IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で答えられない質問の対処法|面接の質問に答えられないで受かるケース

就活の面接

面接は何度やっても緊張します。すらすらと答えることができればいいのですが、答えられない質問があると一気に焦りますよね。一つ答えられないとそこからがたがたと崩れてしまって面接に失敗なんてこともあり得ます。今回はそんな面接で答えられないときの対処法を紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接で質問に答えられないときの対処法

面接をしていて一番困るのが質問に答えられないということです。どれだけ綿密な準備をして面接に臨んだとしても把握しきれないことは当然ありますし、想定外の質問をされる場合はあります。その場合にどう対処できるかで面接官の評価は変わってきます。

正直に答えられないと答える

面接で答えられない質問をされたときに一番無難なのは正直に答えられませんと言うことです。面接官が面接の質問で求めているのはその質問に対する答えではありません。その質問に対して、どう答えるのか、どういう思考の過程を通りその答えを導きだしたのかということから、あなた自身についてを知りたいのです。 面接官は答えを知りたいのではなく、あなたがどんな人間なのかを知りたいので正直に分からないと答えましょう。答えられることがもちろんベストですが、少なくとも嘘を言わない正直な人だということは伝わり、悪い印象にはならないでしょう。

考える時間をもらう

質問されてすぐには答えられないと思った場合は考える時間をくださいと申告しても構いません。面接の時間は限られていますので、30秒や長くても1分ぐらいまでにしておきましょう。答えようとする姿勢を見せることで誠意が相手にも伝わるので、少し考えれば答えられそうだという場合は考える時間をもらいましょう。 注意したい点として考えた結果答えられるということが前提です。答えるのに情報を必要とする質問の場合は知らなければいくら考えても分からないので、その場合は素直に分からないと答えましょう。時間をもらって考えたのにやっぱり分からないという答えでは面接官の評価を下げてしまいます。知識についてではなく、シチュエーションについて問われ、あなたはどう思いますかという類の質問の場合のみ、即答できなければ時間をもらうようにしましょう。

答えられない質問に対して答えられる範囲で答える

質問されたことの全部については答えられないが一部なら答えられるという場合、簡単に分かりませんと諦めるのはもったいないです。答えられる範囲だけでもいいので、持てる知識を総動員して答えてみましょう。前述したように面接官は答えではなくあなた自身についてのことが知りたいので、何も答えないよりは少しでも答えて自分のことを知ってもらうことが大切です。 話しているうちに質問の答えが分かったり、途中まで話して面接官がそこからさらに違う質問に移るという場合もあるので積極的に答えるようにしましょう。ただ引き際を間違えないことが肝心です。知ってる範囲以上のことは無理して答えないように気をつけ、面接官にさらに深く質問され、それ以上は答えられないと判断すれば、分かりませんと素直に答えましょう。

質問の意味が分からない・質問を聞き逃して答えられない場合

そもそも質問されている意味が分からず答えることができないという場合は、質問の意味が分からないということを伝えましょう。場合によってはもう少し簡単に言い換えてくれることもあります。質問の意味が分からないというのは聞き方によっては失礼になる可能性もあるので、自分が勉強不足であるという旨を伝えた上で、質問の意味を教えてもらうようにしましょう。 質問を聞き逃してしまった場合も、正直に聞き逃してしまったことを伝えましょう。質問をしっかりと理解しないまま答えてしまうと的外れな答えになってしまうので、どういう質問なのかということをきちんと理解して答えるようにしましょう。

緊張していると言って時間を稼ぐ

質問に対して即答はできないが少し考えれば分かりそうな場合、考える時間を長くもらう必要がないという場合には緊張していふりをして時間を稼ぐという手段もあります。緊張していると相手に伝えることで面接の場も和らぎますし、面接官が少し話題を変えて雑談が始まるという場合もあります。 本当に緊張している場合は声に出してみることで自身の緊張も和らぎますし、新卒の採用面接であれば面接官も初々しくて微笑ましいぐらいに思ってくれるでしょう。面接の序盤ですぐに答えが思いつかない場合の時間稼ぎとしては有効な手段ですが、多用することはできないので、一回限りの緊急回避だと思い、時間を稼いでいる間に必死に頭を働かせ質問の答えを考えるようにしましょう。 面接に関する不安がある方は、転職エージェントがおすすめです。エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

