IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験者がネットワークエンジニアになる方法|志望動機の書き方と例

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

ネットワークエンジニアを志望しているけど、未経験でもなれるか心配…。そんな人のために未経験からのネットワークエンジニアを目指す方法や勉強、資格、志望動機など気になる就活に役立つ情報をまとめてみました。ぜひチェックして就職、転職にお役立て下さい。

未経験者がネットワークエンジニアになる方法

ネットワークエンジニアは最近の傾向では需要が高くなっています。そのため、未経験でもネットワークエンジニアの職種を目指している人もいます。ネットワークエンジニアは主にIT企業のネットワークを支える重要な職種でもあります。主な仕事内容としては、ネットワークの構築、運用、監視、設計など行います。未経験の人がネットワークエンジニアになるには、まず地道に勉強を続け、経験や知識を習得することが必要です。

未経験はネットワークエンジニアになれる?

ネットワークエンジニアは未経験でも採用していることもありますが、基本的には最初の数年間は地道に勉強をして、スキルを習得し、成長し続ける気持ちとモチベーションが必要です。ネットワークエンジニア自体を募集している企業はたくさんありますが、事業内容や社風などをよく調べ、比較してネットワークエンジニアとして自分がどんな仕事をやりたいのかを明確にしながら、将来活躍したい企業を選んで応募しましょう。

未経験のネットワークエンジニアに求められるスキル

未経験でネットワークエンジニアを目指すにはどんな人が向いているのでしょうか。また、どんなスキルが必要になってくるのでしょうか。未経験ならここは努力したいと思う、ネットワークエンジニアに必要なスキルや適正をチェックしていきましょう。

好奇心や知的探究心があること

IT業界は日々日進月歩で常に変化し続けています。そのため、新しいデバイスが出たり、新しい技術者向けのコンテンツや情報が出た場合、いち早く店頭や公開イベントなどで触ってみたりと、常に新しいことに興味を持つことが大切です。

例えば、自分で趣味でもいいので、新しい言語などを使ったプログラムを組んでみたり、新しいソフトを使ってみたりと、IT業界に対する興味やチャレンジ精神があれば未経験のネットワークエンジニアでもやっていけるでしょう。

常にチャレンジし続ける、変化を求められる人

IT業界の変化は常日頃新しいことばかりです。その中でもネットワークエンジニアは変化を恐れず、どんどん新しいことにチャレンジしようとします。ネットワークはもちろんのこと、プログラミング言語やOSなどネットワークにかぎらずさまざまなIT技術は進化しています。ネットワークエンジニアを未経験だけど、やってみたいという人は、そのIT業界の変化の速さについていけるかどうかです。

ネットワークエンジニアとしての知識や技術力はもちろんのこと、日々のIT業界の変化を楽しみつつ、勉強することが好きな人なら、未経験でもネットワークエンジニアとして職はあるはずです。

また、未経験のネットワークエンジニアとやっていくには例え未経験募集のネットワークエンジニアになったとしても、数年は勉強とスキルを吸収していく時間が長いので、今すぐという人はよっぽどの器用で吸収が早い人でないと、ネットワークエンジニアとしての活躍は難しいでしょう。

なので、なるべく未経験でもネットワークエンジニアになりたいという人は、ネットワークエンジニアという職種の知識やスキルを学び、日々の変化を恐れず貪欲になれる人が望ましいといえるでしょう。

コミュニケーション力が苦でないこと

一見、会社に引きこもってカタカタとプログラマーのようにデスクワークをこなしているように見えるネットワークエンジニアですが、実はいうとネットワークエンジニアは想像以上にコミュニケーション力が求められます。未経験だけど、ネットワークエンジニアなら、人と話す機会がないだろうと考えているのなら、それはネットワークエンジニアに対する認識の間違いだと思っていいでしょう。

どれだけネットワークエンジニアとしての技術や知識を持っていたとしても、打ち合わせやミーティングの際に相手とうまくやろうというコミュニケーションが取れなければ未経験であっても、経験者であってもネットワークエンジニアとしてやっていくことは困難になってしまいます。

初回公開日:2017年05月20日

記載されている内容は2017年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング