IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

今すぐ始めるPerl入門!スライドと動画で学ぶPerl資料まとめ

入門

今すぐ始めるPerl入門!スライドと動画で学ぶPerl資料まとめ

更新日時:

目次

    perl入門

    1987年にLarrywall氏により開発され登場した「Perl」。テキスト処理とファイル処理機能に優れたインタプリタ型言語として、広く世界に広がりました。

    今回は、そんなPerlの学習の手助けとして、入門編、応用編、実践編に分けて順番に学習出来るようにしました。スライドと動画サイトの紹介を中心に入門編と応用編では、Perlの概要と基本操作などを紹介し、実践編では実際に手を動かしてプロダクトを作れることを目標に入門教材をまとめています。

    TechStarsバナー

    Perl入門資料まとめ

    入門編:まずは勉強法やPerlの特徴を知ろう

    入門編では、Perlのおおまかな概要を学習する為のスライドを紹介します。

    1:「僕が最初にPerlを学んだ方法」

    こちらのスライドでは、Perl初心者の為の勉強方法や心構え、書籍の紹介が中心の構成になっていますので、学習を始める前に目を通してみて下さい。

    2:「モダンなPerlプログラミング」

    Perlの簡単な概要、歴史、Perl5の言語としての特徴が紹介されています。Perl5の概要まで理解できるスライドです。

    応用編:PerlとCGIの概要と基本文法を学ぼう

    1:「Perl/CGI入門」

    応用編では、Perlに関する踏み込んだ内容の資料になっています。こちらのスライダーでは、Perlの文法の記述方法やCGIの仕組み、制作環境などを紹介しています。ページ数も多いですが、大体の概要をつかみましょう。

    2:「Perlの勘所をマスターしよう!コンテキストとリファレンスを我が物に!」

    こちらのスライダーでは、「プログラミングPerl」、「初めてのPerl」の訳者が、プログラム経験者が学習でつまづくPerlのコンテキストの概念とリファレンスについて概要と詳細を解説しています。

    実践編:実際にPerlをプログラミングしてみよう。

    実践編では、実際にプログラミングを打ち込んでプロダクトを作成してみましょう。

    1: Perl開発環境構築

    image001

    サイトリンク:「Perl入門-PerlPlus

    こちらのサイトでPerlを動かす準備をしましよう。こちらでは、Windows環境でPerlを動かすのに必要なActivePerlのインストール方法や設定、プログラムの記述や保存方法が記載されているので、まずはインストールしてみてから、Perlの概要をもう一通り学習してみましょう。

    2:動画で実際にPerlを動かしてみよう。

    image003

    サイトリンク:「Perl入門(全19回)

    一通りの基本が理解出来た所で、実際にドットインストールの講座を利用してプログラミングしてみましょう。

    3:Perl基本文法とCGIの概要を学習してプロダクトを作ろう。

    image005

    サイトリンク:「ミスティネット•Perl•CGI講座

    仕上げとして、こちらのサイトのチュートリアルを学習してCGIの理解を深め、簡単なじゃんけんゲームを作ってみましょう。

    終わりに

    いかがだったでしょうか?Perlは、現在でもバージョン5.221までリリースされ、WebページのCGIプログラムとして使用されている言語です。学習コストはかかるかもしれませんが、実際にプロダクトを作る事を目標に是非挑戦してみて下さい。

    関連タグ

    アクセスランキング