IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

工場の仕事に正社員転職|志望動機/転職サイト/理由/資格について

更新日:2022年08月17日

職種研究

工事への仕事の転職方法はなかなか不明確な部分もあります。ここではそんな工場の仕事への正社員転職、転職の際の志望動機、工場の仕事に強い転職サイト・エージェント+転職理由、有利になる資格についてお話をさせていただきたいと思います。

工場の仕事への正社員転職

工場では正規の社員になれる確立が高い

学歴はもちろん、年齢不問の場合もあります、他の業界と比べると工場は転職で入りやすいです。正規の社員いう社会的地位を得たいと考えている場合にとって、工場就職、転職は選択支になります。工場転職で正規の社員となった人はかなり多いです。別工場で社員になった転職ケースがほとんどです。大会社工場でなく町工場のような小規模の工場です。 学歴は高卒で、20代後半、30代の場合でした。工場労働が好き、または抵抗がない場合であれば、正規の工場社員転職を目指すことは十分可能であり、かなりリアリスティックなことであると考えられます。正規の工場社員転職を狙っている場合は、転職面接に行くなどのチャレンジをしてください。町工場では面接してくれることも多くあります、やる気をアピールできれば十分可能性はあります。

大会社工場へ転職

大会社工場への就職転職は難しいことがあります。役職によっては大卒や英語などが必要になる場合もあります。工場外注の請負会社社員になれば、色々な工場の現場を担当することが可能になります、また工場内部の人間になることも可能です。大会社の工場では良い業務を見せた後、正規の工場社員になったという話も時折あり、一定期間外注社員として勤務した後に正規の工場社員転職という方法は存在していますので、利用してキャリアアップしていきましょう。

正規の工場社員の業務内容

通常の工場ライン、物流、加工作業をする業務の他に、工場の派遣、パートタイムを束ねるリーダー、いわゆる工場管理業務も出てきます。工場のパートタイムや派遣よりも責任は重くなりますが、その分やりがいのある業務も増加してきます。人間的成長チャンスが増えますし、正規の工場社員としてのキャリアも積めますので、大変な業務が増える分、見返りは十分です。

女性の場合

工場は体力を使うケースもあり、工場は女性には向かないと思う場合もいるかもしれませんが、女性の場合でも正規の社員として十分活躍できるのが工場です。工場の重い部品ラインは難しいですが、軽作業のラインや、事務、管理などの業務では十分に力を発揮できると思います。実時に社員として能力の高い場合もあります。 工場に女性は少ないですが頑張れるのであれば活躍できる場所もあります。事務の女性比率は高いですが、工場業務というよりは事務の業務がメインになりますので、あくまでも工場らしい業務を求める場合、工場事務は外して考えて場合が良いでしょう。

転職の際の志望動機

経験の無い場合、経験者以上に面接を重視されます。特に志望動機については、質問されるので答えを用意してください。

工場の必要人材

工場勤務はスピード勝負です。丁寧な必要もあるので、手先の器用さが重要なので、慣れるまで努力可能な人材が第一条件となります。工場勤務はルーチンワークに近いので、チャレンジ精神よりルーティンを続けられる人材が好まれます。手先が器用で、ルーチンワーク好きの真面目タイプがストライクなのです。

器用と理由

器用であるとアピールする事は前述の通り大事な事ですが、経験がないわけですから、器用の裏づけは重要です。子供のころから器用で、図工、美術、工作作業が成績だったのは、イメージがとても良いでしょう。器用さは練習、努力でフォローできます、性格の一部と考える面接官も多いので、非常に好ましです。モノづくり好きをアピールする事です。 プラモデル、日曜大工など、作るのが好きなタイプは工具に適応します、慣れが早いと予測でき、最終的な状態的に器用なタイプと感じてもらえるでしょう。

ルーチンワークが得意

繰り返しの作業でも平気かどうかというのはとても大事な事です。飽きっぽい場合や作業を楽しもうとするのは問題児扱いされてしまします。ルーチンワークが得意な理由は、千羽鶴、大型のプラモデルの制作、庭業務などを始めると夢中になってしまうという切り口で攻めるのがいいようです。ですから作業が好きで、工場勤務希望という流れになります。

次のページ:職種別の志望動機例文
初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング