IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「通関士」への転職方法・求められる能力・面接内容と志望動機例

職種研究

貿易を支える仕事、通関士。名前すらも知らない人がほとんどだと思いますが、日本の経済を支えている人たちであり、輸出入手続を行なうプロフェッショナルです。今回はそんな通関士に転職する方法、通関士に強い転職サイトの紹介などをさせていただきます。

更新日時:

通関士ってどんな仕事?

通関士は、輸出入者に代わり国際物流の正しい手続きをする人のことをいいます。わかりやすく言えば「貿易を支えるお仕事」をする人です。 日本の経済活動は、石油、鉄鋼、木材などの資源はもとより、肉や魚介類、果物など、その多くを輸入品によってまかなっています。一方で輸出。輸入した原材料等を加工して製品に仕上げ海外各国へ。日本はさまざまな分野で、貿易に多くを依存しています。 こうしてモノが日本の国境線を越える輸出入の現場では、「輸出入に問題のない貨物かどうか」、「関税・消費税などを徴収すべきかどうか」などの判断が必要になります。それを管轄しているのが「税関」。通関士(通関業者)はこの税関に代わり、輸出入時のさまざまな手続きを行い、安全で正しいな貿易活動を支えています。 通関士の主な業務は、通関書類の審査と審査後の記名捺印です。現在では通関士と税関のやりとりはNACCS(ナックス)と呼ばれる通関情報処理機構で管理されています。そのため書類の作成や審査もほぼすべてはパソコン上での仕事になります。 そのほかにも、税関に対して申告の説明を行うこと、また税関検査の立ち会いなども通関士の仕事です。そして時には、麻薬や銃など違法な物品の輸入を水際で防ぐことにも、通関士は一役買っていたりします。

通関士になるには

通関士になるためには、国家試験である通関士試験に合格し、通関士の資格を得る必要があります。受験資格に年齢や学歴などの制限はとくにありません。試験に合格したのち、通関業者に就職し、通関士として登録されると通関士として働くことができるようになります。

資格があるからと通関士になれるわけではない?

ただ、ここで知っておいて欲しいのは、通関士は行政書士や税理士と違い、独立で開業する事ができない(非常に難しい)職種だということです。 というのも、「通関士」が輸出入者の通関手続きを代行できるのは通常、通関業者と呼ばれる会社に所属(勤務)する必要があるです。さらに、その通関業者が税関へ「通関士」として登録申請し、税関長の承認を得られないと「通関士」の仕事(第三者の通関手続き代行)はできないのです。 そのため、「通関士」試験に合格した人が、実際に「通関士」として仕事をしているというわけではないし、むしろ有資格者に比べて「通関士」として仕事をしている人は少ないとも言えるでしょう。だからといって、「通関士」の資格が通関に精通していることを証明するものであることに変わりなく、商社によっては社員に資格取得を促すところもあるようですし、また資格手当を設けている会社もあると聞きます。

通関士への転職方法

通関士は中途入社も可能です。ただ、経験がないと採用はしてもらえても、すぐに通関士として仕事をすることは難しいことが多いようです。そのため、転職してきた新入社員がすぐに通関士として活躍するのは珍しいケースです。 まずは、通関従業者(通関士資格は持っていないが、通関書類の作成に携わる人)として経験を積み、そこから通関士デビューになります。審査にも知識と経験が必要なため、まずは書類作成から学んでいきます。 しかし、中途入社の場合、新社会人と比べてのメリットもあります。税関対応やお客さま対応にしても、社会経験は大きな強みです。

転職に必要なのは経験と知識

通関士の転職に必要なのは、何よりも幅広い知識とさまざまな経験です。輸出入が誰でも簡単にできる時代になり、輸出入される商品も以前より多種多様になっています。そのため、いろいろな商品の通関をした経験は重宝されます。 貨物を運送する船会社やフォワーダー(貨物利用運送事業者)からの転職も、通関に関連する別の知識を持っている点が評価されやすく。貿易関連の知識をオールマイティに持っていることは有利に働くのです。 また、通関だけでなく、貿易全般における知識と、経験をもっていることが転職には必要です。

未経験で通関士への転職は可能か?

