問題を解くだけで、企業へ自分の技術レベルをアピールすることができます。どこの大学を出たか、前職はどこで働いていたか、どんな経験をしてきたかはそこでは関係なく、フラットに一人のエンジニアとして評価されます。 プログラミング言語も多数用意されていて、あなたが得意な言語で回答ができます。スキルベースの求人サイトです。

プログラミング問題を解決する楽しさ

プログラミング問題は解決するのに楽しい問題が作られています。「求人サイト」という意識を忘れて、純粋にパズルを解くようなゲーム感覚で求職をできてしまいます。出題された問題に回答すると、その回答の正確さに対してポイントが付与されるので、ゲームでいう経験値を獲得していく感じです。

新しい話題と技術に興味を持つ

HackerRankで問題に挑戦していくと、新しいプログラミングの技術に触れる機会が多くなっていくでしょう。そこで学んでいくことで自分自身の関心を広めたり、技術力を高める機会となります。それがまた自分のランクを上げることになります。

HackerRankで世界に挑戦

HackerRankは求人サイトという色は薄く、プログラミング問題を解決する楽しさを味わうサイトという印象が強くあります。エンジニアからしてみればあくまで求人はおまけみたいな感じにも思えます。 自分のコードを提出すると、他の人と比較してランクがつけられるため、世界中のハッカーと能力を競うことになります。自分が世界でどのレベルなのか、あなたは気になりませんか?ぜひHackerRankで世界に挑戦してみてください。

未経験からエンジニアに転職したい

未経験かつ独学でのエンジニアへの転職は実際のところ難しい。未経験からの転職では「実務経験」がネックになるからです。 プログラミングスクール「Webスク」のカリキュラムでは、実務が積めます。しかも、スクール卒業後の転職までも保証(転職できなかったら全額返金)。もちろん講師は開発現場で経験を積んだプロであるため、最短でプログラミング技術を身につけられます。 本気で未経験からエンジニアへの転職を考えている方は、Webスクで実務経験を積みながら、エンジニアになることをおすすめします。 まずは「無料カウンセリング」から。

「起業したい!」 「スピード感を持ってエンジニアスキルをつけたい!」 「最新の技術を学びたい!」 という方には、TECH BOOSTがおすすめです。 TECH BOOSTは、「未来のなりたいキャリア」から逆算して、講座内容が組まれている、3ヶ月間のプログラミングスクールです。開催しているBranding Engineerという会社は、エンジニアの転職や独立を支援している人材会社なので、スクール卒業後のキャリアについても力になってくれます。 誰よりも早くエンジニアになり、最新の技術に挑戦していきたい人にオススメです。

関連タグ

アクセスランキング