面接の質問に答えられなかった・・・

緊張の面接を終え、面接を振り返り反省会をしていると答えられない質問があると落ち込みます。冷静に考えれば分かることだったりすると余計に落ち込みます。考えても分からなかったものについては調べ直し、正解を頭に入れておきましょう。答えれらたにしても答えられないにしても面接が終わったら振り返り、その度に反省することが大切です。 面接で質問に答えられなかったからといって落ち込む必要はありません。面接はトータルで判断しますので、一つの質問に失敗したからといって即不採用になるわけではありません。答えられない質問があったのに、面接に受かる場合もあります。もちろん質問に答えられないことが原因で落ちる場合もあります。

答えられない質問以外が完璧で受かる

質問に答えられないのに受かるケースとして考えられるのは、そのほかの質問すべてに答えられていて、回答が素晴らしかったという場合です。一つの失敗をカバーして、さらにおつりがくるぐらいの好印象であれば答えられない質問があったとしても受かる場合があります。面接中も答えられない質問に出くわしたときは落ち込まず、次の質問に向けて気を取り直して次こそ万全の答えを披露できるように気持ちを切り替えましょう。

面接官に誠意が伝わり受かる

質問に答えることができなくても、そのリカバリーが素晴らしければ面接官の印象を下げることなく、好印象すら与えることができます。答えられない場合、素直に分かりませんと言うだけではなく、勉強不足のため分かりません。次までにしっかりと勉強しておきますなど、誠意が感じられ前向きな発言があれば、失敗を挽回して受かるということも考えられます。

基本的なことが答えられないで落ちる

他のすべての質問に完璧に答えられていたとしても、たった一つの失敗が致命的な場合は落とされる可能性が高いです。仮に難しい質問に上手く答え、回答が素晴らしかったとしても受けている企業についての基本的な情報について答えられなかったりすると、この会社には興味がないのではないかと判断されて落とされる場合が多いです。 面接が最終に近づくにつれてその傾向は強いようなので、基本的なことはしっかりと頭に入れたうえで面接に臨みましょう。

無理に答えようとして落ちる

質問に答えなくてはいけないという強い使命感から答えられない質問に対しても無理をして答えてしまった場合は落ちることが多いです。どうにか取り繕って答えた気にはなったが全くの見当違いの答えを言っていたり、知ったかぶりをしたためにさらに質問を掘り下げられて、どんどんと泥沼にはまっていくような場合は面接官の印象はかなり悪くなります。特に知ったかぶりをする後者は印象が良くありません。 知らないことを正直に知らないといえず、社会に出てから大きな失敗をしてしまうということも少なくありません。ビジネスは信用が第一ですからその場を取り繕う知ったかぶりをする人は薄っぺらに見えて信用することができませんので、知ったかぶりをしてしまうと一気に印象が悪くなります。信用ならないと判断されればすぐに採用の基準を下回りますので、誠意を持って面接に臨みましょう。

答えられないことに焦って落ちる

面接では相手の反応を見るためにあえて難しい質問をしたり、答えられないような質問をする場合があります。急なトラブルに直面したときにその人がどんな対応をするのかを見るため人わざと意地悪にも思えるような質問をしますので、それに上手く対応できなくて落ちるという場合もあるでしょう。 その場合も見られているのは答えではなく、あなたの反応です。答えられないと正直に言うのか、冷静に考えるのか、それともパニックになって慌ててしまうのか。強いストレスに対して耐性があるかということを見られている場合も多く、ここでの対応で合否を分けることも多いです。企業によって求める人物像は違いますが、一番無難なのはやはり正直に答えられない伝えることでしょう。

面接で答えられない質問に対しての回答例

実際に答えられない質問に出くわしたときにどう答えればいいのか、いくつか例を紹介します。

答えられないと正直に伝える

回答例 申し訳ありません。勉強不足で質問に答えることができません。今後さらに勉強していきたいと思います。 考え方ではなく知識を問われ、どれだけ考えても分からないと判断した場合は素直に面接官にその旨を伝えましょう。またこの時に答えられないと即答すると、考える気がないのではないかと思われる場合がありますので、少し考えるふりをしてから答えられないと言いましょう。このときに勉強する意志があるということも併せて伝えておくとやる気が伝わりますのでよいでしょう。

考える時間をもらう場合

回答例 申し訳ありません、すぐに答えられそうにありませんので、30秒ほど考える時間を頂いてもよろしいでしょうか? 考える時間が欲しい場合は申告すれば時間をもらうことができる場合があります。妥当な時間としては30秒から1分程度です。場合によっては即答を迫られる場合もありますので、そのときは考えながら話しましょう。話の順序が前後し、上手く答えられなくても大事な部分を伝えることができれば大丈夫です。プレッシャーに負けず落ち着いて回答しましょう。

質問の意味が分からず答えられない場合

回答例 申し訳ありません。勉強不足のため質問の○○という部分の意味が分かりません。説明していただいてもよろしいでしょうか。 質問自体の意味が分からないまま、勝手に意味を推測して答えるのは危険です。まずはきちんと質問の意味を理解しましょう。言葉の意味を聞いたり、質問自体の意味を聞くことは失礼なように感じるかもしれませんが、聞き方さえ間違えなければ問題ありません。集団面接の場合など、他の学生の前で聞くことも恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出して聞きましょう。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ではありませんが、聞かなかったために一生後悔するということはあり得ますので、注意しましょう。 面接で質問される内容に臨機応変に対応できるようになっておくには、事前の面接対策が大切になってきます。エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

面接で一番大切なことは

面接は答えられるということが大切ではありますが、無理やりにでも答えればいいというものではありません。正しく答えるということが大切なのです。質問に対する自分の知識の量によって正しさは変わってきます。答えることが正しい場合、答えないということが正しい選択だという場合だってあり得ます。全ての質問に正しく答えられればもちろんベストですが、なかなかそうもいきません。大切なことは答えられない質問に出くわしたときにどう対応できるかということです。

面接は素直に正直に

面接の中で最も大切なことは素直で正直であるということです。答えられない質問には無理せず答えられないと伝えましょう。その伝え方次第では好印象を得ることも可能です。無理して答えようとして、考えの浅い発言をしてしまったり、知ったかぶりをして相手の信用を失うのは最悪です。面接官に対して誠意を持つことを忘れないようにしましょう。 また素直に正直であるのは答えられない質問に対してだけではありません。面接は全てを通して嘘のないように答えましょう。質問だけではなく、志望動機などを答えるときにも正直な気持ちを話しましょう。

答えられなかった後の対応が大事

答えられない質問があるのは仕方ありません。いつまでも落ち込まずに次の質問に気持ちを切り替えましょう。答えられなかったという失敗は、その後の対応の仕方次第でどうにでも挽回することができます。勉強不足だったらこれからさらに勉強していくと伝えればやる気があるなと思ってもらえる可能性もあります。他の質問に対しての回答が素晴らしければ面接に受かる可能性だって充分にあります。面接はトータルで考えましょう。 しかし、答えられない質問の種類によっては致命的な場合もあります。企業の基本的な情報や業界の基本的なことについてはしっかりと勉強しておきましょう。

面接に集中できる環境づくりを

面接は準備が大事です。あらゆる質問に答えられるように準備するのももちろんですが、面接に集中できる環境づくりも立派な面接の準備になります。面接に遅刻したり、忘れ物をしたりして面接に集中できなかったということはもってのほかです。また体調の管理もしっかりとしておきましょう。面接以前の部分で失敗しないように日々の生活を見直しましょう。 面接は人を見る場です。質問に答えられなかったとしても人柄として充分に魅力的だったり、能力が認められれば受かる場合はあります。また質問に対する反応だけではなく、面接に臨む姿、態度からも判断されますので、会場に向かうときから面接を終えて家に帰るまで気を抜くことのないようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング