IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師に向いていない人の特徴と性格|看護師の職を活かした転職先

初回公開日:2017年08月25日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

看護師として働いているのに、日々自分は看護師に向いてないと思いながら仕事をしている人もいるようです。仕事の辛さや自分で追い込んでしまうことによって、看護師を辞めたいと思いながらも仕事をしているのです。そこで看護師に向いてない人の特徴や対処法について紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

看護師に向いてない人の特徴と性格

看護師に向いてないと感じながら毎日仕事をしている人は、仕事の時はモチベーションも上がらず仕事をすることになるでしょう。すると仕事に対する集中力も低下するので、仕事でミスをすることも多くなり、自分は看護師に向いてないと思うようにもなります。 看護師の仕事は命に関わる仕事なので、例え看護師に向いてなくても全力で仕事をしなければなりません。しかし、どんな仕事にも向き不向きがあるのは仕方のないことです。そこで看護師に向いてない人の特徴や性格について紹介します。

仕事で楽しようと思う人は看護師には向いてない

仕事を毎日こなしていけば慣れてくるので、何とか楽をして仕事ができないか考えるものです。一般の仕事ならば、作業効率を考えたり時短をすることによって、自分の時間が増えたり他の仕事をすることができます。しかし看護師の仕事では時短や楽をしようとすることができません。 仕事で楽をしたいと思う人は、看護師の仕事には向いてないと言えます。一つの手順を飛ばしたり、見落とすことによって命に関わる症状やトラブルになる可能性があるからです。自分の仕事に責任を持って、正しいやり方をすることが大切です。看護師の仕事で楽をしようと思ってもできることはないので、すぐに楽をしたいと思うような性格の人は看護師には向いてないと言えます。

命を救いたいという強い気持ちがない人は向いてない

看護師の仕事は命に関わる仕事になるので、例え他人の命でも救いたいという強い決意を持って仕事に臨むことが大切です。そのため命を救う使命感を持っていない人は、看護師の仕事をするには向いてないと言えます。目の前の命を救うことに全力を注いだり、症状の悪い人を良くするために力を注ぐのが看護師の仕事です。看護師の仕事は給料や金銭だけでは測れない部分も多いので、命を救いたいという気持ちがなければ仕事をすることは難しいでしょう。 看護師になるためにはかなりの勉強も必要となります。すべては命を救いたいという気持ちがあるからこそ頑張れるので、看護師を目指した時からの強い気持ちを持ち続けることが大切です。 そのため看護師になる前から命に対する強い思いを持っていますが、いざ働いてみると現実とのギャップに悩むかもしれません。毎日の仕事のハードさによって、看護師を辞めたいと思うようになるかもしれません。そのため看護師になる前からの強い決意を持ち続けられる人が看護師を続けられるので、命を救いたいという使命感や強い決意を持っていない人は看護師には向いていません。

目的意識が高くない人は向いてない

看護師の仕事をするには高い目的意識を持つことが大切です。患者の命を救いたいという強い決意や、病状を良くするためにお手伝いをしたいという気持ちがなければ、看護師には向いてないと言えます。看護師は患者に寄り添うことによって、患者に安心感を与えられる存在になれます。看護師は憧れだけでなれる職業ではないので、自分が看護師になって高い目的意識を持てなければ、仕事のハードさについて行けずに辞めたいと思うようになります。 高い目的意識を持っているからこそ看護師の仕事がハードでも頑張れるので、続けられる強い意志があるだけでも看護師に向いていると言えるかもしれません。逆に目的意識を持てずに現実の仕事の辛さに耐えきれない人は、看護師には向いてないと言えます。看護師はどんな時でも患者に希望や安らぎを与えられる存在でなければいけません。

テキパキとした仕事ができない

看護師の仕事は1分1秒を争う事態になることもあるので、テキパキと仕事ができなければ看護師には向いていません。自分が看護師に向いてないと思う理由も、仕事が上手くいかなかったり、ついて行けない時に看護師に向いてないかもしれないと思うことが多いです。責任感が強いほど仕事の重要性を知っているので、テキパキと仕事について行けないと感じるほど看護師に向いてないと思うようになります。 仕事は慣れもありますが、自分が慣れていないことが原因で患者に迷惑をかける訳にはいきません。常に看護師として今できる最高の仕事ができない人は、看護師には向いていません。最高の仕事ができなかったことによって、患者の命に関わるようなトラブルになれば、この先看護師としての自信を失ってしまい仕事もできなくなってしまうでしょう。 看護師は常に今できる最高の仕事ができなければいけないので、テキパキと仕事ができないと思った時にこの仕事には向いてないと考えます。誰でも体調や気分の変化もありますが、常に看護師は最高のパフォーマンスが求められるので、強い責任感と仕事への意識がなければできない仕事です。

看護師が向いてない・辞めたいと思ったときの対処法

自分にはどうしても看護師の仕事が向いてないと思うこともありますし、悩みながらもなんとか仕事をこなすこともあるでしょう。看護師の仕事は迷いがあるとトラブルの原因にもなるので、常に最高の仕事ができる状態でなければいけません。 看護師に向いてないと思ったり、もう仕事を辞めたいと思った時にはどうすればいいのでしょうか。悩みながら仕事をして万が一ミスをしてしまえば、患者に迷惑を掛けることにもなります。看護師が向いてないと思った時の対処法について紹介します。

なぜ看護師になったのかを思い出してみる

看護師に向いてないと思って辞めたいと思ったら、なぜ看護師になりたいと思ったのかを思い出してみましょう。看護師になるためには相当な勉強や努力がなければなることができないので、高い目的意識を持っていなければ看護師にはなれません。看護師になってみて初めて分かることもありますが、挫折をするのはどの仕事でもあることです。 看護師に向いてないと思うのは勝手に自分で自分を追い込んでいるだけなので、他の人から言われた訳ではありません。自分で看護師に向いてないと思い込んでいるだけなので、看護師になりたいと思っていた強い気持ちを思い出して、もう一度頑張ってみましょう。

職場の先輩に相談をする

関連タグ

アクセスランキング