IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

CADオペレーターになるには?志望動機の書き方と例文・未経験の場合

初回公開日:2017年05月23日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

CADオペレーターの志望動機とはどのようなものでしょうか。CADオペレーター応募に必要な注意点などについても記載してみました。また、面接等における志望動機の発言の仕方についても記載しました。この記事をみて、未経験でも志望動機を書くポイントになれば良いです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

CADオペレーターへの就職での志望動機の書き方

CADオペレーターへの就職での志望動機の書き方
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

CADオペレーターの業務内容は非常に正確な判断と仕事を要求されます。なので志望動機でもそれなりの知識や経験があった方が有利です。CADオペレーターの就職の際の志望動機としては、「今までつちかってきたCADオペレーターに必要な知識や技術を用いて品質の高いCADオペレーターとしての業務をしたいと思い御社を志望しました」があります。 かならず実務経験が必要であるわけではありません。ですが、最低でも学校などでCADなどについて勉強しているとかなり違います。また、製図に関する基礎的な知識なども要求されます。その他には例えば、機械に関する知識や、建築などについての知識が必要となります。ですので、まず自分がどのような知識をもっているか確認する必要があります。

採用担当者から見た良い志望動機とは

1つとしては、CADオペレーターとしての仕事を理解していることです。簡単に言えば、CADオペレーターの仕事は、基本的な仕様を決める仕事というよりも、決まっている仕様に関して図面を作成することが主な仕事となります。そこには正確な計算が必要となります。例えば、「御社に入社して機械設計に関するCADオペレーターとしての図面作成業務をしたいと思い志望しました。」があります。 この志望動機であれば、嫌がる会社は少ないでしょう。ただし、採用担当者は、ずっと図面作成だけの仕事で続けていけるのかを確認してきます。比較的人気の高い基本設計を行う仕事では、仕様決定なども含む為多くのエンジニアがやりたいと思う仕事です。その仕事をやっている人のそばで、CADオペレーターとしての業務を継続して続けられるかを見てきます。 CADオペレーターの求人に応募しようと志望動機を考えている方は、就職や転職のプロでもあるキャリアアドバイザーに志望動機を添削してもらうといいでしょう。しっかりとプロの目線で的確なアドバイスをもらうことができます。

CADオペレーターの履歴書の志望動機の例文

CADオペレーターの履歴書の志望動機の例文
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

履歴書の志望動機については、どうしてCADオペレーターの仕事をしたいのかを記載する必要があります。CADオペレーターは結構辞める方が多い仕事でもあります。その理由は人によって様々です。1つとしては、CADで図面を作るだけの仕事であるのでやりがいを感じなくなったという事もあります。 なので、志望動機としては「以前から大変興味があり勉強してきたCADオペレーターの仕事を継続的にやっていきたいと強く思い志望しました。」です。若干大げさに聞こえる位が良いでしょう。実際のCADオペレーターの仕事の現場はとても集中力を必要とし、正確な仕事を要求されます。さらに長時間に及ぶ仕事もあるので、志望動機としては、強調した表現で問題ないです。

履歴書の志望動機の注意点

CADオペレーターの仕事内容を理解していない志望動機は問題になります。もともとCADオペレーターの仕事はきつい面があるので、理解していない人は採用されないかもしれません。出来る限り情報収集して具体的にCADオペレーターの仕事をイメージできることは志望動機を記載する時に必要となります。 逆に言えば、CADオペレーターの仕事を理解している人は書類審査も複数の会社で通過するでしょう。面接の機会も多くなると言うことです。 また、受けている会社の情報もとても大切です。基本的なCADオペレーターとしての志望動機が出来たら、その会社の情報を考慮した内容に変えた志望動機は採用担当者も見ていて、この人を採用したいと考えるでしょう。

志望動機の例文(面接カード)

志望動機の例文(面接カード)
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

志望動機を面接カードに記載する時は、履歴書の内容と基本的には同じで良いです。ただし、志望動機だけでなく何か他の内容も記載して良い場合は、自分なりに考えて記載しましょう。できれば、与えられたスペースに志望動機が丁度良くおさまるくらいにしましょう。空いたスペースをつくらない為には、文字の大きさを大きくしたり調整することです。 また、内容を少し変更する場合は、履歴書の内容を基礎として変更をすれば良いです。さらに面接カードに記載した志望動機はしっかり把握しておきましょう。実際に面接で使用されるもので、その内容と面接であなたが言っている内容に違いがないか採用担当者は確認してきます。

面接カードの志望動機とは何を見てくるか

面接カードの志望動機を見て採用担当側は、あなたに質問する内容を決めたりしています。どのような人物かを具体的にしようとするのと、限られた時間の面接で受験者を判断しようとします。それは、会社の将来も関係することでありとても重要な事です。 自分の仕事がかりに会社において重要でないと感じる内容でも、会社側からした時全ての仕事や人が重要なことであります。面接において志望動機を言うあなたに対してどのような事を確認するかを事前に決めていて、実際に面接の時にその内容を聞いてきます。 志望動機とは、提出する書類に記載する事項で非常に重要なものです。出来れば、面接の前に面接カードに記載した内容から想定される質問などを自分なりに考え回答などを決めておくことです。

面接時の志望動機

面接時の志望動機
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

面接時は履歴書などに記載した内容の志望動機を発言することです。変わった質問の仕方をしてくる会社もいますが、それは履歴書に記載した志望動機を言えば良いです。会社によっては、変わった聞き方をしてあなたがどのように対応するか見てくる企業もあります。あまり焦らず、いつも通りのあなたの言葉で発言すれば問題ないです。 また、面接がすすむにつれて面接官の考えなどが分かってくることがあります。そんな時は自分の志望動機に追加してその会社用の志望動機にすることが出来れば柔軟性があって良い評価になります。 それは、志望動機を変えたのではなくて自然な話しの流れでそうなったので問題ないです。

効果的な志望動機の言い方

一番はじめに言いたい事を言ってしまいましょう。志望動機を発言する時は、忘れないうちに早めに言うようにしましょう。また、強調して言いたい事は少し大きめの声で話すと効果的です。普段話していても同じですが、要点は強調した方が良いです。面接でも色々な話しに展開する中で、どこがポイントなのかをはっきりする為に声を少し大きくして話します。 また、志望動機などの話しの中で言い忘れたような事がある場合、思い出したらなるべく言うようにしましょう。面接とは、自分が全部だしきったと感じればそれがベストです。 緊張が続く面接だからこそ、何度か失敗しても慣れてきます。はじめのうちは志望動機を上手に話せなくても徐々に自分らしい発言の仕方を身に付けることで上達します。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

未経験者がCADオペレーターに就職する際の志望動機例文

未経験者がCADオペレーターに就職する際の志望動機例文
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

未経験の場合は、CADオペレーターと自分の接点を考える必要があります。どのような経緯でCADオペレーターに興味があるにしても過去にCADオペレーターの勉強をしていたり、様々な経験をしている人が結構います。 ただ勉強していただけと考えがちですが、それは、採用担当者からしたら貴重な情報です。自分で勉強した内容を言って、どうしてもCADオペレーターの仕事をしたいと志望動機に書けば、十分に成り立つ文章になります。 具体的な志望動機としては、以前から大変CADオペレーターに興味があり、自分でも勉強してきてどうしてもCADオペレーターの仕事を御社でしたいと思い志望しましたなどがあります。つまらないような内容かもしれませんが、この人が何をしたいのかを明確にする必要があるのでこの様な具体例で問題ないでしょう。 また、まだ余裕がある場合は、志望動機にどのようなCADオペレーターになりたいかと言った目標的な事も追加すると更に良い評価になります。

未経験でも採用されるケースとは

実務経験が無くても学校などでCADを勉強していると採用される可能性はかなりあります。最近では、雇用体系が様々あるので色々な機会があると考えて良いです。派遣などの仕事では、積極的にCADオペレーターを採用しているところもあります。面接もそれほどきつい面接ではないでしょう。はじめはこの様な仕事から勤務してみて、経験を積んでからより待遇の良い仕事を目指してみることです。 さらにCADオペレーターは、ストレスがかかり、かなりきつい仕事でもあります。ですので、未経験で面接などをうける際は、CADオペレーターへの熱意を相手に伝えることが大切です。採用側からした場合、せっかく採用したのにすぐに辞められては困ります。どのような会社でも辞めることを前提に採用している企業はほとんど無いでしょう。また、こまかい作業が得意であると言うのも効果的です。未経験でもCADオペレーターとしての資質があるかどうかが重要です。 やはりCADオペレーターは、パソコンで図面を作成する以上はとてもこまかな作業となります。未経験であれば、それだけ自分のCADオペレーターに対する資質を分析して、PR出来るところはするようにしましょう。

CADオペレーターになりましょう

このように、CADオペレーターは未経験の方でも志望動機の書き方次第で可能性は無限大にあります。ですので、ちゃんと志望動機が書けるように、下準備を怠らない様にしましょう。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング