IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材業界への志望動機の書き方と例文|履歴書/面接カード

更新日:2022年08月17日

書類選考・ES

このページでは、「人材業界の志望動機の考え方」をテーマにして、人材業界への就職や転職の際の、志望動機の基本的な考え方をご紹介しています。また、例文をまとめたり、職種別に志望動機でチェックされやすいポイントについて考察したりしているので、ぜひ参考にどうぞ。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

人材業界で働きたい人注目!人材業界の志望動機の考え方

人と企業を繋ぐ存在とも言える人材業界。最近では、転職などをする方も多くなっており、人材業界が活躍する場や機会は、増えつつあると感じられます。 人と触れ合うことが好きな方や、人の役に立ちたいという気持ちが強い方の中には、「人材業界で働きたい」という方もいらっしゃるでしょう。今後も、転職をする方や派遣社員として働く方はたくさんいると考えられるので、人材業界はこれから更なる成長を遂げていく可能性もあります。 今回は、そんな人材業界へ就職・転職したい方に向けて、「人材業界の志望動機の考え方」というテーマで、人材業界を志望する際の志望動機の基本的な考え方や例文をご紹介していきます。職種別の志望動機の考え方についても考察しているので、志望動機の考え方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 志望動機や自己PRが苦手で転職活動が進めずにいるなら、一人で悩まずに転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

人材業界の志望動機を考える際のポイント

早速、今回の本題である、人材業界の志望動機の考え方について、ポイントやコツ、注意点をご紹介していきます。 志望動機というと、就職活動や転職活動の選考において、ほぼ必ず質問される定番の項目の1つ。それ故に、「どの企業にも同じ志望動機で良いか」「それっぽいことを言っておけば大丈夫だろう」と軽視してしまいがちですが、実は選考の結果に大きな影響を与える可能性もある、重要な項目の1つとなっています。 自分のこれまでの経験やキャリア、志望先の企業に適した志望動機を考えることができれば、高評価に繋がる可能性があるので、この機会に、ぜひポイントやコツを覚えましょう。

人材業界の志望動機を考える際のポイント【1】:人材業界で働きたい理由を明確にする

現在の日本では、さまざまな分野や業界が存在し、各分野・業界で活躍のチャンスがあります。数ある業界や分野の中から、なぜ人材業界を選んだのかは、新卒採用・中途採用に関わらず、志望動機に盛り込みたい内容の1つです。 採用担当者は、その人が人材業界で働きたい理由を純粋に知りたいと感じている場合もありますが、志望者が人材業界で働きたい理由を聞くことで、人材業界や転職に対する熱意や人材業界に関する理解度などを読み取ろうとしている場合もあります。その為、具体性のない理由では、人材業界に対する理解や熱意が足りないと見做されてしまう可能性も。 人材業界の良さや魅力について確認した上で、なぜ人材業界を目指したいのか、明確に述べることが大切です。

人材業界の志望動機を考える際のポイント【2】:その企業で働きたい理由を具体的に説明

日本には、たくさんの企業が存在します。人材業界という分類で見ても、人材業界に関するビジネスを行っている企業は数えきれない程あります。数ある企業の中から、なぜその企業を志望しているのかも、志望動機で忘れず述べましょう。 志望動機というと、人材業界で働きたい理由や人材業界に憧れる理由などを語る方も多く、「なぜ志望企業でなければいけないのか」を述べることを忘れてしまう方も少なくありまえん。しかし、企業側としては、「なぜ自社を志望してきたのか」は大変気になることなので、人材業界で働きたい理由ばかりを述べてしまうと、企業側が求めている理由や回答を話していることにはならない可能性があります。 場合によっては、採用担当者から、「人材業界で働きたいだけならば、他の会社でも良いのでは?」などと質問で突っ込まれてしまう可能性もあるので、人材業界を目指した理由と共に、その企業でなければならない理由や、志望企業を志望している訳も具体的に述べるようにしましょう。

人材業界の志望動機を考える際のポイント【3】:どんな風に働きたいか

人材業界に限らず、さまざまな業界や職業に共通することですが、志望動機には将来のビジョンや目標を盛り込むことも大切です。単に「人材業界で働きたい」と述べるだけよりも、採用されたらどのように働きたいのかを述べた方が、現実的な志望動機になります。 例えば、人材業界で成し遂げたいことや、人材業界の一員としてどんな社会人になりたいのかといった目標でも構いません。将来的なビジョンを述べることで、より具体性や熱意が伝わりやすい志望動機になります。

人材業界の志望動機を考える際のポイント【4】:自分を採用するメリットをアピール

ワンランク上の志望動機を目指すのであれば、自分を採用した場合の企業側のメリットを、志望動機に加えることをします。 企業としては、採用したことで自社に良い影響を与える人材を求めています。ですから、単なる志望動機だけでなく、採用した場合のメリットをアピールされると、採用担当者もその志望者を採用した後のビジョンが、より描きやすくなるでしょう。採用後のビジョンをイメージしやすい志望者のことは、採用担当者も採用しやすいと考えられます。

人材業界を志望する際の、志望動機例文集

上記では、人材業界を志望する方に向けて、志望動機の基本的な考え方をご紹介しました。 しかし、ポイントは押さえたものの、どのような構成や内容で志望動機を考えるべきか、まだよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、人材業界を志望する場合の志望動機の例文をご紹介していきます。状況やアピールするポイントなどは個人によって異なる為、各々で考えることが大切ですが、構成や内容を考える際の参考にしてみて下さい。

人材業界の志望動機例文集【1】:履歴書

次のページ:職種別に見る!志望動機でチェックされやすいポイント
初回公開日:2017年05月20日

記載されている内容は2017年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング