IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】保健師の志望動機の書き方・考え方・ポイント・例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

このページでは、「保健師の志望動機」をテーマにして、保健師へ就職や転職をする際の志望動機の考え方について考察しています。また、保健師の志望動機の例文もご紹介しているので、志望動機を考える際には、ぜひ参考にしてみて下さい。

保健師の志望動機の書き方(転職・看護師・学生)+保健師の志望動機例文(行政・病院・企業・学校・)+保健師の志望動機で見られるポイント

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

保健師とはどんな職業?

ケガや病気となった場合、多くの方が病院へ行き、医師や看護師のお世話になります。反対に、ケガや病気を予防する立場としては、「保健師」という職業があり、人々が健康で安全な生活を送ることができるよう、見守っています。 そんな保健師になりたいという方も、多いことでしょう。人々の命を救う医師や看護師といった職業は、重要な職業です。しかし、できることならば、ケガや病気にはなりたくないものです。生活を脅かすケガや病気にならないよう、予防をする保健師は、人々の健康を守る存在と言っても過言ではありません。 今回は、そんな保健師としての就職を目指している方に向けて、「保健師の志望動機」というテーマで、保健師を目指す場合の志望動機の考え方や例をご紹介していきます。 保健師への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!転職のプロが求人の紹介から面接対策までサポートしてくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。

保健師の志望動機の考え方

それでは早速、保健師への就職や転職をする際、履歴書や面接で述べる、志望動機の考え方やポイントをご紹介していきます。 志望動機は、保健師に限らず、どのような職種でも就職や転職の際に、1度は質問される項目です。志望動機の内容だけで、採用選考の結果が決定するということはほとんどありませんが、志望動機の内容が採用選考の結果に影響を与えることは、珍しいことではありません。 ですから、「たかが志望動機」と侮らずに、自分が持っている保健師という職業への熱意や希望を明確に述べることが大切です。

保健師の志望動機の考え方【1】:保健師として働きたい理由を明確にする

保健師の採用選考で、採用担当者が志望理由から読み取りたいのは、「なぜ保健師として働きたいのか」という、保健師を目指す理由やきっかけです。何となくといった抽象的な内容ではなく、保健師という職業に就きたい理由を明確に述べることで、保健師という職業に対する理解度や熱意、転職に対する真剣さなどを採用担当者に伝えることができます。採用担当者としても、納得できる志望動機であれば、好印象や高評価に繋がる可能性があります。

保健師の志望動機の考え方【2】:保健師として何がしたいのかを述べる

志望動機では、単に保健師になりたいという気持ちを述べるだけでは、不十分と捉えられることもあります。なぜ保健師になりたいか、きっかけや理由を述べた後に、もし保健師になれたら、保健師として何がしたいのかも述べることが大切です。 保健師を採用する企業や機関としては、なるべく業務にやる気や責任を持って励む保健師を欲しています。ですから、単に保健師として働きたいと伝えるよりも、保健師としてどのような仕事がしたいのか、どのように働いていくのか、転職後の目標や行動について伝えた方が、採用担当者も採用してからのことを想像しやすく、好印象を抱きやすいでしょう。 ですから、保健師を目指す際の志望動機を考える場合は、なりたい理由やきっかけといった過去のことだけでなく、どのようにして働きたいか、現在や未来のことについて述べることも大切です。

保健師の志望動機の考え方【3】:将来的な目標も加える

上記でご紹介した、保健師になりたい理由や保健師としてやりたい仕事などを述べるだけでも、志望動機としては成り立ちますが、より採用担当者の心に響く志望動機にしたいのであれば、将来の目標や将来的なビジョンについても述べることをします。 その企業や機関で保健師として働くことで、将来的にはどのように成長したいのか、ビジョンがしっかり定まっている志望者の方が、採用担当者としても採用後の働きぶりをイメージしやすいでしょう。また、目標の実現と、転職後に保健師としてどのように働きたいのかを結び付けて説明することで、より説得力のある志望動機になり、採用担当者も納得しやすいと考えられます。

保健師の志望動機の考え方【4】:転職先が志望企業・機関でなければならない理由

上記では、保健師として働きたい理由やビジョンを中心にご紹介してきましたが、保健師として働く場所であれば、たくさんあります。志望動機では、数ある職業の中から保健師を選んだ理由と共に、たくさんある職場からその企業や機関を就職・転職先へと選んだ理由についても、述べる必要があります。その企業や機関で働きたい理由が欠けていると、「なぜたくさんある職場の中から、此処を選んだんですか?」などと、質問で突っ込まれてしまうこともあります。 単に志望している企業や機関の良い所を褒めるのではなく、なぜその企業や機関で保健師として働きたいのかを、具体的に説明しましょう。時には、保健師になりたい理由よりも、その職場で働きたい理由の方が、選考に影響を与えることもあります。志望している企業や機関への情熱や熱意も、志望動機でしっかり伝えることが大切です。 志望動機や自己PRが苦手な人は、エージェントへ相談してみましょう!転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。一人での就活に限界を感じたら、転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょう。

保健師の志望動機例

保健師を目指す際の志望動機を考える際のポイントや注意点については、上記でご紹介しましたが、具体的にどのように志望動機を述べれば良いのか、いまひとつイメージができないという方もいらっしゃるでしょう。そこで続いては、保健師を目指す場合の志望動機の例をご紹介していきます。キャリアや経歴、希望などに合わせて、構成や内容は臨機応変に変えていく必要がありますが、雰囲気やイメージをつかむ際の参考にしてみて下さい。

次のページ:明確さと説得力を重視して保健師の志望動機を作ろう
初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング