IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理の職務経歴書の書き方とコツ・実績と成果のアピール方法

書類選考

転職に必ず必要となるのが、職務経歴書です。職務経歴書は自分がどのような仕事に携わってきたのかというのが書かれているので、重要です。では、経理で転職をする際の職務経歴書というのはどのように書けば有効でしょうか、本稿では経理の職務経歴書について記載していきます

更新日時:

経理の職務経歴書の書き方とコツ

職務経歴書というのは職種によって書き方の工夫をしたり、アピールするポイントなどを変えたりして、応募先の企業にアプローチをすることが大切となります。経理という仕事の職務経歴書の書き方とコツというのは、まず書き方のコツとしては、自分が何ができるのかということを明確にすることです。 経理という仕事はやり方は違えど、どの会社でも共通のことをする仕事です。例えば、現金出納であったり、予測財務諸表であったり、決算であったり、また、その決算の中でも細かく細分化されていますので、どういったことができるのか、ということを明確に記載する必要があります。 それによって、自分のスキルと求めるレベルがうまくマッチングしやすくなるので、何がどれくらいのレベルでできるのかということを職務経歴書ではっきりとさせましょう。

実績と成果をアピールするコツ

経理の職務経歴書において、実績と成果をアピールするコツというのはどういった方法があるでしょうか、経理という仕事は毎月のルーティン業務が非常に多い仕事です。ですので、そういったルーティン業務をやっていたということをただ単に記載するだけでは、他の応募者と比較してありきたりな内容となってしまいます。 ルーティン以外に何か改善をした点はないか、それがあれば、どういった理由で、どのようにして問題解決などを行い、また苦労した点やそれをどうやって乗り越えたかなどを論立てて記載していけば、そこに職務経歴書としてのストーリーが出来上がります。 ですので、そういった改善などでアピールするポイントがあれば、経理の職務経歴書としては、色づいたものとなりますので、他の応募者と比較して際立ったものとなるでしょう。ルーティン業務しかやっていなかったという人でも、そのルーティン業務を自分なりにどうとらえて改善や提案などをしていったということを記載すればいいでしょう。 経理というのは、どちらかというと待ちの仕事です。しかしながら、そういった待ちの仕事をどう自分なりに積極的にやっていったかということをアピールしていけばよいでしょう。

経理の職務経歴書の例文(志望動機/自己PR)

経理の職務経歴書の志望動機や自己PRの例文としては下記のようなものがあります。 「経理として、現金出納から決算処理まで、一連の業務をこなしてきたこと、また、PCスキルを利用した業務の改善やメンバーのレベルアップ、他部署の様々な問題解決等を行うことにより、マネジメントスキルや業務デザインスキル向上につながったと思います。これらのスキルをさらに磨き、キャリアアップしたいと思っています。」 ポイントとしては、まず、経理の仕事を一通りできるということ、そして、他のスキルもあり、それを業務改善等に活かしていることや自分だけではなく、他のメンバーも底上げできるということとなります。こういったことを長文にならず、コンパクトに記載するということも大切です。

職務経歴書の見本・フォーマットがダウンロードできるサイト

経理の職務経歴書の見本やダウンロードできるサイトは下記のようなものがあります。

@type

日経キャリアネット

パソナキャリア

経理の職務経歴書の書き方で迷ったときの対処法

インターネット等で経理の職務経歴書の作成方法などを調べて作成しても書き方がこれでいいのか、うまくいかない点というのも出てくると思います。そういった場合にぜひ活用をするのが、転職エージェントです。転職エージェントであれば、転職のプロですので、職務経歴書の作成方法なども当然詳しく、また、的確なアドバイスもしてくれます。転職エージェントは基本的に利用料もかかりませんので、経理の職務経歴書を作成し、チェックをしてほしいということでもぜひ利用していきましょう。

経理という仕事でアピールをする職務経歴書の例

経理の職務経歴書において、自分がどれくらい経理の仕事ができるかということをアピールするのは非常に大切です。具体的にどういったことを記載すればいいかというと、自分が経理でやってきた仕事をいったん棚卸をして、箇条書きで示していくことです。それを自分でみつめなおしてみて、ここは特にアピールできるという点を探して記載をしていくことです。

先方の心に刺さる経理の職務経歴書

経理の職務経歴書で、その職務経歴書を相手が見ただけで興味がわくような内容にするにはどうすればいいでしょうか、自分がやってきた仕事にもよりますが、例え、経理の仕事をそこまでしていなくても、この人には興味がある、一緒に働きたい、面接をしたい、話を聞きたいと思わせることが大切です。 ただ、単にやってきた仕事をつらつらと書くよりも、経理をやっていて、こういったことがやりがいがある、こういったことをやってみたい、こういった経験をして、こう思ったなど、職務経歴書にストーリーを持たせることです。そして、そのストーリーがドラマティックであればあるほど、詳しく話を聞いてみたいということになります。仕事を自分にとっての物語ととらえて、職務経歴書を作成してみれば、今までとは一味違う職務経歴書ができ上がります。

職務経歴書はパソコンで作るべきか手書きか

履歴書や職務経歴書は最近はパソコンで作成することが主流となっています。しかしながら、手書きの方が評価が高くなるという見方もあります。経理としての職務経歴書は手書きで書くべきか、パソコンで書くべきかどちらが適しているでしょうか、結論として、職務経歴書はパソコンで作成するべきでしょう。 経理の仕事ともなれば、パソコンやアプリケーション、IT機器を使用する機会は多くあります。職務経歴書をパソコンで作成することによって、これくらいの文書はこれくらいのレベルで作成できるという自己PRのポイントにもなるのです。

経理の職務経歴書で注意しないといけない点

経理の職務経歴書で注意をしないといけない点はいくつかあります。一番は内容よりも誤字脱字です。他の職種でも誤字脱字は当然NGですが、経理という仕事の職務経歴書であれば、特に誤字脱字はいけません。なぜなら、経理という仕事は基本的にミスが許されない仕事です。数字を間違えること、渡す金額を間違えること、振込先を間違えること、全て経理としてはやってはいけない行為です。 そして、企業も経理の人材を取得するのであれば、細かなミスをしない人間というのはスキルセットとしてあるはずです。そんな条件下の中で職務経歴書に誤字脱字があっては、この人はミスをする人間だと思われ、書類だけでアウトになることもあります。また、企業によっては、そういった誤字脱字や内容におかしな点がないかというのを厳しくチェックしているところもあります。 ですので、経理志望で職務経歴書を作成するのであれば、誤字脱字は絶対になくしましょう。作成して、自分で何回も見直して、さらに他の人にもチェックしてもらうくらいでいくべきです。

経理の職務経歴書で経理の仕事以外で記載しておきたいこと

職務経歴書とは、自分が行ってきた仕事に関して記載をするものですが、それ以外でも記載すべき点はいくつかあります。経理の職務経歴書で記載しておいた方がよいことは、まずは資格です。簿記の資格など、経理としてアピールできることがあれば、漏らさずに記載をしておきましょう。 その他必要なスキル、アピールできる点があれば、自分なりにまとめて記載しておきましょう。注意しないといけないのは、そこがアピールできる点だからといって、職務経歴以上にそこを記載しないことです。あくまで職務経歴書ですので、職務経歴がメインとなることを忘れてはいけません。

職務経歴書を書く上で

いかがでしたでしょうか。職務経歴書の有効な書き方はお分り頂けましたでしょうか。 職務経歴書は今までやってきたことをアピールできる大事な書類です。自分のことを最大限アピールしましょう!

関連タグ

アクセスランキング