結論からいって、業界未経験でも転職は可能です、しかし前述したように、通関士として働くには通関士としての資格は必須で、試験では通関業法・関税に関する知識・書類の作成、実務が出題されます。すべてマークシート式の出題となっており、全てかなり実務に即した内容で、その合格率は10%前後、合格基準は6〜7割程度、と厳しいものになっています。 さらに通関士としての資格を取得した後「通関業者」へ就職し、通関課に配属される必要があり、通関課に配属されてからも講習、実務、と学ぶべきことが山ほどあり、その果てにようやく通関士としてのデビューができるのです。なので、その業界に全く触れていない状態から通関士になるには、長く、困難な道のりが待っているでしょう。

通関業者には資格はいらない?

上記の方法ではかなり長い道のりに見える通関士への道のりですが、実は近道があります。少しだけ順序を変えるのです。通関業者へ転職し、経験を積んだ後に通関士としての試験を受け、そして通関課に、といった感じです。 この順序にすることで、通関士への道はぐっと楽になります。なぜなら通関士の資格の為の試験のかなり実務的で、通関業務をしていれば自然と覚えていくものだからです。 さらに、一定年数(一般的には5年ほど)、通関事務を経験すれば、試験科目の一部免除を受けることもできますので、ほとんどの人は先に通関業者に就職してから通関士を目指します。 もちろん、この方法も決して簡単ではありませんが、本気で通関士を目指すのであれば、避けては通れない道です。

通関士転職に強いサイト・エージェント

その仕事の難しさからか、求人そのものが少ない通関士、出てきた求人は素早くキャッチしたいですね。そんな方々の味方、転職サイト・エージェントのご紹介です。

通関士転職の面接で聞かれること

通関士という独自の観点で聞かれる質問として、「情報収集はどのようにしますか?」というものがあります。貿易に関する法律が変わると、通関士の審査も変える必要があるので、通関士にとって情報収集は大切です。 たとえば、昨年までは特恵関税制度を利用して0%の貨物があったとしましょう。今年から、特恵関税制度は使えない貨物と決定されると、新たに定められた関税率を適用します。そのため、新聞やインターネットなどでの情報収集はすることは欠かせないのです。

英語能力について

「英語は得意ですか?」という質問もよくあります。通関士が審査する書類は、基本的に英語です。書類には、インボイス(請求書)、パッキングリスト(梱包明細)、B/L(船荷証券)、ARRIVAL NOTICE(貨物到着案内)などがあります。また、NACCSというシステムを利用して、税関に行う申告も英語で入力します。 ただし、企業名や商品名、地名といった固有名詞と、専門用語がほとんどであり、使われる単語もある程度決まっているため、英語が流暢に話せる必要はありません。しかし、自身の英語力を証明するためにTOEICの取得をしている方も少なからずいるようです。

通関士以外の仕事でも問題ありませんか?

そう聞かれることもあります。通関士を目指す人にとって、少しつらい質問かもしれません。しかし、通関士として仕事をするには、資格はもちろんですが、経験も必要です。そこで、経験を積んでから、税関に通関士の登録を行い、業務につかせるという通関業務会社も少なくありません。 しかし、すぐに通関士として活躍はできなくても、経験を積むことでレベル高い通関士になることができます。まずはほかの業務であっても積極的に取り組むようにすることが大切なのです。

通関士の志望動機例文

7年以上の英語を使用した輸出入実務経験を活かし、輸出入側それぞれの状況を理解し、きめ細かいサービスを提供できると思い、応募させて頂きました。今までの実務経験に加え、こちらで日本と香港間というより大きな視点に立ち、貿易について更に勉強させていただき、スキルアップできればと考えております。 農林水産物・食品分野での職務経験はありませんが、日々買物へ行く中で、多くの人達が品物の原産地をしっかりと確認して購入する姿を目の当たりにし、今後益々需要が高まるであろう安全な日本産品の香港での拡大販売に貢献できればと思います。 大学時代より貿易の勉強をしており、就職活動の際も勿論貴機構を受験致しました。以前の夢を、ここ香港で叶える事ができれば幸いです。香港での就労可能なDEPENDANT VISAを保有しております。

仕事の多様化

通関士は何も通関業者にだけ必要なわけではありません。輸出入をする企業では、アドバイスをしてくれる存在として重宝される人材です。また、大手企業だと、企業自身で税関への輸出入申告をする会社もあります。その場合、通関士を雇う必要があるので、需要はあるといえます。 輸出入をする企業が増えるにつれて、将来的には仕事をする場所の多様化がより進むことが予想されます。仕事の多様化が生まれれば、その分通関士の需要が高まるでしょう。 これからさらに必要になり、将来性のある通関士に転職しましょう。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング