IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師に向いていない人の特徴と性格|看護師の職を活かした転職先

職種研究

看護師として働いているのに、日々自分は看護師に向いてないと思いながら仕事をしている人もいるようです。仕事の辛さや自分で追い込んでしまうことによって、看護師を辞めたいと思いながらも仕事をしているのです。そこで看護師に向いてない人の特徴や対処法について紹介します。

更新日時:

看護師に向いてない人の特徴と性格

看護師に向いてないと感じながら毎日仕事をしている人は、仕事の時はモチベーションも上がらず仕事をすることになるでしょう。すると仕事に対する集中力も低下するので、仕事でミスをすることも多くなり、自分は看護師に向いてないと思うようにもなります。 看護師の仕事は命に関わる仕事なので、例え看護師に向いてなくても全力で仕事をしなければなりません。しかし、どんな仕事にも向き不向きがあるのは仕方のないことです。そこで看護師に向いてない人の特徴や性格について紹介します。

仕事で楽しようと思う人は看護師には向いてない

仕事を毎日こなしていけば慣れてくるので、何とか楽をして仕事ができないか考えるものです。一般の仕事ならば、作業効率を考えたり時短をすることによって、自分の時間が増えたり他の仕事をすることができます。しかし看護師の仕事では時短や楽をしようとすることができません。 仕事で楽をしたいと思う人は、看護師の仕事には向いてないと言えます。一つの手順を飛ばしたり、見落とすことによって命に関わる症状やトラブルになる可能性があるからです。自分の仕事に責任を持って、正しいやり方をすることが大切です。看護師の仕事で楽をしようと思ってもできることはないので、すぐに楽をしたいと思うような性格の人は看護師には向いてないと言えます。

命を救いたいという強い気持ちがない人は向いてない

看護師の仕事は命に関わる仕事になるので、例え他人の命でも救いたいという強い決意を持って仕事に臨むことが大切です。そのため命を救う使命感を持っていない人は、看護師の仕事をするには向いてないと言えます。目の前の命を救うことに全力を注いだり、症状の悪い人を良くするために力を注ぐのが看護師の仕事です。看護師の仕事は給料や金銭だけでは測れない部分も多いので、命を救いたいという気持ちがなければ仕事をすることは難しいでしょう。 看護師になるためにはかなりの勉強も必要となります。すべては命を救いたいという気持ちがあるからこそ頑張れるので、看護師を目指した時からの強い気持ちを持ち続けることが大切です。 そのため看護師になる前から命に対する強い思いを持っていますが、いざ働いてみると現実とのギャップに悩むかもしれません。毎日の仕事のハードさによって、看護師を辞めたいと思うようになるかもしれません。そのため看護師になる前からの強い決意を持ち続けられる人が看護師を続けられるので、命を救いたいという使命感や強い決意を持っていない人は看護師には向いていません。

目的意識が高くない人は向いてない

看護師の仕事をするには高い目的意識を持つことが大切です。患者の命を救いたいという強い決意や、病状を良くするためにお手伝いをしたいという気持ちがなければ、看護師には向いてないと言えます。看護師は患者に寄り添うことによって、患者に安心感を与えられる存在になれます。看護師は憧れだけでなれる職業ではないので、自分が看護師になって高い目的意識を持てなければ、仕事のハードさについて行けずに辞めたいと思うようになります。 高い目的意識を持っているからこそ看護師の仕事がハードでも頑張れるので、続けられる強い意志があるだけでも看護師に向いていると言えるかもしれません。逆に目的意識を持てずに現実の仕事の辛さに耐えきれない人は、看護師には向いてないと言えます。看護師はどんな時でも患者に希望や安らぎを与えられる存在でなければいけません。

テキパキとした仕事ができない

看護師の仕事は1分1秒を争う事態になることもあるので、テキパキと仕事ができなければ看護師には向いていません。自分が看護師に向いてないと思う理由も、仕事が上手くいかなかったり、ついて行けない時に看護師に向いてないかもしれないと思うことが多いです。責任感が強いほど仕事の重要性を知っているので、テキパキと仕事について行けないと感じるほど看護師に向いてないと思うようになります。 仕事は慣れもありますが、自分が慣れていないことが原因で患者に迷惑をかける訳にはいきません。常に看護師として今できる最高の仕事ができない人は、看護師には向いていません。最高の仕事ができなかったことによって、患者の命に関わるようなトラブルになれば、この先看護師としての自信を失ってしまい仕事もできなくなってしまうでしょう。 看護師は常に今できる最高の仕事ができなければいけないので、テキパキと仕事ができないと思った時にこの仕事には向いてないと考えます。誰でも体調や気分の変化もありますが、常に看護師は最高のパフォーマンスが求められるので、強い責任感と仕事への意識がなければできない仕事です。

看護師が向いてない・辞めたいと思ったときの対処法

自分にはどうしても看護師の仕事が向いてないと思うこともありますし、悩みながらもなんとか仕事をこなすこともあるでしょう。看護師の仕事は迷いがあるとトラブルの原因にもなるので、常に最高の仕事ができる状態でなければいけません。 看護師に向いてないと思ったり、もう仕事を辞めたいと思った時にはどうすればいいのでしょうか。悩みながら仕事をして万が一ミスをしてしまえば、患者に迷惑を掛けることにもなります。看護師が向いてないと思った時の対処法について紹介します。

なぜ看護師になったのかを思い出してみる

看護師に向いてないと思って辞めたいと思ったら、なぜ看護師になりたいと思ったのかを思い出してみましょう。看護師になるためには相当な勉強や努力がなければなることができないので、高い目的意識を持っていなければ看護師にはなれません。看護師になってみて初めて分かることもありますが、挫折をするのはどの仕事でもあることです。 看護師に向いてないと思うのは勝手に自分で自分を追い込んでいるだけなので、他の人から言われた訳ではありません。自分で看護師に向いてないと思い込んでいるだけなので、看護師になりたいと思っていた強い気持ちを思い出して、もう一度頑張ってみましょう。

職場の先輩に相談をする

看護師の仕事に向いてないと思っている人は多いかもしれませんが、その理由は仕事が大変だからです。看護師のほとんどが目の前の仕事に追われているので、手一杯の状態で仕事をすることもあります。そのような状態では時にはミスをしたりすることもあるので、責任感の強い看護師ならば自分は向いてないと思うこともあるでしょう。 同じような経験は先輩もしているので、看護師に向いてないと思った時は先輩に相談をしてみましょう。仕事の大変さを知っているからこそ相談できますし、誰もが余裕をもって仕事をしている訳ではありません。頼れるのは先輩や上司なので、悩みながら仕事をするよりも素直に相談をしてみましょう。

目の前の仕事だけに全力投球する

看護師の仕事が向いてないと感じたら、とにかく目の前の仕事だけの集中してみましょう。看護師の仕事は作業も多く大変なので、毎日大変な思いをしながら仕事をしています。肉体的に疲れてくると精神的にも弱くなってしまうので、辞めたいとも思うようになります。 目の前の仕事だけの集中していれば余計な雑念を考えることもないので、仕事に集中することだけを考えましょう。辞めたいと思いながら仕事をしていると、どうしても集中力が切れてしまってミスをしてしまいます。ミスをすれば余計自分は看護師に向いてないと思うようになるので、悪循環にハマってしまいます。看護師の仕事は毎日大変ですが、辞めたいと思ってもとにかく目の前の仕事に集中することだけは忘れてはいけません。

自分が充実した仕事が他にできるか考える

看護師になりたいと夢見てから必死で勉強をし、ようやく看護師になることができたはずです。看護師の仕事は毎日大変な作業の繰り返しで、常に真剣勝負の仕事になります。仕事としては毎日充実した日々を送ることができるのは間違いないので、誰に対しても誇れる仕事でしょう。 自分が誇れる仕事に就いて働いていることは、自分にとっても大きなプラスとなります。もしも看護師の仕事を辞めてから一般の会社に勤めたとしても、看護師の仕事のような充実感は味わうことができないでしょう。一般の仕事でも充実感を感じることはできますが、人の命に関わることとはまた別の充実感です。 看護師に向いてないと思って辞める時は、看護師の仕事の充実感に対して自分の気持を整理することが大切です。他の仕事をしても看護師の仕事の充実感を味わうことはできないので、本当に辞めても後悔しないかじっくり考えましょう。

看護師が向いてないと感じたときにおすすめの転職先

どうしても看護師の仕事が自分には向いてないと思ったら、看護師の仕事を活かした転職先を探すことをお勧めします。看護師の仕事での経験や知識は、他の仕事でも必ず役立てることができますし、むしろ重宝されることが多いです。看護師の仕事よりも余裕をもって仕事ができるので、おすすめの転職先について紹介します。

クリニックや診療所の受付

クリニックや診療所の受付ならば、看護師の専門的な知識を持っていると作業しやすくなります。看護師のように追われることがなく、仕事のほとんどが予約をしてから通院する患者さんばかりです。そのため余裕を持って仕事ができるので、テキパキと仕事ができなくて看護師に向いてないと思った人でも、十分仕事を続けることができます。

介護施設

介護の仕事は人材不足だけでなく医療の知識がある人がいると、とっさの時の判断ができるので重宝します。相手はお年寄りなので、体調が急変することもあります。その場で適切な処置をすることが求められることもあるので、看護師としての知識を活かすことができるでしょう。

保育士

保育士の仕事は子供の面倒も見ますが、時には体調を崩したりすることもあります。年配者よりも命に関わるリスクが少ないとはいえ、小さい子供はいつ何が起きるか分かりません。保育士も子供がケガや病気に突然なった時には、すぐに対処しなければならないので、看護師としての知識を活かすことができます。看護師の仕事よりも子供相手の仕事なので、毎日癒されながら充実した仕事をすることもできます。

誰もが全力で仕事をこなしている

看護師に向いてないと思うのは自分の思い込みかもしれません。誰もが看護師に向いているから仕事をしているのではなく、目の前の患者を助けたいという意思によって必死で仕事をしているのです。看護師に向いているかどうかではなく、目の前の患者さんを助けたいという強い気持ちが大切でしょう。向いていないと感じたら、転職してみるのもひとつの手かもしれません。モチベーションの上がる仕事ができると何よりいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング