IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディーラ営業・営業マンの仕事|年収/給料/ディーラー営業の本音

更新日:2020年08月14日

職種研究

車を販売しているショールームなどを思い浮かべる方も多いと思います、ディーラーというお仕事。今回はディーラーでも、そこで営業をするディーラー営業マンやディーラー営業の実際の仕事内容・その他概要についてみていきたいと思います

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ディーラー営業マンの仕事とは?

車を販売したり、お客様の購入の手助けをしたりとディーラーというジャンル自体にあまり馴染みのない方もいるかもしれません。今回はディーラーのお仕事でもディーラー営業マンのお仕事・実態について考えたいと思います。皆さんはディーラー営業に関してどんなイメージを抱いていますか。今日はそんな謎多きディーラー営業のお仕事について詳しくみていきましょう。

ディーラー営業 忙しくないの?

そもそも、ディーラー営業マンの仕事内容って何やるのかわからない方も多いと思います。車が一日に何台も売れるわけではないとも感じますし、車を売る以外にはお店で待っているの。なんて考えたりしてないでしょうか。 残念ながらそんなことはありません。ディーラー営業とはただ待っているだけではないのです。土日はもちろんですが、平日も忙しいです。では一体何がそんなに忙しいのかみていきましょう。

ディーラー営業のスタートは水曜日

基本的にディーラーの休みは火曜日の為、一週間の始まりはは水曜日から始まります。ちなみに、土日の営業日は主に『イベント』と呼ばれ、その照準にあわせて平日に営業活動をしていくのが基本となります。

ディーラー営業の業務 〈午前中編〉

・掃除・洗車から 朝礼前にまずショールームやトイレの掃除などをやります。掃除などは他の会社でも常として行っているものですが、珍しいというかディーラーならではというのが、「洗車」です。 これは試乗車や展示車を洗車する作業です。しかしそれほど難しいものではなく。基本的にほとんどのディーラー店は専用の洗車機があるので洗車機に入れるだけです。そして洗車後にいよいよ朝礼となります。 朝礼においてもまだ変わったことはなく、大体内容は支店長の話で終わりです。当然ですが、ディーラーもディーラー営業するものも車を売るのが至上目標となるので、それに向けた取り組みの共有がここでなされます。

ディーラー営業の業務 〈朝礼後〉

ディーラーは電話がよく鳴ります。したがって、電話対応も仕事のスキルになります。多いのは、平日の朝イチとしてでかかってくるのは、保険会社、板金工場など法人の取引先が多いです。お昼を過ぎると、一般のお客様の点検予約の電話・車の修理依頼でかかってきたりもします。 ディーラーは自動車保険のようなロードサービスをするところではではありませんが、客との信頼構築の手段として、バッテリーが上がったなどの電話があれば、バッテリー上がりくらいであれば行ってしまいます。なので営業マンでもバッテリー交換くらいはできなければいけないでしょう。

「引き取り納車」で評価を上げる

これは、点検の為にお客様の自宅まで車を取りに行きます。そして作業が終わって夕方頃に車を戻しに行くという業務です。営業マンの腕の見せ所といえる部分で、お金をいただいて行うものですが、実情として成績のこともあるので、多く点検を取りたいがために、無料で行うディーラー営業マンもしばしばです。 平日の昼間に来店できるお客様はやはりそれほど多くはないのでどうしても空きがちな整備工場を埋めるための策といえます。引き取りは基本的に社用車でお客様の自宅まで行き、その社用車をお客様の家に置かせてもらい、点検の車を引き取りだいたい夕方に納車を済ませて社用車に乗って帰ります。 預けられる社用車がない場合に、試乗車などで二人で行ってお客様の家で降ろしてもらい、納車の際に二人で向かうといった具合です。

お昼ご飯は我慢する

ディーラー営業のお仕事はお昼はなかなか食べれません。少なくとも12時に食べるのはあきらめたほうがいいでしょう。なぜ無理かというと来客&来電などの飛び込みの仕事が結構来るので、まとまった時間を確保できないのが理由です。休憩をとることができても、1時間もとれず、食べたら終わりのようなスタイルがディーラー営業の世界です。

ディーラー営業の業務 〈午後編〉

午後になると、実はここからようやく営業活動の時間となりお客様のご自宅に訪問といった具合になります。営業といっても、新規の顧客をゲットというような飛び込み営業ではなく、既存の管理客の車のメンテナンス作業をしつつ、新車を提案していくといった具合です。そして一通り自分の持ち場である営業所を回ったらディーラー営業から店に戻り、午前に引き取った車の納車に出かけます。

「テレコール」でもうひと踏ん張り

次のページ:ディーラー営業の業務 〈土日編〉
初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング