海外のサーバエンジニアの平均年収はいくら?

転職ノウハウ

サーバエンジニアは、スマートフォンの普及に伴い、日本国内でも今非常に需要が伸びている仕事の一つです。日本のサーバエンジニアの方の中にも、将来は海外の日系企業や現地の会社で働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

更新日時:

海外同士では大差なし!ただし日本より少し高め

まずは日本のサーバエンジニアの平均年収についてです。転職サイト「DODA(デューダ)」によると、2011年のサーバエンジニアの平均年収は460万円でした。一方で、イギリスの場合は約760万円となっており、日本のサーバエンジニアの平均年収を上回っています。 日本:464万円(※1) イギリス:764万円(※2) ここでイギリスと比較したのは、多くの国ではサーバエンジニアという名前は使われておらず、インフラエンジニアやネットワークエンジニアといった仕事と一括りにされているからです。この点を踏まえた上で、日本と海外の「インフラエンジニア/ネットワークエンジニア」の年収を見ていきましょう。 日本:456万円(※3) アメリカ:772万円(※4) オーストラリア:587万円(※5) カナダ:530万円(※6) 中国:260万円(※7) 日本円で比較するとアメリカと中国とでは約500万円もの差がありますが、現地の物価を考慮すると大差はありません。ただ、日本のサーバエンジニアの平均年収が500万円を下回っていることを考慮すると、やはり欧米圏は高額であることが分かります。

原因は分業化か 

日本でいうサーバエンジニアの年収が日本よりも海外の方で高い理由は、業務の内容が広いためだと考えられます。ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラの設計・構築や保守管理を中心とした作業を行う役目です。インフラエンジニアはインフラ設計、インフラ構築の一助を担う仕事で、「サーバエンジニア」は「インフラエンジニア」に包含されます。 日本の場合、多くの企業は分業化が細かくされているので、自然とエンジニアの仕事も限定されています。これは、企業が生産の効率化を狙ってのことです。一方、海外では、一つの製品を同じ人が作るという風潮が強いため、業務も日本ほど分けられていません。そのため、海外の方がサーバエンジニアの平均年収が高くなっているのです。

業務を広げれば年収アップも

もちろん日本国内でも、サーバエンジニアとしてスキルを身に付けた後に、ネットワークエンジニアとしての技術も学んで業務の範囲を広げている人もいます。また、ネットワークエンジニアはCCNA(CiscoCertified Network Associate)やCCNP(Cisco Certified NetworkProfessional)などの専門の資格を取得すれば自分のスキルを証明できるので、さらなる年収アップも狙えます。 日本国内で働き続けるにしても、海外へ転職にするにしても、サーバエンジニアとして収入を伸ばしていくには、インフラエンジニアとしてのスキルを伸ばしたり、ネットワークエンジニアの技術を身に付けたりすること、あるいは資格を取得して自分の能力を証明することが必要です。ただ、覚えることが多い分、業務内容を広げていけば確実に収入アップにつなげることができるのは、サーバエンジニアの魅力であると言えます。 今の収入を確実にアップさせたい、海外で働きたいという人は、自分のスキルを着実に伸ばしていけるように、コツコツ努力を続けてみてくださいね! [参考資料]

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)