IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

広告代理店への志望動機の書き方と例文・質問への対応方法

書類選考・ES

花形職業の1つである広告代理店ですがここでは広告代理店の志望動機の書き方(新卒・中途)、広告代理店の志望動機例文(事務・営業・営業事務・企画営業・デザイン・経理)、広告代理店の志望動機で見られるポイントなどについてお話をさせていただきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

広告代理店の志望動機の書き方(新卒中/途)

広告代理店の業界の業務

従来の広告代理店の業界では、テレビやラジオといったメディア、新聞や雑誌といった紙媒体のメディアへの広告提供されるサービスをメインに扱ってきました。カスタマーの代理人として広告枠を購入、広告を打つ主要な業務ですので、広告代理店といわれています。 以降、メディア側広告枠を買い取り、広告を出す会社を紹介するという、逆方向の提供されるサービスも広告代理店の業務の中に入ってきます。カスタマーとメディアとを双方向でつなぐ業務です。インターネット広告普及と平行して、どのフィールドでどういった広告が必要か提案する、総合的マーケティング戦略を提供しています。グローバル展開をしている会社に対しては、世界においてどの地域のどういった展開が効果的かを、マーケティングリサーチを並行して、提案するコンサルティング・提供されるサービスも行っています。 広告代理店の業界で、どのような業務があるのでしょうか。一番大きな業務は、セールス職です。カスタマーにとって効果的な広告を提案し、社会に提案することができる広告セールスの業務は、とても有意義な業務ではないでしょうか。 広告がなければ、消費者はその提供されるサービスを知ることができません。どれ程良いものを製造会社が作ったとしても、出来なければ売れません。その売り物や提供されるサービスにとって最善の媒体、形態、内容を提案するために、常にアンテナを広げる必要があります。活動が好きな場合は、広告代理店の業界はお薦め業界です。広告枠を売るだけでなく、広告の企画、制作をしている会社であれば、クリエイターとしての業務もあります。 広告は、売り物だけでなく、提供されるサービスや会社、ケースによっては国をマーケティングすることもあります。2020年の国時的なスポーツ大会の誘致活動を主導したのも、広告代理店でした。メディアを含め、多くの業界に影響力のある業界です。

プランニング

マーケティング分析に基づいて、広告のプランニングをする人間です。自身なりの仮説を立て、マーケティング能力が必要です。

クリエイティブ

クリエイティブは、コピー系、デザイン系の二つになります。コピーは、消費者の購買意欲を高めるキャッチーなフレーズを製作者です。コンセプトの構築から、ことばの選ぶ方法や深い洞察力が重要です。デザインは、広告のビジュアル担当です。売り物のポイントを咀嚼して、インフォメーションとして伝達する、立体的に捉える能力が必要です。

セールス

業務を取ってくる、完成した広告を売る人間です。何より得難いなのは、人間関係構築能力です。

広告代理店が欲しい人材

遂行力のある人

広告とは、クライアントのお金で作成するものです。社内リソースのみならず、クライアントのお金、時間で業務をしていることを肝に銘じて、完成できる遂行力のある人が求められます。

物を売る大変さを理解している人

クライアントは、開発してきた売り物を売るため広告を打ちます。物を売ることの難しさをわかっている人は、カスタマー目線に立ち、クライアント有用な提案ができます。学生時代に、バイトではなく、お金を稼いだ経験のある物を売る大変さを理解している人は重視されます。

コミュニケーションが好きな人

広告は一種のコミュニケーションです。売り物の売り上げやクリック数に顕著に最終的な状態が出ます。対人はもちろんですが、状況想定し広告にはコミュニケーション能力が重要でコミュニケーションが好きな人は重宝されます。

広告代理店の業界における志望動機、履歴書のポイント

志望動機、履歴書なんて学歴や経歴を判断するためだけのもの、と考える方もいるかもしれませんが、リクルート側としては志望動機、履歴書にどれ程の熱意がこもっているのか、こういったことが判断材料になります。学歴、経歴があるだけでは、志望動機、履歴書の書類審査だけで落とされてしまうなる確立が高くななっていきます。 広告代理店の業界の倍率は、有名会社は200倍以上、1000倍といわれています。ですから、いかにして印象にのこる志望動機、履歴書を書くのが大切です、志望動機、書類審査で重要なポイントです。

志望動機の書き方

人と接するのが好きや興味があるというありきたりなもの志望動機では、リクルート担当者の目に留まりません。会社のポイントなどをしっかりと学び、自身がやりたいこととどうマッチングするのかを志望動機に具体的に書くようにしましょう。さらに、自身の学歴や経歴に触れて、なぜ広告代理店の業界なのか、希望会社の必要性を具体的に志望動機に書いてください。

志望動機に入れる内容

志望動機に入れるべき内容のポイントとして、3つのことがあります。 1つ目のポイントは、会社でやりたいことを主軸ということです。会社は、何をしたくて会社に何を希望しているかに興味があります。まずは自身の意見をしっかりと持ち、どういうことに興味があるのかというところを志望動機で明らかにしましょう。 2つ目のポイントは、なぜ広告代理店の業界なのかです。広告代理店の業界でやりたいことは異なります。そこで、どうして自身のやりたいことは広告代理店の業界でないと成し遂げられないのか、ということを志望動機にもりこみましょう。 3つ目のポイントは、広告代理店の業界の多くの会社の中で、どうしてその会社でないとダメなのかということです。広告代理店の業界といっても、会社によって力を入れているフィールドや、できることとできないことがあります。会社の強みに触れつつ、その強みが自身にとってどういう風に魅力的なのかを志望動機で明らかにしましょう。 広告代理店の業界というのは、転職求人倍率の高い人気業界です。倍率はたかいですが、リクルートされている人がいないわけではありません。会社のポイントをよく勉強し、志望動機、履歴書でいかにそこに対する熱意を伝えることができるのかが得難いです。

広告代理店の志望動機例文

広告代理店の志望動機例文:総合職

売れない売り物はどんなに優れた広告を打っても売れないと聞いたことがあります。一方、優れた売り物であっても、売れないことがあると思います。なぜ売れないのか、市場調査と分析を徹底的追及で原因を究明が可能であれば、売り物を改良して、優れた販促企画と広告戦略できっと売れると思うのですが。現実は難しいようです。 広告代理店の業界の不確実性を見過ごしたくはありません。広告や販売促進で役に立つのは、結局、マンパワーです。優れた才能、見識を持ったスタッフが集まって、チームワークの良い業務ができれば、不可能も可能になります。 わたしは、自身を磨くことをつねにいとわず、業務のパートナーを得難いにして人間の輪を広げていきたいと思います。人材育成・人材尊重を掲げる貴社への入社を切に希望しています。

広告会社の志望動機例文:専門職

最近、優れた企業広告が少なくなったと、ゼミの先生や先輩方の嘆く声を耳にします。自動車メーカーの□□□などは、CMでも印刷媒体でも優れた企業広告が光っていたことを学生の私でも知っていますが、最近は確かに目立たなくなってしまいました。 企業広告は販売に直結する広告ではありませんので、失われた20年と言われる不景気の間に、制作されなくなったのかも知れません。しかし、□□□の作品などに憧れて広告アートを学んできた私にとっては、大切な目標が半分消滅したような寂しさを感じます。表現の感性が光っていた広告アートの世界を復活させる挑戦のために、私は、その分野で優れた実績を残してこられた貴社のデザイン部門を志望いたしました。

広告代理店の志望動機例文:専門職

最近、優れた会社広告が少なくなったと、ゼミの先生や先輩方の悲嘆にくれた声を聴きます。自動車製造会社の○○などは、目立ないようです。会社広告は販売に直結する広告ではありませんので、失われた20年、不景気の間に、制作されなくなりました。 広告アートを学んできたわたしにとっては、得難いな目標が半分消滅したような寂しさを感じます。表現の感性が光っていた広告アートの世界を復活に挑戦するために、わたしは、そのフィールドで優れた実施の経験を残してこられた貴社のデザイン部門を希望いたしました。

広告代理店の志望動機例文:セールス

わたしは以前より、会社の雇用を促進する転職求人媒体のセールス職に関わりたいと思っていました。それはわたし自身が就職活動をする時に、様々な転職求人広告をみてインフォメーションを収集していました。その時この広告がなければ、求職者も会社も出会うことができない。と思ったのです。会社と求職者が理想的な形で出会うには、転職求人広告の力が大きな役割を果たすと考えています。御社では多くの媒体広告を取り扱っており、会社に対し様々な提供されるサービスを提案できると思いました。

広告代理店の志望動機例文:セールス(経験者)

わたしが御社を選んだ理由は、多種多様な転職求人媒体を扱っている、総合広告代理店であるからです。お客様の要求にこたえるためにも、様々な提案ができる御社の提供されるサービスは大変強みであると思います。以前から新規飛込み、フォローセールスなどは抵抗なく経験してまいりました。今後は御社の提供されるサービスを一人でも多くの会社に案内し、いち早く成果をだせるよう頑張りたいと思います。

広告代理店の志望動機例文:マーケティング

食品会社にて6年間のセールス販売経験がございます。セールス販売のプロフェッショナルとして最も重視すべきは、お客様の要求をしっかりと理解することだと学びました。お客様の要求をしっかりと理解するためには、マーケティング調査の上で数値化データをもとに分析が必要です。 具体的調査方法は、既存カスタマーの過去の購入履歴をデータ化して、年齢層別、性別ごとに分類、同年代の一般的な要求を分析したりなどです。マーケティング調査を行い、具体的データが売上目標を達成する1番の近道と学びました。データ重視のマーケティング調査スキル、経験を活かし、貴社の業務に貢献、売上目標を達成したいと思います。何卒、よろしくお願い致します。

広告代理店の志望動機例文:マーケティング

積極的にマーケティングのセミナーや研修、勉強会に参加することで、マーケティング知識を身に付けることができました。前職のセールス職では、マーケティング知識を活かして、売上目標を大幅に達成できました。売上トップになり、セールス部長より優秀賞をいただくことができました。マーケティング知識を持っていても、業務に活かすことができなければ意味がないと学びました。 今後も、マーケティングの専門的な知識に磨きをかけて最終的な状態を出していきたいと思っております。マーケティングセールス部門でなら、専門的マーケティング知識、経験を習得できると考え、転職求人に応募させていただきました。どうぞ、よろしくお願い致します。

広告代理店の志望動機例文:マーケティング

わたしの強みは、なんにでも探究心を持ち、徹底的なマーケティングをすることができるという点です。独学でマーケティングを学び、実務で有効活用できました。マーケティング実務で何度も活かし、成果をあげてきたことで、マーケティングスキル向上ができました。専門的マーケティングスキル習得のため、マーケティング職を志望させていただきました。セールス経験は短いですが、短期間で戦力となれるよう精進しますので、よろしくお願いします。

広告代理店の志望動機例文:デザイナー

エディトリアルや広告媒体等のグラフィックワークはもちろんの事、Webデザイン企画制作(Dreamweaver上で制作コーディング)、FLASHアニメーション、Premiereなどを使用した動画制作と、多くのフィールドで経験を積みました。当方のポートフォリオを見ていただき、一度面接の機会をいただけますようお願いいたします。

広告代理店の志望動機例文:デザイナー

わたしは最近まで新聞社で制作アシスタントをしており、企画を考えたり、記事の現場で働いているうちに何かを制作できるようになりたい、Web業務に復帰したいと考えて希望させていただきました。

広告代理店の志望動機例文:デザイナー

前職ではDTPの一連の作業の流れを掴む事ができ、画像処理に関しては、一番になりました。将来性を考えネット・オンラインショップ等、ネット媒体関係業務をしたい事と、転職求人広告、ホームページを拝見し、今までの業務経験を活かして業務が出来ると感じ、応募させて頂きました。

広告代理店の志望動機例文:デザイナー

職業訓練として、WEBデザイン、HTMLを学び、ホームページ制作業務をしたいと考えております。 パソコン処理も好んでおり、デザインに興味がありますので、どうかよろしくお願いします。 身につけた技術を無駄にせず、向上できる職場に就職したいと考えています。 日々の生活の安定もありますが、WEB製作が可能なレベルになることを考えています。

広告代理店の志望動機例文:デザイナー

現在、商業施設・マンションの広告、プレゼンテーション用、デザイン用のCGパースを制作しております。 多くのジャンルデザインを手掛ける貴社で、経験生かしたいと考えて志望しました。

広告代理店の志望動機例文:アートディレクター

前職では、広告代理店を通じた業務がメインで、クライアント側のディレクターと接する機会があまりありませんでした。わたし自身、コミュニケーションから作品を生み出すことは得意とすることですので、クライアントとの直取引が多い御社で働かせていただくことで、作品のクオリティー向上に貢献すると同時に、自らのアートディレクターとしての成長につなげたいと思い希望いたしました。

広告代理店の志望動機で見られるポイント

広告代理店の面接ではどのような内容

面接、志望動機では、広告代理店の業界・広告の興味や思考の深さの程度、発想力の質問が聞かれます。まず広告代理店を希望する一番留意しておきたいのは、広告代理店はアイデアで心、社会を動かす仕事です。 キャッチコピーから読み取り、アイデアで人の心や社会を動かしていくことが広告代理店の業務であり、広告代理店は発想力がある人間が求められます、コミュニケーション能力がある人、流行を抑えている人であることが重要です。面接で発想力を有しているか、コミュニケーション能力があるか、流行を理解しているかが就活生のポイントで志望動機でアピールする必要があります。

質問の志望動機具体例と対応する方法

では以上を踏まえた上で質問の志望動機など具体例と対応する方法を見ていきましょう。4つの型で紹介します。それぞれに対して回答ポイント、対応する方法を紹介しているため、面接参考にして下さい。

なぜこの会社を志望したか

広告代理店を含めて、全ての会社面接ででる質問があります。それはなぜうちの会社を希望したのですか。という志望動機の質問です。

○志望動機への回答ポイント ポイント1:なぜ他の会社ではなくその会社を希望したのか志望動機を具体的に答える ポイント2:自身の発想力やコミュニケーション力を裏付けるような経験を具体的に志望動機で話す まずポイント1についてですが、希望した会社のどのようなところを良いと思ったのかを、具体的エピソードを志望動機に交えつつ回答してください。広告代理店の面接は、なぜ電通ではなくうちなのかという質問が多く出されます。その時にしっかりとした理由をもって答えられるようあらかじめ志望動機を準備しておくと良いでしょう。 広告代理店の業界を希望する人は、自己分析、業界分析を経て発想力、コミュニケーション能力に自信がある場合が多くを占めます。その中で他の希望者との差別化を図るために、具体的な経験を通して、発想力・コミュニケーション能力をアピールすることが大切です。過去の話から、発想力、コミュニケーション能力を生かし会社に貢献していくことを志望動機、面接の中で触れることが大切です。志望動機に一貫性を持たせると説得力が大きくなります。

○対応する方法 志望動機、自己分析や業界分析をしておきましょう。OB訪問をして、なぜこの会社が良いかという質問に対する理由を志望動機にまとめていくのが大切です。

○NG例 ×人と話すことが好きだからです。 (どの会社でも使える答えはNG)

最近気になった・好きなCMは?

当然ながら広告代理店の面接なので、広告の質問も志望動機を含めて質問されます。回答ポイントは以下の通りです。

○回答ポイント ポイント1:なぜ他の広告ではなくその広告が気になったのかを志望動機を具体的に答える ポイント2:(案があれば)自身ならその広告の内容をどう宣伝するか志望動機を踏まえて答える どれくらい普段から広告に意識を向けているかを問われている質問です。広告比較してなにがいいのか、他の広告にも触れ、普段から広告を意識していることをアピールしましょう。う。自身ならどういう広告にするか、発想力を志望動機でアピールできれば問題ありません。

○対応する方法 普段から広告に敏感になりましょう。広告をぼんやり見るのでなく、広告はどんな意図で作成されているか・誰をターゲットにしているのか・どこがよいか悪いか・良い広告のためにはどうすればいいか・自身ならどう宣伝するか。などを考察しながら観察することが大事で志望動機でその部分を伝えることが大切です。

○NG例 ×以前から好きだった女優が出演しているので○○社の広告が好きです(漠然としすぎている。なぜその女優を起用か?女優の出演はどんな効果があるか、一段踏み込んで考える。)

広告を考えさせる志望動機、質問

時代を先取りしていると思う人物を挙げ、どの会社の広告に起用したいのか回答です。自身にキャッチコピーを付けるとしたらどのようなものになりますか。その場で広告を考えなければならない、という非常に難しさを表す度合いの高い質問です。質問をされた時に、冷静に対応するには何が必要でしょうか。

○回答ポイント ポイント1:斬新な回答、志望動機 ポイント2:イメージに残る回答、志望動機 発想力に関係している問いです。しかし、面接で斬新で、説得力、アイデアに富む回答は難しいものです。普通のアイデアしか思い浮かばない場合、思いついたアイデアを、面接官のイメージに残るよう志望動機をつたえましょう。

○対応する方法 こちらの質問への対応する方法もやはり、広告に興味を持ち、考えることです。目にした広告にはどんな意図・目的があり、広告の作用の理解、自分の広告はどのようなのかを考えましょう。 モノ、トレンドに注意しましょう。

広告代理店の業界の質問、志望動機

広告代理店の業界にどんなイメージを持っていますか。会社の広告費減少に伴って、業界が取り組むべき課題は何だと思いますか。今後の広告代理店の業界はどのように変化していくと思いますか?個別の広告に関してではなく、広告代理店の業界全体質問です。即時回答は難しいので、前もって志望動機にある度合い面接の準備をして臨む必要があります。

○回答ポイント 自身なりの考えをはっきり言い切り、面接官に分かりやすく志望動機を伝える 広告代理店の業界全体質問です。どれ程度広告代理店の業界を把握し、志望動機を考えているかが重要です。業界分析をして自身で考えをまとめ、面接官にはっきりと志望動機を答えましょう。

○対応する方法 業界の現状・動向などをしっかり把握しておきましょう。広告代理店の業界だけでなく、インターネット業界に目を向けると、良い意見を持つ事が可能です。モノ・トレンドにも注意しましょう。

面接の時のNG

具体例とその答え方のポイントを見たところで、広告代理店内定が難しくなるような、面接で質問に答える時のNGをご紹介します。

○質問の回答例を真似する 広告代理店は発想力重視で、ありきたりの回答では印象にのこりません。自身で新しいことを考えることが重要です。面接前にインターネットや本で参考にすることは重要です、解答例パクリはだめです。

○回答が質問の答えになっていない 面接でありがちなのですが、面接官意図を無視して話したいこと、考えをひたすら話すのはワーストチョイスです。広告代理店のイメージは?と聞かれているにも関わらず広告代理店の業界の現状を話してしまう事などです。広告に興味があります、働きたいアピールは大事ですが、質問の答えを簡潔に答えアピールしましょう。この学生はコミュニケーションが下手だと面接官に思われてしまいます。

志望動機をしっかり書いて!

いかがでしたでしょうか。広告代理店の志望動機の書き方について、例文を参考に見てきました。志望動機は就職活動において、企業側に重要視される質問であり、切っても切り離せないものです。志望動機、履歴書なんて学歴や経歴を判断するためだけのもの、と考えずしっかりと書くことが大切です。志望動機をよく考え、自己分析することは、就職の近道になるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング